2015年11月28日

お仕事を超えての本業(後半)

11月23日〜27日:
※ 前の記事の続きです。

「えっとね、私、そのフィリピン・プリンティング・ハウスに知り合いいるから、連絡先教えるよ。彼に連絡して、教科書がないっていう件伝えてみて?絶対助けてくれる優しい人だから。彼も全盲なの」
女の子が急いで席に戻って点字の筆記用具を持ってきます。メモ取る準備万端です。私、この子のやる気に感動したんです。
 誤解を生むかもしれないことをあえて言うならば、視覚障害者ってとくに子供のころ、他力本願な人多いです。助けてもらい慣れてる、誰かがやってくれると思ってるというか。
日本でさえ、こうして自分の学習や進路についての情報を提供すると言われた時に、高校生の時点で、「ノートとらなくていいの?」などと言われる前から、自分でメモをとる子、何割いるでしょう?たぶん学年18人いたら、その内3人くらいですよ。
 それなのに今この子、私や先生から何も言われなくても自発的にメモとる準備をしているわけです。しかも、メモするってことは、自分からその団体に連絡して、点字の教科書くださいって言おうとしてるんですよ。高校生の時点で自発的にここまでできる子少ないです。
そこまで自分から行動してでも勉強したい、授業に付いて行きたい、退学したくないっていう意思に、尊敬さえ感じました。周りに他の学生たちがいるので彼女だけ贔屓するようなことを言えないので直接言葉にはしていませんが、あなたが大学卒業まで行けるように私が面倒見るって、心の中で約束しました。

 ちなみに私が連絡先を教えたこの知り合いは、以前私の携帯が壊れた時に、休みの日に中古品を探しに行って、画面読み上げソフトをインストールして、当時ガイドがいなくて外出できなかった私のために、わざわざ片道2時間離れてるうちの家まで持って来てくれたあの人です。
今回も、教科書持って無いタクロバンの全盲高校生から連絡行くからよろしくお願しますってテキストしたら、「分かった、任せて」と返信くれました。彼女の教科書のことは、後はこの優しいお兄さんが助けてくれるはず。

 タクロバンの視覚障害者たちは互いに知り合いな場合が多いです。でも台風で1度携帯電話を失って、その後家が壊れたり避難したりしてて、2年間連絡先や近況が分からなくなってる友達同士がいるんです。
今回私がいろんな家に家庭訪問したことで、2年間連絡が取れてなかった全盲女性二人を、再び繋いだっていう嬉しいエピソードもあるんです。
家庭訪問する前には電話してアポを取るわけなのですが、その時話していた奥さんに、「明日は午前中にCさんのお宅を訪問してから、午後からお伺いしますね」と言ったら、
「え、あなたCのところに行くの?Cとは友だちなのよ、でも2年間連絡取れてないのよ、携帯が変わっちゃったから。彼女元気にしてるかしら、どうしてるんだろう」と言います。
この人の前にそのCさんにもアポ取りの電話をしてたので、「何だか、明日の午後から月曜日まで出かけるって言ってました」と答えると、
「出かける?どうやって?彼女にはガイドがいないはずなの。それで外出できなくて困ってるはずなのよ。誰と出かけるんだろう、どこ行くのかしら」とものすごく心配してます。

 さて翌日、Cさんの家に行ってインタビューが終わった後。「ところで、Wさんをご存知ですか?以前からの友達で、2年間連絡先分からなくなっていらっしゃるんですよね?私この後、午後からWさんのお宅を訪問するのですが、もしよろしければあなたの連絡先を彼女に伝えてもいいですか?」
さらに、「あなたが出かけるって聞いて、誰がガイドするんだろう、ガイドがいないはずなのにってWさんが心配してました」と伝え、息子がそろそろ4歳になるから、最近ガイドできるようになってきたというCさんの答えを、Wさんのところに持って行きます。

 他にも、月曜日に訪問した弱視男性は、視覚障害者の生計工場のために、マッサージなど職業訓練をする施設を立ち上げるのが夢で、今団体を作って活動を始めてるんです。
そして、私が木曜日に訪問した家の全盲の奥さんは、健常者のご主人がたまに物を売ったり、草刈で僅かなお金をもらったりする以外に収入がない、私も働きたい、職業訓練が受けられる機会を探してると話してくれました。
早速月曜日に会った人に連絡します。職業訓練の機会がほしいって言ってる視覚障害者見付けましたよ、連絡してあげていただけませんか…と。

 台風で離ればなれになった人と人繋ぐ。タクロバンとマニラの視覚障害者や情報繋ぐ、そしてそれを日本に繋ぐ。外国人でどこにも属さない私だからこそできること。
フィリピンの人達の中で、人と人や情報さえ繋がれば解決できることいっぱいあるんです。そういうところを繋いでいく、お仕事を超えての私の本業です。
posted by Yukari at 23:56| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
素晴らしいの一言につきますぴかぴか(新しい)同じ全盲としてゆかりさんのブログで勇気をもらっている一人ですわーい(嬉しい顔)
Posted by ゆか at 2015年12月01日 12:03
ゆか さん、コメントありがとうございます。
テヘ……、とんでもないです。
好きなことと言ってしまったらこっちの方々に失礼化も知れませんが、やりたいって思うことやってるだけです。いつも記事をご覧いただきありがとうございます。
Posted by Yukari at 2015年12月01日 18:23
ゆかりのブログこれかーーー!!!

たくさんの知らなかった現実。伝えてくれてありがとう。

ゆかり頑張ってるね!
ほんと勇気をもらいます。私もゆかりみたいな人になりたい!

あとでメールもします!

Posted by あゆ美 at 2015年12月01日 21:49
あゆ美ーー、訪問ありがとう。身近過ぎる人ほどわざわざ調べないから存在知らないこのブログ(笑)
奨学金ゲットおめでとう。私のブログさかのぼると、イギリス大学院時代の鬱日記出て来てイギリス行く気なくすだろうから見ない方がいい(笑)
Posted by Yukari at 2015年12月01日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: