2016年02月28日

小さな優しさ

2月25日〜27日:

 普段オフィスにいるとスタッフの半分くらいは日本人で、しかも日本人とフィリピン人で何となく仕事場所分かれてるので、実質1日英語もタガログ語もほぼ使わずに終わることさえあって、フィリピンにいながらもあまりフィリピンにいるという気はしません。
私たちがごくたまにフィリピンにいるんだと実感できるのは、スタディーツアーの通訳などで事業地に行って、お仕事の合間に現地の人達と話す時と、あとは週末などお休みの日にプライベートで出かけた時くらいです。
 今回は、ああフィリピンにいるんだ、ここは私の好きな国なんだって実感した、小さなエピソードたちを書いて行こうと思います。

 もう公表してもよくなってきたので…。皆さんだいたいお気づきだと思いますが、私は3月末の契約満了をもって、現在の団体を抜けて、他に転職します。
 と言っても、来年度も主にフィリピンにはいるんですけれど、とにかくICANの職員として、ここの事業地であるパヤタスに来るのは25日のスタツア通訳が最後でした。
 スタディーツアーの参加者たちが車でパヤタスを後にし、車には乗りきれない私たちスタッフ4人は公共交通手段を使って帰るんですけれど、帰る前にフェアトレード商品を作っているお母さんたちに挨拶しに行きます。
4人のお母さんたちの内一人は、私が1番最初に通訳を任された時に家庭訪問に行った家のお母さんです。通訳の練習で先輩と一緒に来た時を合わせれば、彼女たちに会ったのは6回ですね。

「私、今日がここに来るの最後なので、お世話になりました、ありがとうございました」と言うと、「え、最後なの?もう来ないの?日本に帰るの?」などとお母さんたちが口々に。
 そうしたらお母さんたちが「思い出にこれ持って帰って?」と、まずはリーダー格の人が自分の作ったテディベアを持って来て、さらに一人が「私の作ったバッグに入れて渡したら?」と、彼女が作ったバッグ追加。
他のお母さんたちも、「私が作った物も持って帰って」「これもこれも」と、小銭入れ、カエルの巾着小銭入れ、ブックカバー…などなど、次々最初にもらったバッグの中に飛び込んできて、私の手首にはめられるブレスレット。
これ、本当ならお母さんたちの生活のためにここで売ってる商品ですからね。中には私の手首に付けたブレスレットに値札が付いたままなことに気が付いて、「あらいけない、値段付いてるは」とあわてて値札を取ってくれたり。

お母さんたち4人に囲まれて、次々握手し、「私の作った物も持って帰って」「これもあげるは」「これもこれも」と追加されていく温かさ…、たった6回しか来てないのに、愛されてるなって感じさせてもらいました。
隣で見ていた、同様にこの3月でやめる同僚も、「最後にいいもの見せてもらった」と。彼女は私の1週間後に帰国するのでもう1度パヤタスに来ます。

 さて翌日。今度は他の日本人先輩スタッフと二人、ビザ関連の手続きで…、イミグレーションって日本語で何て言うんでしたっけ?入国管理局…だったでしょうか、そこに行ってました。
バスを下りてから、イミグレーションまで5分ちょっと歩くのですが、車通りの激しい道路を渡ろうとしたら、そこにあったファーストフード店の警備員のお兄さんが、「どこ行くの?渡るの?」って声かけてくれて。
先輩が「イミグレーションまで行くんです」と言ったら、そのお兄さんが渡りやすいように車を止めてくれて。この国は信号や横断歩道なんてないので、渡るためには若干命がけで車を止めて急いで渡りきるしかないんです。
大きな道路なので、真ん中に1度歩道があって、さらにまた道路を渡るのですが、今度も先に立って車を止めてくれて、さらに万が一に備えて私を守るかのように、止まってる車たちと私との間を歩きながら道路を渡ってくれます。
私たちが無事その大きな道路を渡り終えると、お兄さんは何も言わずに元板道路の反対側のファーストフード店へと帰って行きました。…優しい。

 さらに、ビザの手続きが終わってイミグレーションを出た後。ここでも道路を渡るのですが、たぶん普段は、イミグレーションから出てくる外国人相手に物乞いをしているのであろう男の子が、またしても車との間に立って、渡りやすいように車を止めてくれて。
たぶん私が持ってる白い杖を見て彼らなりのサポートをしてくれているんですけれど。NGO職員、ストリートチルドレンに助けられるっていう。

 そして土曜日。3月で契約終了して日本へ帰る同僚と二人、お土産を買いに行ったんですけれど。フィリピン原産のオーガニックな材料で作った、化粧品や石鹸などを置いてるお店があって、そこに行きたかったんですね。
事前にインターネットでお店の場所は検索してあったのですが、フィリピンの地図って適当なので、地図ではここにあるはずの場所にお店がなかったんです。その辺の人に聞いても、オーガニックな化粧品って庶民にとっては高級で普段行かないお店なので、路上で屋台を出してる人たちなどは誰もそのお店を知らなくて。
 途中でココナッツオイルを買うために薬局に入って、支払を終えた後、同僚が近くの助成に、ヒューマン・ネイチャーというそのお店を知らないかどうか聞いてました。
 するとその女性は隣にいた友だちに、「ねえ、ヒューマン・ネイチャーって知ってる?」と聞いて、その人も知らなかったのですが、今度はレジの方で働いてたお兄さんに、「ねえ、あなたこの辺の出身?ヒューマン・ネイチャーって知らない?」
さらにお兄さんは、お店の奥の方にいたお兄さんに、「ねえ、ヒューマン・ネイチャーってお店知ってる?君この辺に住んでるでしょ?」みたいな。
お店の中でいわゆるトランス・ジェンダーな感じのお兄さんが一人、そのお店を知っていて、店員さんみんな集まってきて、そのお兄さんの説明を私たちに向かって英語で訳してくれたり、地図を書いてくれたり。
 こういう、困ってる人をほおっておかない、自分が知らなかったら他の人に聞いてくれて、みんなで寄ってたかって相談しながら助けてくれる感じがこれぞフィリピンなんです。
まあ、こうして私たちを囲んで地図を書いたり説明したりしてる間、薬局の店員さん全員仕事ほおりだしてますけどね(笑)
posted by Yukari at 14:38| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
human nature気になってサイトみてみました。
良さそうですね!

私のお気に入りは、フィリピン発の自然派コスメGIGAです。
Posted by 美穂 at 2016年02月29日 12:33
美穂 さん、コメントありがとうございます。
Gigaは知らなかったです、そういう化粧品もあるんですね。
Human Nature、クオリティは確かにいいんですけれど、やっぱり香りが上品なのは日本のものと言うか…。
シャンプーやコンディショナーも、オレンジの香りか、ものすごい甘いブロッサムか、あとは歯磨き粉みたいなミントっていう選択肢で…、うーん、ちょっと遠慮しとこうかなぁってなりました(笑)
私はヘアオイルを買ったんですけれど、これは付ければすぐに艶が出ますし髪の毛まとまるのでお気に入りです。
Posted by Yukari at 2016年03月01日 15:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: