2016年12月21日

よろしければぜひご覧ください、シェア大歓迎!

12月21日:

 12月はとにかく講演会回りでした。12月5日が拓殖大学、7日が日本福祉大学、11日から14日は関西のほうで、11日が三宮駅近くにて社会人向けの講演会、13日と14日はそれぞれ高校を訪問しました。
さらに12日は神戸にあるマイチケットさんという旅行会社のスタジオにて、フィリピン障害者支援事業と、FTCJが行っているフィリピン・インドへのスタディーツアーの紹介動画の撮影、
17日はクラウドファンディング会社であるReadyForさん主催のトークイベントで、それをJコムさんがネット中継…など、私はここ2週間くらいで、持ち時間は違うものの同じような話しを7回以上しました!!

 私の中学時代や高校時代を知ってる先生方が見たらびっくりしますよ!今はもう誰も信じてくれないかも知れませんが、昔とにかく人前で話したり、知らない人と話したり、視線を浴びるのが苦手だった私。
その典型が、職員室に行けなかったのです。あそこのドア開けると、一斉に先生方がこっち見るじゃないですか、「誰か探してる?」とか話しかけられるのが嫌で。しかも私が職員室に現れるのレアだから、より一層視線を浴びる。
 高校時代、これに気づいた私の恩師が、1対1の授業の時わざわざ毎回先生を職員室に呼びに来させるようにしたり、提出物は職員室の自分のところに持ってくるよう言ったり。
予備校行くためにはテキストを早めにもらう交渉しなきゃいけなかったり、点訳ボランティアさんにお願いやお礼の電話しなきゃいけなかったり、大学見学行くにも電話しなきゃいけなくて…、少しずつ知らない大人の人と話すことに免疫がつき。
またICUは、受験前の事前打ち合わせでは13人の大人が私を取り囲み、さらに入学前のミーティングでは20人に囲まれ。その後もICUで人前で話さなきゃいけない機会があまりに多く、そこでずいぶん強くなりました。
いや、強くなり過ぎた、プレゼンなんてその場でなんとかなるだろう…みたいな、まったくかわいげのない変な度胸がついちゃったじゃないですか。いいですか?職員室にさえ行けなかったかわいい時代もあったんですよこれでも。和歌山盲の先生に聞いてみてください、本当だから。

 そして、プレゼンなど得意だったはずの私…、それが社会人になり、謝礼などが発生するようになり、だんだん失敗が許されないかしこまった場に呼ばれるようになり…、慣れてたはずのプレゼン、最近怖くなってきたのです。
今まで本番で大きな失敗をしたことはないです、だからこそ、いつかそういう調子に乗った日々は終わるんじゃないか、そしてある一定以上の講演を求められてる気がして…、自意識過剰かも知れないですが。
最近また、講演しなきゃいけないとなると当日お腹痛くなったり調子悪くなったりします、その1例がサフラン賞の授賞式当日の体調不良ですね。
 今また、人前で話すのはけっして得意じゃない、でも容赦なく予定は入ります、お仕事です。さらに講演によってクラウドファンディングの達成率を伸ばせるか、支援者獲得できるかっていうプレッシャー付き。

相手がいるならまだいいのですが、私がもっと苦手なのが動画撮影です、カメラだけで誰に対してしゃべってるのか分からないとどうも調子が出ない、どうしても不自然になります。
クラウドファンディングのトップページに載ってる動画の緊張感が、その代表ですね。あんなもの載せなくていいよぉ。
自分の時間、芸能人が一人でしゃべってる動画やラジオなどで、研究してたりします、どういう動画を人は見たいと思うのか、何に気を付けるべきなのかなど。
その成果が、多少は活かされたかも知れないのが以下のユーチューブ動画です。クラウドファンディングのトップページに載ってる動画と比べたら、ずいぶん私が成長してませんか?
これでもまだ、面白いトークとか見続けたい動画にほど遠いことは認識してます。もっと改善できるよう、頑張ります。
 一人でも多くの方にフィリピンの視覚障害者たちの現状を知ってもらえるよう、そして全盲で途上国も行き来してるNGO職員がいるんだってことを広め、将来の障害者が国際協力の職に就く道を広げられるよう、ぜひシェアをよろしくお願いします。
https://www.youtube.com/watch?v=AC8iJGA7gOg
posted by Yukari at 02:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: