2017年06月27日

フィリピン出張のお騒がせエピソードその2

5月20日
 前回の記事に引き続き、5月のフィリピン出張中に周囲を巻き込んだお騒がせエピソードと、皆様の優しさを書いていきます。
 フィリピン国立盲学校の校長室にて。携帯にプリペード入れて発信できるようになった途端、土曜日にもかかわらず知り合いの大使館職員呼び出す、、、日本円からフィリピンペソへの換金助けてください、と!
これはですね一応私のせいじゃないんです、団体のオフィスにペソがまったく残ってなくて、とりあえずこれでなんとかしてって日本円もたされたんです。しかも成田空港では一人当たり1万ペソまでしか換金できませんとか言われて。
すごくないですか私、携帯発信できない、ネット使えない、おまけにフィリピンペソはガイドの給料など入れると2.3日分しか持ってなかったんです!
自分自身はフィリピンに銀行口座持ってるので(なくした通帳まだ見つかってませんけどね)、換金なんてここ5年くらいしてなくてどこに行けばいいか分からないですし。
さらにフィリピンのお札って触って見分けがつかないので、換金の時に騙されてないかとか、どれが何札かの振り分けとか、全額見せても大丈夫なくらい信用できる誰かに、見てもらわなきゃいけないんです。

ちょっと先のミーティングで予期せぬ事件が起きてピンチだったこともあり、日本語通じる貴重な機会にこれでもかってほどしゃべります、おかげさまで頭の中まとまって落ち着きました。
そのまま、ネットで見つけてたホテルまで送ってくださり、部屋の確保や値段交渉(外国人だけど障害者割引が効くかどうか)まで手伝っていただき、、、。
この日、日本大使館は日本人難民を一人、物理的にも精神的にも保護したのでした!
posted by Yukari at 17:35| Comment(0) | 日記

フィリピン出張のお騒がせエピソード1

5月19.20日
 ずっとブログ更新が滞っていてすみません、なんかもう、学生時代と違って社会人になるとだめですね。平日の帰宅後パソコンに向かう気にはならず、休日に向かう気にもならず…(笑)、iPhoneで書いてるフェイスブックのほうはちゃんと更新してるのですが…。
そんなわけで1カ月前になりますが5月のフィリピン出張の時のエピソードをお話ししていきたいと思います。

 5月19日夕方に日本を出発し、日付変わって20日、土曜日の夜中にマニラの空港に到着し。
こっちの携帯って必要金額文プリペードカードを買う方式なのですが、4月に出国した時には十分な金額入ってたはずなのに、めったに使わないから有効期限切れて0になってて。夜中の空港で初対面のガイドと落ち合うのに携帯使えない私!
この程度じゃまだ焦りません、空港スタッフのおじさんに事情話して彼の携帯からかけてもらって無事合流。
 さてホテルまで行けばワイファイがあってネットが使える、、、はずだった!確かにワイファイはあるのですが弱すぎて繋がらない。さて困りました、ネットも携帯も使えない、外部に発信手段がない、明日の11時に空港でフィリピン人スタッフと待ち合わせることになってるのですが彼女が空港のどのターミナルに着くのかが確認できないんです。
とりあえず、夜中の1時過ぎに心配しても仕方がないからまずは寝ましょう。

 翌朝、ガイドの子に携帯のプリペードを買えるところを探しに行ってもらったのですが、「空港まで行かないとこの辺りじゃ買えないって言われた」と戻ってきて。まじか携帯使えないままなのか。さてさすがに内心焦り始めます、この後どうしよ。
空港でフィリピン人スタッフと待ち合わせた後、午後から一緒に盲学校へ行ってミーティングの予定でした。
午前中から行って、土曜日に学校が開いてるかさえ賭けですが、とにかくタクシー拾って盲学校へ行こう、あそこまで行けばきっと誰かが助けてくれる、空港で待ち合わせるはずのスタッフも私と連絡取れなかったら直接盲学校に来てくれるはず、、、お願いそうして!
 流しのタクシーってあまり安全ではないので進んで使いたくはないのですが、今はネットが繋がらないので行き先を住所指定する安全なタクシーも呼べません。さらに障害者眼中にないので市内のタクシードライバーでさへ盲学校の場所を知ってる人はほぼいないんです、ネットが使えないので住所も地図も出せない、、、。
行き先が分からないとタクシーに断られ続け、4台目くらいでようやく裏の聾学校のほうなら知ってるから連れて行ってやると言うドライバーさんに出会います。聾学校前で道聞いて無事に盲学校に到着、奇跡的に開いてた。
顔見知りの先生に「由香理おはよう」と言われた時の安心感、もう大丈夫、みんないる。

1時間くらい待ってたら校長先生も出勤していらして。携帯のプリペード買えるとこ教えてください、ネット使いたいから校長室のワイファイのパスワード教えてください、空港で待ち合わせるはずだったスタッフに私が直接ここに来てるって伝えてください、、、。
私のことを娘のように扱ってくれる校長先生なので、すぐ秘書さんに頼んで携帯にプリペード入れてくれたり、盲学校に迷いついた野良猫にお昼ご飯までくれました。盲学校の校長室、フィリピン1安全な場所!
posted by Yukari at 17:30| Comment(0) | 日記