2016年06月22日

情報障害は自分自身?

6月22日:

 最近、週に1回くらいしかブログ更新ができていなくて申し訳ありません。今ですねぇ、もうわけ分からないくらい忙しいです、私4つの仕事掛け持ちして、ほぼ週7で働いてますから!!
私が更新しないから、皆さんのブログ離れが激しくて…、ピーク時は1日600人ほどのアクセスが安定してあったこのサイト、現在では250人か、まあ300人弱が平均です。すみません、頑張って更新しますから…。

 フェイスブックに書くか色々迷ったのですが、お世話になってたり支えてくれてる方々に、公表しないのもかえって失礼かなと思って、サフラン賞受章の件をフェイスブックに書きました。
20代で受賞は早すぎる、力不足なくせに…、そういう批判が来ることも覚悟してたのですが、思ってた以上に皆さん寛大で。今までに138人の方々から「いいね」をいただいて、沢山のコメントいただきました、本当にありがとうございます。
で?3月に私がふられた片思い相手が「いいね」を押してくれていて…。何とも複雑な気分にさせてくれました。そういう近況は見てくれてるのね。心の平安を乱す行為はご遠慮いただきたいです(引きずりすぎ)!

 さて、上に書いたように現在私は四つの仕事を掛け持ちしてます、もう壊れそうです。
とにかく、本業であるフリー・ザ・チルドレン・ジャパンでの仕事が週4でありますよね?ここに加えて、最近とある社会福祉法人で週2で働くことに…、何かいつの間にかなってしまったんです!
私これ、引き受けた覚えなかったんだけどなぁ、最初は、忙しい今の時期だけ集中的に1週間だけお手伝いに借り出されるはずだったのが。忙しい時期がしばらく続くとのことで、「石田さん、しばらく日本にいるんだったら、週2くらいで1年契約でどうですか?」とか言われて。
いや最初は週3って言われましたからね。「そんなにここに来てたら、私本業のほうを失っちゃいます」とあわてて減らしてもらって、それでも週2です。NGO職員暇じゃないんだぞ、これでも。
その日中に契約書できてますし…。なぁんかまんまと先方の罠にはまったような気がしてます。いかにも「日本の職場」って感じのお役所仕事してますよ、この私が。まあ普通に行くと私の人生においてしなさそうな経験なので、「日本の職場で働くとは何か」を学ぶにはいい経験かも知れません。
 で?FTCJでの本業と、この週2の日本の職場体験だけでも、もう十分私、週6勤務でしょ?あいてるもう1日は、視覚障害の先輩と言いますか、全盲研究者のお手伝いで、英語の調査手法の文献翻訳をするため、その方のお宅に通ってます。
これで週7勤務ですが、私には平日の夕方、週3で家庭教師があることを忘れてはいけません!5時まで仕事した後あわてて定時に抜けて来て、午後6時半から2時間ほど授業をする…っていう、残業代わりの家庭教師が平日3回ありますから。
もっと付け加えると、週3で定時に抜けるためには、その他の日は残業などになるわけで…。そして家庭教師には予習の時間もいりますからね、職場でのお昼休みは予習時間です。

 これじゃ無理でしょ?私のブログが更新されない理由はここにあります。だって体力的に無理ですもん、最近ずっと家に帰ってくるの、午後9時前後ですから。
近くのスーパーも9時まででたいてい間に合わないですし、ネットスーパー使おうにも、最後の配達時間が20時から22時で、もし20時に持ってこられたら間に合わないから頼めないです。
 さすがに、これだけ働くと、毎月使う額より、入ってくる額のほうが多いのでお金は貯まります。それに休みなくて遊びに行かないから、日々の食費以外に使わないですし。
こうやって、仕事に忙殺されて生活を安定させる、奨学金返したり、将来へのたくわえを作る次期も必要なんだろうなとは思います。でも体力限界、お金と引き換えに、何か大切な物失いそうです。
 毎朝、乗り換えで通勤ラッシュの新宿を歩く、私の顔の無表情さに昨日気づきました。おかげさまで、電車からエスカレーター争いをして、人ごみをぬってコンコースを突っ切るスキルは身に就いたのですが。
朝から顔は無表情、目が死んでる…、足だけ黙々と乗り換え先を目指す…機械的に。まあでもたぶん、これは私だけじゃなくて、この時間に新宿歩いてる人の7割くらいは同じ顔してるだろうなぁと思いながら。石田由香理がただの日本の職場で働くOLになってしまう!
帰りの帰宅ラッシュの満員電車、iPhoneで音楽聞いて、現実逃避と気分転換行うことを覚えました。朝のコンビニのブラックコーヒー、とってもお世話になってます。私だって、ちゃんと日本の職場に適応できるんですよぉ、一応!
posted by Yukari at 23:23| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: