2016年05月12日

フィリピンの副大統領選挙が気になる

5月12日:

 本題に入る前に今日のちょっと嬉しかったできごと。今日は事務所出勤だったのですが、勤務を終えて帰り道、午後7時過ぎ、乗り換えの駅にて。
50代くらいの助成が声をかけてくれ、ホームで一緒に電車を待っていたのですが、「お仕事帰りですか?」って聞かれました。え、それがどうしたって?
そりゃ皆さんにはあたりまえのことかも知れませんが。…よかった、社会人に見られたっていうのが私には奇跡的で嬉しいわけです。たいてい大学生、うっかりすると普通に高校生に間違えられますからね。
うちの団体、FTCJは「子どもによる子どもの支援」がコンセプトなので、日本の中高生を相手にイベントを行うことが多いですが、5月初旬のキャンプにおいても、中学3年生の子に「ねえ、何ちゃん?」と話しかけられてしまった私。
たぶんスタッフのほうだとは思ってなくて、中高生の参加者側のほうだと思われたに違いありません。でもさすがに自分より先輩だとは思ったのか、「あ、タメ語ですみません、ってか何歳ですか?」って聞かれたんですけれど…、答えられません、高校生に間違えられた後では、あなたより一回り年上だよだなんて。

 さて本題に入りましょう。日本はアメリカの大統領選には興味が有っても、フィリピンの大統領選にはあまり興味がないらしく、選挙速報を載せてくれているのは私が見つけてる限りでは産経新聞だけなような気がしています。
皆さん今から1.2カ月はフィリピンに行くのはあまりお勧めしません、大統領選挙前後のフィリピンは治安が悪化するからです。不正をしただのしなかっただの、色々と派閥争いが起きたり、主要道路が封鎖されたこともありますからね。
 5月9日に選挙が行われ、まだ最終結果は出ていませんが、開票の途中結果によると、大統領はロドリゴ・ドゥテルテさんと言って、いわゆるフィリピン南部の紛争地辺り出身の人が、ほぼ次の大統領確実になっています。
犯罪者に人権なんていらない、犯罪を犯した者は八つ裂きにしてやる…などと、色々過激な問題発言をしている人なのですが、とにかく犯罪者への取り締まりを厳しくすることでフィリピンの治安を改善するという主張が、たとえ過激であっても今のフィリピンには魅力的に聞こえてしまうようです。
その他、現在のアキノ大統領が後継者として指名した人など、他にももう少し温和な発言をしている人たちがいるのですが…、色々言葉を選んだ主張はインパクトも弱いですね。
ですが、まあ、どの人が大統領になってもあまりいい未来は想像できないらしく、私のホストファミリーなどは、今回の大統領候補たちが1番ひどい、史上最悪の選挙だと言ってます。誰かに期待して投票すると言うよりは、消去法ですね。

 ここまで書いておいて何ですが、私にとっては大統領の選挙はどうでもいいんです。気になるのはそろそろ開票の途中結果が発表され始めてきた副大統領選です。
たぶんフィリピンの国民も、とくに障害者や福祉に携わる者は、副大統領選の結果のほうが気になってるんじゃないかと思います。
 そして早速もめております!!途中結果で負けてる方のフェルディナンド・マルコスさんが、不正の疑いがあると集計作業を中止させて大混乱になってますからね今。まあフィリピンの選挙においては平常運転です(笑)
名字なら皆さんもご存知ではないでしょうか。昔独裁政権を敷いたマルコス大統領の息子さんです。お父さんフィリピンの悪役みたいに言われてるのに、立候補してくる勇気。まあマルコス大統領はちょっと最後調子に乗りすぎただけで、高速道路作ったりなどフィリピンの発展に寄与したことは間違いないんですけどね。
 で?注目したいのが、途中結果では1位になっている、レニ・ロブレドさん。今のアキノ大統領が副大統領に指名した人で、現在僅差で1位なんですけれど。

 彼女は、2012寝んに飛行機事故で亡くなった、ジェシー・ロブレドさんの奥さんです。ジェシーさんも政府のかなり上の立場にいたのですが、彼のお父さんは全盲、さらにジェシーさんは5人兄弟なのですがその内3人が視覚障害者です。
1番上のお姉さんは健常者で、アメリカにおいて障害者へのリハビリテーションのお医者さんしてます。2番目と3番目が全盲、4番目がジェシーさん、そして5番目が弱視で、この人もフィリピンにおいて障害児へのリハビリテーションのお医者さんです。
このブログを2012寝んのころから見てくださってる人は覚えているでしょうか、2012寝んの12月に、私がナガという地方へ行ったことを。ここはロブレドさんの出身地で、ロブレド・ファミリーからの資金援助によって、地方なのにナガの福祉は首都圏に負けないくらい整ってます。
ジェシーさんの全盲のお父さんが、昔ナガの市長だったことや、今でもジェシーさんのお姉さん、お兄さんに当たる全盲の二人が、視覚障害者の教育支援をする団体を立ち上げていて…。フィリピンで唯一アメリカの力を借りずに視覚障害児教育が行われている地域だと言っても過言ではないです。
 もしジェシーさんが生きていたら、フィリピンの福祉を変えてくれたんじゃないか、ジェシーさんなら障害者の声を政府に届けてくれたんじゃないかって、フィリピンの視覚障害者たちは思ってます。
親族に障害者がいることは公表していなかったようで一般の人達は知りませんが、それでも私のホストマザーや周囲のフィリピン人たちは、ジェシーさんだけは他の政治家とは違う、本当にいい人だった、国民側に立ってくれる人だったとみんな大好きです。だからこそ今でも、彼の死は事故ではなく計画的だったのではないかと言われてます。

 あくまで奥さんなので、そんなロブレド家と血がつながっているわけではありませんが、今回そのジェシーさんの奥さんが副大統領になる可能性があるわけです。もうフィリピンの視覚障害者としては大興奮ですって。
奥さんならば、少なくともジェシーさんの兄弟やお父さんなどの視覚障害者たちに直接会ったことがあるはずです、関わったことがあるはずです。ロブレド・ファミリーの出身地であるナガに行ったことがあるはずです、そこの福祉状況を見たことがあるはずです。
お願い、ずっと後回しにされる福祉関連の問題の優先順位上げてほしい、政府の幹部で、障害者の状況直接知ってるのは…、きっと彼女だけでしょう。教育を受けてる障害者少ないので、日本以上にエリートに声を届けるのは難しいです。

 ってか、もしジェシーさんの奥さんが副大統領になったら、フィリピンにおける視覚障害児教育促進事業として、フィリピン大学だけじゃなくて、ナガのロブレド・ファミリーが立ち上げた団体と組んでプロジェクトやることも一つの手かなとちょっと思ってる私です。
ロブレド・ファミリーの3人の視覚障害者たちには全員3年半前に会ったことが合って、2番目であるお姉さんや5番目の妹さんとは寝んに数回メールのやりとりをしているので、協力関係を結ぶことは可能だと思います。
そのまま1位をキープしてほしい、ジェシーさんの奥さんが副大統領に無事選ばれることを…、フィリピンの視覚障害者たちと共に祈ってます。
posted by Yukari at 23:06| Comment(0) | 日記