2016年07月10日

心から尊敬

7月3日:

 この日、5月以来ずっと2週間に1度集まって準備や話し合いを重ねてきた、日比NGOネットワーク主催による、フィリピン人ゲストを3人招いてのイベントがJICA地球広場で行われました。
後で数えたところ、当日の来場者は153人と予想を上回る規模で、私たちの団体であるFTCJが販売していたフェアトレード商品のドライマンゴー25こは全て完売するなど、とにかく想像してた以上の大盛況だったんです。

 さて、当日私の仕事は大きく三つでした。その内の一つが、ゲストの送り迎えです。
 朝8時半、中央線の中野駅で、本日同時通訳を担当してくださる方と待ち合わせます。私の知り合いである弱視の方で、通訳のブースに入った経験も5回以上おありだということだったので、今回のイベントに協力をお願いしました。
通訳の方と二人、タクシーでゲストの宿泊先へ行き、3人のゲストの内の女性二人、マーリーンとハリエットさんをピックアップして、4人で会場へ向かうのが私の最初の仕事です。
ゲストはもう一人、元ストリートチルドレンのジュード君がいるのですが、今回は日比NGOネットワークと言って、フィリピンを支援先としているNGOの集まりで主催しているため、ジュード君は別のNGOのパートナーです。
ハリエットさんとマーリーンは、FTCJのパートナー団体のスタッフであり、暗黙の了解で、ゲストを招いた団体が送り迎えや宿泊先の手配などの責任を持つ感じでした。

 会場に着いてイベントが始まると、私の二つ目の仕事は、ゲストたちの講演内容を文字として記録係、つまりなるべくスピーチを取り逃さないよう必死でパソコンでタイプすることになります。
会場のスピーカーからはゲスト自身による英語の講演が流れ、希望者に配布されている通訳の機械のイヤホンからは、通訳者による講演の日本語訳が同時に流れてきます。ちなみに私、記録は日本語で取るように言われています。
当たり前ですが、同時通訳とは言っても、日本語訳は英語のスピーチよりも数秒遅れてやってくるので、私はまず英語のスピーチから内容を予測して、日本語通訳を参考にほぼ同時にタイプし、書きながら英語を聞いて次を予測する…という、我ながらなかなか器用なことやってました。
また通訳の関係上、全てを訳すには間に合わない場合にそれほど必要ない1センテンスを飛ばしたりするのですが、記録係はゲストが言った内容を記録する必要があるため、飛ばすことができず、英語のスピーチを自分の頭で訳して速攻タイプしてたこともあります。

 こういう役目だったので、たぶん誰よりも、英語と日本語訳の両方を必死に聞いてたのは私だと思うんです。通訳していらした方が知り合いというのもありますし。そしてこの通訳の方を、本当に本当に心から尊敬しすごいって思ったんです。
自分の頭の中でも私なりに訳しながら英語を聞いてるわけですが、そんな役よりも、それを言葉にまで変換してマイクに届ける彼女の訳のほうがクオリティが高い…、それらを瞬時にできるところが彼女のすごさを実感するんです。
 たとえば、先住民族の状況について話したハリエットさんが、経済発展のために土地開発を行って、政府たちが先住民の土地を荒らしているという話しの中で、
「But indigenous people are not lazy」って言ったんです。え?先住民族は怠け者じゃない?うん?何て訳そう?この後ろ何の話しが来るんだ?っと、言葉を書き逃しちゃいけないので瞬時に文字にするよう言われてる私はあせります。
するとその後ろをまだ聞いてないのにイヤホンからの通訳が「でも先住民族だって黙ってはいません」って訳してて。なるほど。この人天才だって思いました。

 同様に、8000万くらいのすごい大きな数字をハリエットさんが言った時。英語って3ケタずつで区切りますが日本語は4ケタずつで区切りなので、数字を瞬時に訳すの私すごく苦手なのですが、彼女は瞬時に訳してて。
 2回目、またハリエットさんが、7 hundred 何とかthousandみたいな、大きな数字が来て、記録担当の私は焦ります。今度は通訳者のほうも7 hundredの後ろにまだ数値が
あったので訳しそびれたようですが、「沢山の人々が」と、焦った様子なく
何事もなかったかのようにごまかして通った…、その瞬時の判断すごいなと。

 その他にも、関係代名詞のwhoなど、「●●な人々」と後ろまで聞かないと分からない場合あるじゃないですか。そういう時、私のタイピングはwhoより後ろを聞くまで止まってしまいます。英語はそのまま次のセンテンスに行くので、whoより後ろを待っていたら次のセンテンスのタイプが遅れます。
そんな時は彼女の通訳そのまま書き写すんです。なんで分かるのか、彼女はwhoより後ろを聞く前から、前の部分だけで訳し始めてて。whoより後ろを聞いたら、確かに彼女が訳してたのと合ってるんです。なんで分かるんでしょ?

 私は、同時通訳なんて絶対に絶対にできないですけれど、それでもとにかく英語は分かるので、両方聞いてるからこそ、自分の頭でも訳してるからこそ、彼女のすごさを本当に感じました。
時代が許さなかったから、資格障害者が国際協力の仕事になんて就けなかったから、諦めた通訳者、たとえ5か国語話せる能力持っていたとしても。今日のただただ感動するような能力見せられると…、その「時代」という壁が本当に悔しく感じます。
 午後からは各トピックごとに部屋を分かれて、さらに各部屋で幾つかグループを作って、本日の講演内容をディスカッションで深めたり、ゲストに直接質問したりする時間があり、私はマーリーンの通訳として彼女の横に付いてました。
もちろん逐次通訳ですよ、私に同時通訳は無理です。でも何かもう、午前中の彼女のあのテクニック見せられた後だと、ほんと私でごめんなさいって思います。
先住民族の話しは法律や歴史もからむので、議論が難しくなりそうなハリエットさんのほうを彼女が引き受けてくれ、性的虐待や児童買春についてのマーリーンなら、彼女が働いてるプレだ基金で2カ月ボランティアしてたので、私でも何とか通訳できます。

 一通りイベントが終わった後、本日ずっと通訳を担当してくださっていた彼女と会うことができました。同時通訳の時はブースに入ってるので、イヤホンからの声は聞きますが会えないんです。
もう本当にすごいと思ったこと、本当に尊敬したことをとにかく伝えようとする私なのですが、こうして書いててもただただ「本当に」を連発することしかできない残念な語彙力なので、直接話してる時に適切な言葉が見つかるわけも無く…。
「私、惚れ込んだので今度近い内にデートしてください!!」って言ったら、「大丈夫?酔っぱらってる?」って言われました。
 ところで?最後に蛇足!今日これだけ尊敬の対象になったスーパーウーマンですが、人間らしいエピソードも!
朝、駅で待ち合わせしてる時、途中で電車の中から来たラインに「何かカバン軽いと思ったら、財布忘れてきた!定期区間内だから行きかえりには困らないからいいんだけど」って書いてありました!この日彼女は1円も持って無かったですからね(笑)
posted by Yukari at 22:41| Comment(0) | 日記

2016年07月02日

共育は障害者の身を守る?

6月30日から7月1日:
 さて、7月3日だけでなく、FTCJではフィリピン人ゲストたちが来ている1週間、イベントが盛りだくさんです。同時にゲストの送り迎えなど、幕裏でのお仕事も盛りだくさんです(笑)
 6月30日の夕方、この日日本に到着するマーリーンを迎えに、成田空港へと向かいました。フィリピンエアラインのPALという頭文字は「Plane always late(飛行機はいつも遅れる)」っていう意味なんだとフィリピン人たちが揶揄するのですが、これはけっこう当たってて今回も1時間以上離陸が遅れたらしく。
ただ、遅れてくれてよかったと言いますか、1時間もかからないけど私には空港に着いてからやらなきゃいけないことあったんです。マーリーンが見つけやすいように「ウェルカム・マーリーン」って書いた紙を持って到着ロビーに立っておくように言われてたのですが、前回オフィスに行った時に、その文字を書いてもらうの忘れたんです。
駅から案内してくれてた空港のお兄さんにダメ元で「あの、いらない紙ってありませんか?」と、ウェルカム・マーリーンを書いてほしいことお願いしたら、快く作ってくれて、しかも持つときに上下など分かるように右上に切り込みまで入れてくれました。

 マーリーンは現在30代半ばなのですが、児童買春の被害者です。彼女は、幼いころ、継父にレイプされ、それを打ち明けた母親に信じてもらえず
虐待と母の冷たい態度に耐えられず12歳で家を飛び出しました。
路上生活を始めたものの、その後性的産業関係者に目を付けられてしまい、外国人観光客相手に15歳まで売春させられていた人です。
 私はビデオで、彼女が保護施設にいる時の、17歳のマーリーンを見たことが有るのですが。なるほど、危うい発言をするならば、確かに売春産業に連れ込まれるだろうなぁ、人気出るだろうなぁって思うくらい、本当にかわいいです。
6年前のスタディーツアーで見た30歳手前くらいのマーリーン…、この時もまだ、かわいい女の子だったんです。だから私は、かわいい女の子迎えに行くつもりで空港に行って待ってたわけですよ。

 飛行機到着から待つこと約20分。「由香理ー」っと声かけてきたのは……。私の2倍くらいに膨らんだ、ただのおばちゃん!!
ま、まじで?これがあのマーリーン?ちょっと待ってまじで?えっと私が探してる人は他に…。あまりの変わりように心のショックが隠せない私です。
だって、何かもう本当に、ただのおばちゃんになってしまって…、まあフィリピン人は、結婚して出産した辺りから突然ふけるんですけれど。彼女も今では一児のママなんですけれど。

 マーリーンと共に、FTCJのボランティアさんのお宅へ向かいます。マーリーンは翌日、京都の高校で講演をすることになっていて。
したがって、成田空港からも東京駅からもアクセスがいいそのボランティアさんのお宅に1泊するのですが、家の人が英語難しいので、私が一緒に宿泊して、翌朝東京駅の新幹線まで送り届けるところまでが仕事です。
私もそのボランティアさんのお宅には行ったことないので、乗り換えなど駅員さんに案内を頼むわけですが、外国人とは言え、盲人が健常者の送り迎えを担当しているっていう構図が、世間一般ではどうしても理解されないらしく、ほぼ全ての駅員さんに怪訝な反応されました。
それをおかしいとも思わずに、送り迎え担当者にこの1週間で3回も私を入れてるうちの団体素敵でしょ?7月3日のイベントの朝も、ゲストを迎えに言って会場へお連れするのは私です。会場準備の机運びよりはお迎えのほうができるので。

 宿泊先へ向かう電車の中や夜寝る前、そして翌日東京駅へ向かう電車内などでマーリーンと色々話したのですが。
彼女はプレだ基金と言って、性的虐待に遭った女の子の保護と、セラピー、基礎教育、社会復帰サポートなどをしている団体で働いてるんですけれど(昔マーリーンが保護されたのもその団体です)。
現在プレだに、聴覚障害の16歳の女の子がいるらしいのです。学校に行ったことがないので読み書きを知らないため筆談はできず、手話っぽいことをするので手話通訳者を雇ってみたものの、きちんと手話など習ったことない彼女のは独自の手話で、通訳者でさえ理解できなかったらしく。
その女の子がレイプ被害に遭ったことは分かっているのですが、具体的な状況などがコミュニケーション取れないので分からないため、加害者を裁判に書けることもできないですし、女の子にセラピーを行うにも通じない、うまく力になれないんだとマーリーンは話してくれました。

 これ、この女の子はたまたまプレだに見つけてもらいましたが、筆談も手話もできないから誰かに言い就けないのをいいことに、いろんな被害に遭ってる聴覚障害者がフィリピンに他にも沢山いそうな気がしませんか?
同様に、歩行指導や電話のかけかたなど習ってない視覚障害者も、その家から逃げられないから、どういう扱い受けてても近所からは気づかれませんよ。
障害者への教育は就職に繋がるとか、自立できるとかそういう話しの前の段階で、教育受けてないとわが身を守れない、被害に遭っても誰かに伝えることもできないのかと。マーリーンの話しはけっこう衝撃的でした。
posted by Yukari at 22:41| Comment(2) | 日記

不思議な出会い

6月26日から30日:

 フリー・ザ・チルドレン・ジャパンに突然連絡来て。会ったことはないおじいさんから、フィリピンの視覚障害児共育促進事業に5万円のご寄附をいただきました。これで、9月末でなくなってしまうはずだった所持金は、10月半ばくらいまで持つでしょうか。
その方は、去年の10月に放送されたテレビ番組を見てくださってて(私はけっきょく見て無いんですけれど)、で、どういうわけか私がもっと大手のところで働いてると思われたらしく、大手の国際協力団体に何度も連絡が行ってたみたいなのです。
何度目かの連絡で、木曜日にたまたま対応した方が、FTCJに私がいることをご存知で、それでうちの団体に話しを回してくださいました。ありがたいですね、大事に活用させていただきます。

 また別の方からは、とっても嬉しいメールをいただきました。このブログ見てくださってるみたいで、7月3日のフィリピンからゲスト呼んでのイベントに、わざわざ九州から参加しようとしてくださってたんです。でもさすがに遠方なことなどで参加が難しくなったという連絡が最初だったのですが。
 7月3日のイベントは、日比NGOネットワークと言って、フィリピンを対象に活動しているNGOの集まりで主催しているので、かならずしもFTCJだけでやってるわけじゃないんですね。FTCJともう一つの事務局団体が、中心になってはいるんですけれど。
ある日、日比NGOネットワークのほうから、うちの代表者と私にメールが転送されてきていて。しかも代表者がすぐその方に返事出していたので、私は関係ないのかな、なんで私にまで転送してくれたんだろ?と不思議に思いながら開いたんです。
7月3日は参加できなくなりました、石田由香理さんにもぜひお会いしたかったのに残念ですと、いきなり名指しされてて私飛び上がる!何だ?何事?なぜ私を、そして私がFTCJにいることを、このイベントに参加するとそこに私がいるのを知ってるんだ?
そのメールを開いた時、私は視覚障害研究者の翻訳お手伝いのバイト中で、二人ともイヤホンせずにパソコン使ってたので、このメールやうちの代表者の返信などはその人と一緒に見たんですね。
とは言っても、仕事中だったので、メールの最初の方だけざっと見て、「えっと、これって私も返信したほうがいいんでしょうか」ってその研究者に聞いたら、「いや、代表者が返事出して完結してるんだったら、返信しないほうが言い」って言われたので、なるほどと思ってそのまま夜まで、改めてメールを開くことなかったんです。
寝る前に落ち着いてゆっくり読んでみたら、代表者が「後程石田からも返信させていただきます」って書いてて。おっと、私は返事出した方がよかったようです、遅くなりすみません。
 それで、返信させていただいて、翌日届いたとっても嬉しいメール。その方、盲学校の先生なんですけれど。
石田さんの活躍は、全国の盲学校の生徒や、盲学校教員の励みになりますって書いてくださってて、私朝の満員通勤電車の中で涙目になりあわててiPhone閉じました。

 以前高田馬場で突然、視覚障害者がやってるマッサージ治療院を訪ねてきたご婦人。知り合いなどに聞いて一つおすすめの治療院が分かったので、いただいてた番号に電話して、連絡先や住所などお知らせしました。
ところであなたは何してる人なのって聞かれて、NGO職員で、フィリピンの視覚障害者の教育支援事業を担当してますって答えたら、「そうなの?あの、ちょっと聞いてくださいますか?私の息子がね、フィリピン人の女の人と結婚して。私もフィリピンに行ったことがあるんですけれど」
何かの縁を感じるから、もしお時間ある時があったら、いつかお茶したい、また会いたいって、これ相手がご婦人じゃなかったらナンパになりそうな…、でもたぶんそういう意味では無く本当に、親しくなりたいと誘っていただきました。

 最近の三つの出来事、どれも不思議な、今まで知らなかった人から突然連絡来ての出会いなんですけれど…、大切にしようと思います。
posted by Yukari at 22:08| Comment(0) | 日記