2016年06月15日

サフラン賞の受賞者に選んでいただきました

6月15日:
 記事タイトルの連絡は、一昨日、月曜日には受けていたのですが、もう公表してもいいのかどうかが分からなくて。でも、もう一人の、チャレンジ賞の受賞者が、今日フェイスブックで発表していたので、私も公表してもいいのかなぁと思ってここに書きます。
 日本の若手視覚障害者で、職業自立していて活躍している人に、毎年男女一人ずつ贈られる賞があります。男性ならチャレンジ賞、女性ならサフラン賞です。
それで…、本当に私でいいのかなと今でも恐れ多いのですが、今年のサフラン賞の受賞者に、選んでいただきました。
 皆さんぜひ、インターネットで過去のチャレンジ賞、サフラン賞の受賞者一覧をご覧になってみてください。知ってる名前、沢山出てくると思います。そしてその業績見て、なるほど、こういう人たちが選ばれるんなら納得って思うはずなんです。

 だからこそ、だからこそ私が震え上がってるわけです。私でいいのかと。
これまでの受賞者の業績見ると、「若手」と言いながらも皆さん30代で受賞してて、つまりある一定のところまで上り詰めた後、何かしら達成して、完成形の状態で受賞してるんです。
絶対、どこからか批判来るって覚悟してます。石田でいいのか、早すぎるんじゃないか、まだ社会に出始めたばかりじゃないか、いったい何を達成したって言うんだ、未完成じゃないか…って思ってる人、きっといると思います。
20代での受賞者は、初めてらしいです、…ごめんなさい。過去の受賞者と比べると年齢が若すぎる、未完成過ぎることは本人が1番自覚していますので…、だから授賞式もちっちゃくなって参加しますので、どうか見逃していただけると、あまりいじめないでいただけると…、嬉しいです。

 私は、受賞した喜びよりも、「自分でいいのか」という戸惑いのほうがまだ大きいのですが、でも嬉しいこともありました。サフラン賞受賞をフリー・ザ・チルドレン・ジャパンのスタッフのライングループで伝えた時、「おめでとう」「さすが」などと数分のうちに5人以上からライン返ってきて。
 7月23日に授賞式があるのですが、そこに3人だけ招待してもいいよと言われていて。最初に私がお名前を挙げさせていただいた3人は、招待するまでもなく、すでにその式典に参加予定の方々だったみたいで。
私、本当なら、本当なら1番呼びたい人は、やっぱり高校時代の恩師なんです。高校生のころ唯一私の可能性や未来信じてくださった人、そこから何があってもずっと見捨てずに応援し続けてくださった人、私の育ての親だから。大切な人に順番とかつけたくないですが、でもこの先生だけどうしても世界で1番、特別ですから。
ただし、先生がお忙しいことは知っていて、石田の授賞式ごときに、お時間を取っていただくほどのものでもないな、かえってご迷惑かなと色々迷って。でも、たぶん先生の参加は無理ですが、それでも本当はお招きしたかったっていう気持ちだけでも伝えたくて、ダメ元で電話しました。
結論から言いますと、やっぱりその日はお仕事で参加は叶わなかったんですけれど。それでも先生が、「会場どこ?何時から?」などと聞いてくださって、先生なりになるべくなら時間合うなら出席しようとしてくださったんです。もうそれが、本当に嬉しくて。

 高校時代の恩師にはお招きしたかった気持ちだけ伝え、高3のころから浪人を経て今までずっと9年間お世話になっている、二つの点訳グループの代表者の方々をご招待させていただきました。
私のジュニア新書にも出てくる、お手紙やマフラーやチョコレート届いたり…、そんなエピソードに出てくる二人の方々です。
点訳者の方々は、いつもボランティアで助けてくださっていて、私はお願いするばかりで何も返せないから。感謝を本の中に書くとか、こうして授賞式にご招待するとか…、それくらいしか何もできなくて、心苦しいんですけれど。
 3人お招きできるのでもう一方。まだ連絡が取れていなくてお時間を取っていただけるか分かりませんが、やはりジュニア新書の高校時代に登場した「国語の先生」です。
もしお忙しくて参加は無理だったとしても、私がお招きしたかったっていう気持ちだけ伝えたいです。本当に、今私が生活していられること、今があること、上述した方々のおかげですから…。

 で?20代初のサフラン賞受賞者…、そんなかっこいいエピソードで私の周囲が片付く…、わけないんです!私もう、最初からやらかしましたからね今さっき。
そのチャレンジ賞、サフラン賞を主催している団体の月刊雑誌の7月号で、今年の受賞者と受賞者からのコメントを紹介するらしく。だから、受賞者コメントを書いてお送りしたんですね。
そのたった300時以内の文章において、石田由香理、日本語の使い方間違ってたんです!!「私では早すぎるのではないか、役不足ではないか」って書いた部分があるんですけれど。
担当の方からメール来て、「役不足」というのは、「自分の実力と比べて、役職の
ほうが軽すぎる」というのが本来の意味らしく、だからちょっと意味がちがうみたいなので「力不足」に直しますか?って教えていただいて。
うわぁー、もう恥ずかしすぎる、日本語危うくてすみません。これ、月刊誌に乗る時は正しい日本語のほうに直されているので幸い誰にも気づかれないわけですが…、やっぱり受賞コメントも正しく書けないような石田でいいのか?っていう、最初の問いに戻りますよね?

 授賞式本番には受賞者各自25分のスピーチあるんですけれど…、受章コメントから躓いたので、もはや1カ月前からお腹痛くなってきました。
たぶん何もかっこいいことは言えないというか、背伸びしても仕方がないので…、もう開き直って、このままで行きます。ただ、言葉幼くても日本語の使い方間違ってても、とにかく日頃応援して支えてくださってる皆さんに本当に感謝しているってこと、それだけまっすぐに伝えること目指します。

 「お前さえおらんかったら」とか、「どうせろくな就職先ないんやから高い金使って大学行って何になる」とか、「世の中お前が思ってる以上に障害者って邪魔なんや」と親に言われた高校3年から、もうすぐ9年になります。
タイムマシーンがあったら、私は9年前の自分に教えてあげたい。ちゃんと奨学金もらえて大学にも大学院にも行けること、ちゃんと就職できてるよ、そして今後9年で、支えてくださる方々は増えるから、9年たつころには何百人っていう方に応援していただきながら、授賞式の場に立てるからって。
この気持ち、1カ月後のスピーチまでに、何かもっとうまくまとまった言葉で、言い表せるようになるといいのですが…。
posted by Yukari at 23:35| Comment(2) | 日記

2016年06月08日

後輩からもらった力

6月5日〜8日:

 日曜日、約1年ぶりに元家庭教師先の生徒とランチしました。1年会って無かったっていうのも信じられないくらい時間早いのですが、もっと信じられないのは私たちが一緒に受験生してたのはもう3年も前なんだねと。
彼女に会う時いつも、ああ、自分なんかぜんぜん甘いな、もっと頑張らなきゃいけないなって思わせてもらえます。
現在も、2週間に1回しか休みがない彼女。すみません、2週間に1回休日出勤あるだけで若干めんどくさい気持ちになってた私…、言うのやめます。
 家庭教師として担当してたころから、二つのことに全力投球しながら、どちらも手を抜かない、言い訳しない、そして両立してるから大変みたいなことは一切言わずに黙々と頑張る彼女を、本当にすごいなって思ってました。後輩ですが、尊敬してる一人なんです本当に。
私が出した宿題が、終わりきっていなかったことは1度もなくて。でもお母さんに聞いてみたら、実は夜遅く帰ってきてからやって、当日の朝も早くから起きて宿題やってたこと、そんなの私には絶対言わない、言い訳しないので、そんなに忙しいって知らずにキャパシティ以上の宿題出してたことあります。
 3年前って、私が大学4年で、イギリス留学に向けたIELTSの試験勉強と、大学院出願書類の作成、卒論執筆、奨学金の応募書類作成などをしながら、家庭教師で受験生二人(週5クラス)担当してた時なんですね。
今考えると、よく乗り切ったなって思うんですけれど、それらをやり通せた1番大きい支えは、実は定期的に家庭教師を通して彼女に会ってたからなんじゃないかって思います。いい意味で受験生動詞ライバルだったのです。

 そんな姿は3年たった今も変わっていなくて、勝手に体力セーブしてる、勝手に忙しい気になってる自分…、後輩の前に出て恥ずかしくない生き方しよう、やれるところまでやってるって言えるようにしようって、改めて思いました。
 これから半年くらいは、忙しすぎる彼女に会うことはできなくて、その活躍をメディアで見ることくらいしか叶わないのですが、こういう人はみんなが応援したくなる、私もずっと応援し続けるからって、思ってます。
自分から何かを発信しているわけでもなくて、多くを語るわけでもないのに、見てれば分かる魅力的な人、いますよね。家庭教師を通して彼女と繋がったこと、ものすごく私の支えになってます。
いつの間にか、立場が逆転してる感ありますね?(笑)、こうして担当した生徒たちはみな手を離れ、成長して私を超えて行きます!!嬉しいですね。

 さて、そうやって、よし私も頑張るぞって意気込んだ翌日!月曜日は自宅勤務。早起きして、どうも体がだるい。いや気のせいだ、私は精一杯活動するんだとか思って、数時間日常生活を送るもだるすぎて断念!
午前10時ごろ、諦めて1度休憩と布団へ。2時間くらいして目が覚めたら、明らかに熱が有る自分!布団の中ポカポカ、そして腰やらお腹やら何となく痛くてだるいですし、何と言うか熱もそこまで高熱ではないと思うのですが、絶妙に動きが緩慢になる感じの症状です。
しかし、パソコン開いたら届いてる仕事のメール、当たり前ですね、勤務日ですから。メール返したり、外部に電話したり、だんだん上がってくる熱。月曜日って寒かったですか?昼間に窓閉めて、長袖着て寒かったの私だけ?
さらに、水曜日午前中に入ってしまった外部とのとっても大事なミーティング。そのミーティングまでに仕上げなければいけない資料…、その他もろもろやることが…、何か熱でフワフワしてきましたよ私。
 一応、火曜日午前中に、FTCJの事務局ミーティングがあってオフィスに出勤予定だったのですが、水曜日の外部とのミーティングのほうが大事なので、そこに体調を合わせて来てほしいから、火曜日の事務局ミーティングはライン電話で参加でいいよって言ってもらいました。
これ、嬉しい反面、その代わり水曜日までの資料と、その日は絶対万全にして恋ってことですからね?そのころ、月曜日夕方の私、長袖長ズボンで、毛布の上にタオルケットかけたような中にくるまりながら、寒いなぁと汗びっしょりになっておりました…、完全に熱あるじゃないか!!

 熱はさっさと挙げて、汗かいて終わってしまいましょう、火曜日の朝までに2回ほど着替えて。火曜日もまだ何かフワフワするのですが、とにかく水曜日のミーティングまでの資料作らなければと、若干朦朧としながら予算案とか書いてます…、大丈夫なのか?
さらにですね、タイミング悪いと言いますか、今日が初回授業の家庭教師先がありまして。これが普段から長く行ってるところなら、体調悪いのでと他の日に変えてもらえばいいと思うんですけれど。
さすがに、初めてお伺いするところで、初回から当日延期の連絡っていかがなものでしょ?今後の信頼性もかかってくるので行った方がいい気がする…、ただし自分が生徒に移しそうな症状だったら行かないほうが言い気もする…。今のところ熱や若干の腹痛だけで、喉の痛みやせきなどないので、風邪じゃない気もするんです。
 けっきょく、朝に一つ、午後に一つ痛み止め飲んだり何だかんだごまかして、夕方は家庭教師先で授業し、さらに帰ってきてから夜、資料の続き作りました。ほら、精一杯生きてるよぉ…、そういう意味じゃなかった気がするんですけれど。

 水曜日の朝には熱は下げて、いつも通りの体調でミーティングに持ってきたプロ意識!資料も昨夜12時ごろには揃いましたから。ちなみに外部とのミーティングって、私の1番の不安は名刺交換ですからね相変わらず。
うーん、まあ、でも。ちょっと大きな助成金を狙って、フィリピンにおける視覚障害児共育促進事業を一気に軌道に乗せる夢を一瞬見てたんですけれど私たち。
平たく言うと、「そんな事業計画じゃ受からないし、団体も担当者も経験不足ですよ」って言われて、事務局長と二人、現実の厳しさ直面しながらけっこうへこんで帰ってきました…、また熱出そう…。
はい、勉強します、研修受けます、相手にしてもらえる能力ある人材になれるよう、それをFTCJの組織強化にも繋げられるよう、頑張ります、今から。
posted by Yukari at 20:19| Comment(0) | 日記

2016年06月03日

7月3日のイベント、皆さん来て下さいね!!

6月3日:

 さてさて、私が最近関わっている大きなお仕事の内の一つ、私が隔週で日曜出勤な理由はまさにこれ!そういうイベントの内容がかたまってきたので、そろそろここでお知らせさせてください!
 7月3日にJICA地球広場にて、フィリピンから3人ゲスト・スピーカーを
招いてのイベントがあります。とくに中学生から20代くらいまでの学生や若者を主な対象者としたイベントなので、皆さんぜひぜひいらしてくださいね!
もちろん当日、会場に私もいます、表に出てるか、裏方やってるかはまだ当日の役割決まって無いので分からないですけれど。以下イベントの詳細です。

元ストリートチルドレンが語る開発途上国の子どもたち ー
フィリピンの現地リーダーを招いて

日時: 2016年7月3日(日) 10:30-17:30
場所: JICA地球広場(2階&6階)
(総武線・有楽町線・都営新宿線「市ヶ谷」から徒歩15分)
主催: 日比NGOネットワーク(フィリピンを活動対象国とする日本のNGOグループ)

 フィリピンから、3人のゲストを招きます。
・ 元ストリートチルドレンで、小学生の年齢のころから売春させられており、現在はソーシャルワーカーとして性的虐待に遭った女の子たちのケアをしているマーリーンさん。
・ 元ストリートチルドレンで、現在はストリートチルドレンに路上で教育促進活動を行っているジュード君。
・ 先住民族の子どもたちや、スラム街の子どもたちへの教育普及活動と、そのお母さんたちへの子育て・衛星教育を行っているハリエットさん。

 午前中は、この3人のゲストによる講演です(全て日本語同時通訳が付きます)。
 お昼休みの間、各NGOがブース展示を行うので、フィリピンに関連する様々なNGOの活動をご覧いただけます。

午後は、6.7つのブースに分かれて、トピック別に少人数で意見交換を行います。
トピックは:
@ストリートチルドレン・都市問題(ジュード君担当)
A性的搾取・人身売買(マーリーンさん担当)
B先住民族(ハリエットさん担当)
Cソーシャルビジネス
Dフィリピン籍の親を持ち日本で生活する子どもたち
 その他に参加者多数でグループ数が増えた場合は、
E 環境問題
F フィリピンにおける福祉・障害児教育(石田担当?)
を予定しています。ここも、フィリピン人が担当するブースは、私や留学経験のある大学生たちなど逐次通訳が付きますので日本語で大丈夫です。

 グループでの意見交換を通して、何か今後仲間を見つけて行いたい活動やさらに得たい情報などが出てきた人たちのため、16時半以降から交流会を行います。
※ イベント開始より1時間半早く来て、準備を手伝ってくださるとボランティア登録してくださった大学生は、参加費無料になります!

【参加フォームはコチラ→http://bit.ly/1O8f5eY
150人から200人規模を予定しているイベントで、すでに申し込み人数が100人に達しそうになっているので、興味のある方はお早めに!!

アジア・コミュニティ・センター(日比NGOネットワーク事務局)のフェイスブックや、私、石田由香理のフェイスブックでもイベントの詳細を紹介しています。
というより、高校生・大学生たちが中心になってイベントを企画して行っている様子や、少しずつ明らかになってくるイベントの詳細などが随時フェイスブックにアップされます!
 当日、会場にてお待ちしてますね。
posted by Yukari at 22:55| Comment(0) | 日記