2015年12月26日

全てお見通しな優しさに感謝

12月24日〜25日:

 日本へ帰国しているものの、今回はあまり人に会う気がなかった、休憩が目的だったというのは、以前からあちこちで公表しているとおりです。
髪の毛や顔が残念になっている…など物理的な見た目などに加えて、いろんな意味であまり自信持って人にお見せできる姿じゃないというか…、とくにお世話になってる方々に。
けっして、何一つ悪いことはしていない、自分なりには一生懸命その場その場で最善を尽くしてきたつもりで…、でもあまり誇れない近況があって、また近い内に、きっと半数くらいの人が賛成しないことを行う…、あえていえばそれが唯一のグッドニュースなのですが。
だから、恩師や点訳ボランティアさん、その他お世話になってる身近な人は、今この姿ではもっとも会いにくい人たちなのです、顔見世できないというか。

 そんな私の様子、本当にカメラか何かでずっと見てるかのように、全て見透かしたようなメールが、8年お世話になっている点訳ボランティアさんから届いたんです。帰国してるんでしょ、私たちのお仕事は明日までですよ。でもお忙しいでしょうから無理しないでね、と。
 確かに、年末に帰国すると以前メールの中にちょっと書いたことはありました、でもそれを日にちまで憶えてくださっていて。会いに来ていいんだよとむこうから催促してくださったことと、でも強制はしない気遣い。何となく顔見せできなかった私を引っ張り出してくださるような。
連絡をしてるわけでもないのに、なぜかこの人たちには全てがお見通しです。そしてずっとこの人たちに育てられた浪人から大学・大学院時代。急に会いたくなってきた、いやでも見せられた姿じゃない。
迷います、迷い始めました。25日と26日はずっと家で過ごすはずだった、25日なんて顔はまさに傷だらけですし、近況を聞かれて自信持って話せることが有るか…、私は皆さんの気持ちに答えられているか…。

迷いすぎて迷いすぎて、高校時代の国語の先生にメール(なぜ?)。「迷うんだったら行きなさい、行くべきです」という返事と、「気にかけてくださっている人たちは、たとえどんな姿であれ会って安心するのです」と。
ですよね、行きましょう。ずいぶん色々、物理的なこと含めて見苦しい姿ですが。連絡をくださった点訳ボランティアさんに、明日行きますと返信します。
「お昼は持って行きます」と言う私に、「お昼は私に買わせて」と来る返事。涙出る…、この人たちに育てられたんだよなぁと、こうして優しさと愛情感じてられることが原動力だったなぁと。
「もし、何かやることありましたら、どんな雑用でも喜んで引き受けます」と返信します。ここは以前、大学を卒業してからイギリスに行くまでの半年、私がバイトしていたところです。
これで十分、点訳ボランティアさんに通じてしまう、むしろ私が1年半ぶりにそこで仕事をさせていただくことで、「仕事にやりがいと誇りがあって、スキルを高めようと素直に必死だった自分」を何か思い出そうとしてること。

 翌日、懐かしい場所を尋ねます。恐る恐る部屋のドアをノック、「こんにちは、お久しぶりです」と入室。「あ、石田さん」「久しぶり、元気?」と4人くらいの人が出迎えてくださいます。
お仕事の邪魔にならないようにお昼休憩の時間にお邪魔したのですが、まだ午前の作業が終わって無くて、「ちょうどいいや、石田さんにこれお願いしようかな」と、私を引っ張り出してくださったボランティアさんの優しさで、早速私の前に置かれたお仕事。
作業に取り掛かります。懐かしい、この部屋とこの雰囲気とこの作業が懐かしい。私が担当してた業務の中ではもっとも単純な作業を任されただけなのですが、今はそれが嬉しくて単純作業に心がこもります。
大学を卒業しただけの1年半前と今とでは、同じこの職場を見ても見てるところが違うというか。色々考えます、なぜこの温かい雰囲気をこの忙しい中で保っていられるんだろうとか、上司の指示の出し方とか。
私がお邪魔した日なんて、まさに大事なものの発送の締切日でしたからね、私なんか相手にしてお昼一緒に食べてる場合じゃないはずなのに。

 お昼ご飯を食べた後、早速皆さんお仕事に戻って行くわけですが、ここでも私はもう少しだけ、作業を与えていただきました。今度は懐かしい、もう少し責任感を伴う作業。
1年半ぶりなので感覚がくるっていたりもするのですが、それでも見つけるべきものを見つけ、少しずつ以前に近いレベルで作業をこなしていきます。
 思わず作業をしながら思ってしまう、1年半前の半年間のバイト、私はここで本当に役に立っていたんだろうか、それとも皆さんの優しさで雇ってもらってただけなんだろうか…と。
ある意味、ただただ支持を待っていた、ただただ言われたことを説明通りにこなしてた。もちろん、私の自己判断なんかで絶対に進めてはいけない作業だったのですが、でも支持がないと動けない私は役に立っていたのか…と。
ただし同時に、そこでバイトをして3カ月を過ぎたころくらいから、一人で業務を任されることもありましたし…、とにかく私が仕上げたものも含め外部へと発送されて行きました。
どこまで役に立っていたんだろうか、あれで正しかったんだろうか、…そんなこと思いながら、今目の前にある業務は完全にボランティアですが、再び関われることが嬉しすぎて精一杯こなします。

 1年半前は、慣れていたのであたりまえにこなしていた作業も、久しぶりにやるとうっかり一つ手順を忘れたりもします。ものすごく細かいことなのですが。私がやり忘れた作業を、何も言わずに横からすっとサポートしてくださる点訳ボランティアさん。「あ、すみません、そうでしたよね」、次からは忘れない。
 同じミスは繰り返さない、学ばなきゃ、吸収しなきゃ、高めなきゃという気持ちが自然に沸いてくる。もっともっと勉強しなきゃ、この中で自分が1番知識がない、早く追いつかなきゃと素直に思う、納得しているその1本のルール、そこを早く覚えてみんなに付いて行きたい…、そう思ってた半年、そして今。

 そう、私もこういう仕事をしてたんですよね。こういう気持ちで仕事できるんですよ。間違いなく、ここで色々勉強させていただいて、この半年で本当に成長させていただいたんです。片道1時間半かかった朝の通勤ラッシュが、1日たりとも苦にならなかった半年。
 ちなみに、「私に買わせて」と点訳ボランティアさんが買ってきてくださったのは、私に合わせて少し小さ目のお弁当に、ひじきご飯や野菜がたっぷり。健康面や体を気遣ってくださっている、本当に育てられてる優しさ感じました。
今日が今年最終出勤日なので、部屋にある差し入れのお菓子などをそれぞれ全部持って帰らなければいけないわけですが。石田さん持って行きなさい、これももらって行きなさい、一つ余ったから石田さんが持って行きなさいと、おまんじゅうやらミカンやらいっぱいいっぱいわたされて。
 心の1番表面の第1段階が、少しとろけ始めたような気がします。フィリピンだ社会人だ障害者初だなどなど言われ、はたして何重に塗り固めているのでしょ?

posted by Yukari at 23:50| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: