2017年02月01日

安倍昭恵総理夫人がフィリピン国立盲学校を訪問してくださいました(その4)

1月12日:

 幸いなことに私の5分スピーチを録音できたメディアさんが1社もいないようで、今のところ動画が出回って無くて救われてます(教室が狭すぎて中まで入れたメディアさんがほとんどいなかったそうです)。
総理夫人は日本語で「クラウドファンディングはいつまでですか?」と聞いてくださり、ぜひ応援したいとおっしゃっていました。
 大使館のほうから、総理夫人に団体のニュースレター(フィリピン障害者支援事業のことが詳しく書かれています)や私の本を夫人にお渡ししていいという許可を事前に得ていたので、差し上げるためにスピーチの時すでに膝の上に持っていたのですが、
英語スピーチが終わったことに安心しすぎて思わず次の動きを忘れそうになり、後ろからフィリピン人スタッフに「ニュースレターは?」と言われるまで忘れていて、自分がいかにいっぱいいっぱいかを実感しました。

 この後教室を出たところの写真が、世の中にはよく掲載されているようです。CNNニュースなどにも載っている映像ですが、私の左側に総理夫人がいらっしゃるそうですね。
なんでこんな書き方をするかと言いますと、実は写真で見ると確かに私たちは隣に並んでいるのですが、この時私自身は夫人が隣にいらしたことを知らないのです。
教室を出たところでしばらくみなが立ち止まっていて、この時沢山のカメラに写真撮られたことは分かっています。でもこの時廊下は生徒たちと国家警察の方々とメディアさんとなど沢山の人手溢れかえっていて、総理夫人が誰かと会話しているわけでもないですから、もう私には夫人がどこにいらっしゃるのか人ごみで分からなくなっていたんです。

 さて、残り時間5分。予定ではこの後私たちは外で生徒たちを含めて写真撮影だけをし、婦人をお見送りするはずでした。
 突然、生徒たちの中から歓声が上がります。何事?と思って手引きしてくれてたフィリピン人スタッフを振り返ったら、「昭恵夫人が、生徒たち一人ひとりと握手してくださってる…、プログラムには含まれてないけどね」と。
 この日、私はこれが1番嬉しかったんです。上述したように、沢山の人ごみの中で、私でさえ総理夫人が今どこにいらっしゃるのか分からなくなっていたので、通訳を介していたこともありとくに、生徒たちは歓迎しながらもどの方が総理夫人なのか、握手していただくまで分かっていなかったと思います。
さらに、婦人と直接会話ができたのは授業見学の対象となった11年生だけであり、歓迎とお見送りのために日本とフィリピンの国旗を持ってただずっと外で待っていたその他大勢の生徒たちがいます。
その、外で待ってた生徒たちの列の中に、握手しに入ってくださったのです。実はこれが5分近く続き、この日1番長かったプログラムだったかも知れません、その優しさに感動でした。
posted by Yukari at 07:20| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
はじめてコメントさせていただきます。
友人から石田さんのことを聞き、はじめてblogを拝見しました。
文章がとても軽快で読みやすく、過去の記事に遡って読み進めてしまいました。
今回のフィリピンでのお仕事はとても実りあるもので、本当に素晴らしいと思いました。
首相婦人の細やかな心配りも素敵ですね。
たくさんの人も思いやりがプロジェクトを成功へと導いていくのだと思います。
クラウドファンディングの目標金額達成も人と人の繋がりで得られた結果なのですね。
私も微力ながら応援できればと思いました。
これからも石田さんの人を引き込む力で、素敵なご縁を作り上げてください。
Posted by K.Fujikura at 2017年02月05日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: