2016年08月30日

自分らしく力発揮できるところ

8月24日:

 先日アップした記事と似ているんですけれど、FTCJの同僚や、クライアントである子どもたちに感謝したエピソードが他にもあるんです。
8月16日から19日にかけて、千葉で行われていたFTCJ主催のテイク・アクション・キャンプという宿泊研修のようなイベントに、一人視覚障害の学生が参加してました。全体の参加者は30人ほどで、小学校6年生から高校3年生です。
 申し込みはしたものの、ご両親は心配らしく、わが子が他の健常者の参加者から意地悪されたり仲間外れにされる可能性はないか、何かに困った時スタッフがどこにいるか分からず探せない場合はどう対応してくれるのかなど、色々問い合わせが来てたんですね。
FTCJのイベントに参加してくれる子どもたちって、社会のために何かしたい、力になりたいって思ってる子たちが多いので、まさか障害者がいじめられたりとかそういうことは絶対起きないだろうと分かってはいるんですけれど、まあご家族の心配も分かります。

 そして迎えた宿泊研修当日。色々心配だったようで、1日目はその視覚障害学生のお母さんがイベントを見学していらしたんですけれど。
FTCJの同僚たちは、わざわざ「この子は目が見えないので、皆さんサポートしてあげてくださいね」などとは言いません。見てれば何となく、参加者の子どもたちは分かってますよね、この子目が見えてないんだなって。
ただし、分かっててもどうしたらいいか分からず最初のころは話しかけてくれないので、最初はスタッフ(とくに大学生インターン)たちが率先してその子の移動の際の手引きや、何かをグループワークで書きこむ際の代筆などをします。
その様子を見てて、なるほどそうすればいいのかと思えば、その内他の参加者の子どもたちが自然とやってくれるようになるからです。

 わが子が参加者の一人に手引きされてるのを見て、お母さんがその子に「面倒見てくれてありがとうね」っと言ったそうなのです。
するとその参加者が、本気で「え、何のことですか?」って感じの反応したらしくて。

 初日はイベントの場にいなかった私なので、これは同僚伝いに聞いたのですが、一連の話しを聞いて、自分が6年半前初めてフィリピンへのスタディーツアーに参加した時のことを思い出しました。
FTCJのイベントに参加した初の障害者は私でしょう。スタツア参加者に知り合いなどもちろんいなくて、初対面の16人と10日間フィリピンへ行く…、迷惑にならないか付いて行けるか、不安じゃなかったと言ったら嘘になります。
そして、皆さんご存知のように、このスタツアで私は「自分はここにいていいんだ」「世の中は親が言うほど障害者を邪魔だとは思ってない」って感じることになるんです。みんな私を手引きしたりするのを本当に迷惑だとは思ってない、それどころか通訳など私にもお返しできることがあって。
 たぶんですが、今回の宿泊研修に参加してくれた視覚障害学生は、以前の私と同じような経験をしたんじゃないかと思います。

 資格障害者だけの集まりの中で、自分が自分らしく行動し、ありのままでいられるのは当たり前ですが、健常者の中に一人入った状況かで、そのように自分らしくのびのびいられる状況ってそんなに多く無い気がしています。
不思議なことに、FTCJの同僚たちや子どもたちには、そういう、私たちがありのままを出せる雰囲気があるんです。何でしょうね、うまく説明できないんですけれど。

 ところで最後に!
ようやくFTCJのホームページに、フィリピン視覚障害者教育支援事業の紹介ページができました!フィリピン国立盲学校内への寮建設の資金集めも、このページから行っています。
事業ページ
http://www.ftcj.com/international/where/philippines_spd.html
少なくとも600万円は集めるっていうプレッシャーを抱えておりますので、皆さんのご支援、よろしくお願いいたします。
posted by Yukari at 18:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: