2016年10月20日

900人を前に1時間講演(前半)

10月13日:
 以下のように講演の機会をいただいたので皆さんぜひいらしてくださいねってブログで宣伝したかったはずなのに、もうそれどころじゃなかったと言いますかここ数週間本当に爆発しそうなくらい忙しくて、ブログを更新する間もなくその講演会は終わってしまいました。
10月13日、群馬県で精神福祉保健全国大会というイベントが行われました。これが何なのかは私自身けっきょくちゃんとは分かっていませんが、午前中は精神福祉の分野で活躍された方々の表彰式、
そして知的障害者施設や、麻薬経験者の社会復帰を支援する団体の利用者さんたちによるダンスや太鼓などの発表、そして午後の前半が私の講演で、午後の公判が3人のゲストによるパネルディスカッションでした。
参加者は、一応当日の来場者は1100人くらいだったらしいのですが、精神科医や今回講演者が私ということで眼科医など医療従事者や医療・福祉系の大学生、カウンセラーなど専門家たちもいますし、
引きこもり経験者やそのご家族、色々な障害者団体…などとにかく多岐にわたっていて年齢層も知識も様々です。いわゆる社会的マイノリティから博士号持ってるエリートまで同じ場にいますから不思議な集まりですね。

 なぜ私がこんな場に呼んでいただけることになったのか…、今回の全国大会のもっとも中心だった主催者の一人が、たまたま私たちのジュニア新書を見つけ、その本にほれ込んでくださったのです。
今回の全国大会は第64回なのですが、これまでずっと講演者は精神福祉の専門家やお医者さんなどでした。それを、色々と奇跡が重なって、専門家でも何でも無い、もしかしたらまだ大学院生かも知れないシロートを呼びたいっていう話が群馬県庁を通過し厚労省を通過し、出版社を通じて2月くらいに私のところに連絡が来ました。
つまり連絡をいただいた当時私はまだフィリピンにいて、もし10月もフィリピンだったら、渡航費出していただくことって可能ですか?みたいな、そういうやりとりから始まったんですけれど…。

 さて、ダスキン愛の輪基金さんによる講演や、中学校高校への出張講演などにはたまに行かせていただく私ですが、今まで日本において人前で話した最大人数は、浅草公会堂の500人ほどです、いや600人だったかもしれない…忘れました。
一応一瞬だけ、去年の10月、フィリピンの会議で1000人を前に話したことがありますが、10分ほどだけですし、まあなんかフィリピンのそういう場ってパフォーマンスであり、かしこまった講演しなくていいですから。
今回、群馬県に用意された会場は最大で2000人収容でき、少なくとも900人の参加が確定していると伝えられていました(あれ?参加者半分弱しか集まって無いような?って思ったのはたぶん私だけじゃないはず)。
しかも与えられた時間は人生最長の1時間。今まで30分以上の講演したことないんです。ダスキン愛の輪基金さんの時は持ち時間20分ですから。
それだけ廣井海上で1000人規模の参加者いると、マイクを回したりなど参加型にはできないので、質問コーナーなどは取らずに、私が一人で1時間しゃべるようです。
いや寝ちゃうでしょ、私それでなくても写真などをあまり取って無いのでパワポが1時間で17枚しかないですし、途中で見せる気分転換の動画とかも持って無いですし…。講演の時間が午後1時20分からっていうもっとも眠そうな時間帯ですし。
どんなに頑張って話しても、1時間ただしゃべるだけだったら絶対中だるみしますよね、皆さん30分過ぎたころには眠いですよ、いったい何をすれば皆さん起きててくれるんですか?

 しかもプログラムの中には厚生労働大臣挨拶などもあって…、いや挨拶だけしたらお帰りになるかも知れませんが(実際たぶん午前の部だけだったと思うのですが)、ほんとそういう方々まで参加している場で私1時間何すればいいの…と、
さすがの私も前日くらいから果てしなく緊張してきて、当日の朝はお腹痛いですし、お昼に出していただいたお弁当はまったく食べられずに持ち帰って夕食となりました。
私が講演前にこれだけ緊張してるのは今回がたぶん3回目、去年の秋篠宮両殿下ご臨席の式典スピーチの時、今年のサフラン賞受章スピーチの時、そして今回です。
いや何課不思議な物で、回数重ねるにつれてむしろだんだんプレッシャーに弱くなってきました。
posted by Yukari at 21:16| Comment(0) | 日記

2016年10月09日

インターン募集中です!!

10月9日:
 私が担当しているフィリピン資格障害者教育支援事業を手伝ってくれるインターンさんを募集中です。皆さん以下の募集文を広めていただけませんか?
ご興味ある方ぜひぜひ!!


インターンとして一緒に働きませんか?−−フィリピン視覚障害者教育支援事業

 こんにちは、石田由香理です。現在私が働いているNPO邦人、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでインターンを1名募集しています。

 担当は「フィリピン視覚障害者教育支援事業」で、フィリピン国立盲学校に寮を建設することを目指して、Ready Forというクラウド・ファンディング・サービスを使用しての資金集めや、学校や大学への出張講演、チャリティー・イベントの企画、メディアへの事業紹介などを行っています。
(事業詳細はこちら:
http://www.ftcj.com/international/where/philippines_spd.html)

 事業を担当している私自身が全盲で、書類のレイアウトを整えたり、適切な写真を選んでホームページにアップしたりなどが難しいので、インターンさんにはとくに、そういう視覚的な部分をお願いしたいです。私と一緒に、各地の学校などへ出張講演に行くこともあります。
教育(とくに特別支援教育)開発や福祉に興味ある人、フィリピンが好きな人、待ってます!!

【募集要項】
■勤務地
特定非営利活動法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
〒157-0062 
東京都世田谷区南烏山6-6-5 3F(京王線「千歳烏山」駅徒歩1分)
TEL/FAX:03-6321-8948
団体HP:http://www.ftcj.com/index.html
{11月半ばから吉祥寺にオフィスが移転する可能性があります}

■応募方法
「応募インターン名」と「何を見て募集を知ったか」を履歴書に明記の上、
以下の書類をメール( jimukyoku@ftcj.com )または郵送でお送りください。
(1)履歴書
氏名、連絡先、経験(学歴・研究歴・業務歴など)
英語力(TOEIC・TOEFLなどのスコアや英検)
コンピュータースキルの有無(Word、Excel、その他利用できるソフト等)
勤務可能日(希望曜日)、通勤時間と金額
勤務開始と希望インターン期間
アルバイト、ボランティア、インターン経験を明記

(2)志望動機書:A4用紙1枚程度
・志望動機
・FTCJのインターンを通じて得たいこと・達成したいこと

選考の流れ
第一次選考:書類審査
第二次選考:面接(書類審査後、面接日程をご連絡いたします。)

■条件・待遇資格
FTCJの理念・活動に共感し、FTCJのサポーターになっていただける方
基本的なパソコンスキルがある方
細かい作業をいとわない方

■勤務期間
6か月〜1年間(状況により相談ください。)

■勤務時間
週8時間以上
※週2回が望ましい
■待遇
無給、交通費支給(月8000円以内で実費分支給)
※交通費は週8時間以上勤務し、1回4時間以上働いた場合に限り支給
コミュニケーション能力、プレゼン能力、PCスキルや社会人マナーなど様々なスキルが身に付きます!
業務内容はさまざまですが、ひとつひとつFTCJにとって大事なお仕事です。
みなさんのアイディアが採用されてプロジェクトとして動き出すかも?!
たくさんの人との出会いがあっていつも楽しいFTCJオフィスで一緒に活動しましょう♪
ご応募お待ちしています!
posted by Yukari at 04:12| Comment(0) | 日記

階段から落ちる…

9月26日から10月6日:
 いやーもうなんかもう、忙しいですね、時間が10時間1000円とかで売ってるなら、100時間くらい買いたいです、本当に足りないです。
四つの仕事を掛け持ちしていると、全てがぎりぎりで直前対策で、その結果やっぱり一つに集中するよりはクオリティ低かったり、やむを得ず最低限の労力でやってる部分とかあって、一応できる限り4つに全力は尽くしてるのに各仕事で信頼失いそうな要素が出てくる…、一つに集中してればもっとできるのにって思うところが悔しいです。

 モンゴル出張から帰って、翌日は半日休み、午後は家庭教師と教材作り、月曜日からは普通に出勤。
電車乗りながら、ちょっと深刻な考え事をしてたんですね。FTCJの最寄駅である千歳烏山に着いて、ホームから改札へ向かう階段をまず1ブロック下りて、2ブロック目に差し掛かったところで、なぜか階段から落ちた私!
しかも落ちる予定とかなかったので、滑ってしりもちとかそういうレベルじゃなくて、普通に前に、頭からと言うか手からつっこむ感じです。落ちながらこの落ち方はまずいって自分でも思いました。
でも何か、実質3談くらいしかたぶん落ちて無くて、しかも奇跡的に左肩に掛けてたA4サイズ以上のカバンが下敷きでクッションになって、ほとんど無傷だった私。
手を付いた時に若干左手首を痛めたのと、カバンで覆いきれなかった左足に2カ所ほどあざを作った程度で済みました。

 でもね?想像してください、通勤時間帯に、電車下りた直後の改札へ向かう道のりで階段から落ちたら、どれだけ沢山の視線を集めるかってことを。しかも各駅とかじゃなくて、沢山載ってる順特急ですから。
すぐに二人飛んできてくれて、男性のほうが手を貸して私を立たせてくれ、「カバンから何もこぼれてませんか?」と聞く私に、女性の方が「大丈夫です、何も落ちてないです」と答えてくれました。
とりあえず打って足痛いながらも普通に歩けますから、恥ずかしすぎるので一目散に階段下りて改札出て退散。
 オフィスに着いてから、改めてわが足に何が起きたかを見てみます。まあ大したことはないです、2カ所真っ赤ですが。

 通勤時間帯って皆さん乗る電車が決まってますから、そこから10日間くらいはその順特急に乗るのを避けてたんです。勤務開始15分前に着く、1番便利な電車なんですけれど。
 さて10日くらいたったので、もういいかなぁと思ってその順特急乗車。千歳烏山に着いて下車し、私が階段に差し掛かろうとした瞬間、「階段ですから一緒に下りましょう」って、前回とは違うおばちゃんに付き添われたんですけど、何事ですか?
この人絶対、先週の事件を見てた人ですよね?私毎回落ちるわけじゃないですから失礼な(笑)、まじで恥ずかしすぎる。
いやぁ、通勤に1番便利な電車なんですけどねぇ、しばらく乗れないかもしれないです。いいえ、世の中の優しさには感謝してます、捨てたもんじゃないなって…、でも忘れてほしいこともある…。
posted by Yukari at 04:04| Comment(0) | 日記