2017年06月27日

フィリピン出張のお騒がせエピソードその2

5月20日
 前回の記事に引き続き、5月のフィリピン出張中に周囲を巻き込んだお騒がせエピソードと、皆様の優しさを書いていきます。
 フィリピン国立盲学校の校長室にて。携帯にプリペード入れて発信できるようになった途端、土曜日にもかかわらず知り合いの大使館職員呼び出す、、、日本円からフィリピンペソへの換金助けてください、と!
これはですね一応私のせいじゃないんです、団体のオフィスにペソがまったく残ってなくて、とりあえずこれでなんとかしてって日本円もたされたんです。しかも成田空港では一人当たり1万ペソまでしか換金できませんとか言われて。
すごくないですか私、携帯発信できない、ネット使えない、おまけにフィリピンペソはガイドの給料など入れると2.3日分しか持ってなかったんです!
自分自身はフィリピンに銀行口座持ってるので(なくした通帳まだ見つかってませんけどね)、換金なんてここ5年くらいしてなくてどこに行けばいいか分からないですし。
さらにフィリピンのお札って触って見分けがつかないので、換金の時に騙されてないかとか、どれが何札かの振り分けとか、全額見せても大丈夫なくらい信用できる誰かに、見てもらわなきゃいけないんです。

ちょっと先のミーティングで予期せぬ事件が起きてピンチだったこともあり、日本語通じる貴重な機会にこれでもかってほどしゃべります、おかげさまで頭の中まとまって落ち着きました。
そのまま、ネットで見つけてたホテルまで送ってくださり、部屋の確保や値段交渉(外国人だけど障害者割引が効くかどうか)まで手伝っていただき、、、。
この日、日本大使館は日本人難民を一人、物理的にも精神的にも保護したのでした!
posted by Yukari at 17:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: