2016年04月30日

失ったものが大きすぎるかも知れない

4月30日:
 最近ブログ更新が少なくてすみません。その理由をお話しします。
視覚障害者コミュニティにはそろそろ広がり始めている、どうも最近石田由香理の調子が良くないらしいという情報。ってかこのブログを定期的にチェックして上野人に報告してるのは誰ですか?まあ別に、閲覧は自由なんですけれど…。
 さて、私の調子が悪い説は本当です、どちらかと言うと精神的に。たぶん原因の8割ほどは去年度にあります。周囲から「ストレスは時間たってから来るから気を付けてね」って言われてたんですけれど、なるほど調子が悪くなり始めたのは3月末からでした。

 フィリピンで働いてた時、最後2カ月ほどは、同僚がストレスから片耳聞こえなくなったり、口唇ヘルペスできた人いたり、病院行ったらカウンセリング受けるよう勧められた同僚がいたりなどなど、色々と人が壊れて行くのを見ました。
そんな中では私は軽傷な方で、まあ寝ても寝ても起きた時体だるいとか、三半規管何となくおかしくなってて車乗ったら10分以内に気分悪くなるとか、メールの文章が以前より支離滅裂(ちゃんと書くのが何となくめんどくさい)とか…その程度でした。
むしろ話しを聞くほうに回ってて、やっぱり自分は精神面はそれなり強いほうらしい…とか思ってました。
 3月半ばに帰国して、最初の1週間何も食べたく無くて。食欲がないというより、貯まったものは全て出してきれいにしたい気分と言いますか、うまく論理的には説明できないんですけれど。一緒に暮らしてた友達が3食分置いて行ってくれた食事、1日たっても1食分くらいしかなくなってなくて心配されたりしました。
 でも周囲から見たらおかしくても、本人はまだフィリピンから続く変な精神状態の中にいるので元気なんです。3月19日に全ての仕事を終えて、その後関西へ行き。

 本当に調子悪くなったのはその後です、ちょうどブログ更新の頻度が減った時期からと一致するでしょ?無気力と言うか、たとえ予定があっても体がだるすぎて起きられないんです。私、普段なら予定に遅刻するとかドタキャンするとかはめったにないんですけれど。
精神的に起きられないとか本当にあるんだぁと。なので予定あっても自分が本当にそれを果たせるか不安なのでなるべく人に会う予定入れないようにして、オフィス出勤がある前日の夜は自分が出勤できるかドキドキします。
現在は事業の資金が限られている結果、交通費節約のため私は自宅勤務で、オフィス出勤は週1回くらいなので成り立っているのですが、これそもそも仕事続けられるのか?っていう話ですし。
 実はですね、何となく皆さん想像はついているかと思追うのですが…、たぶんフィリピンへ渡航すると状態が悪化する予感がするのです。フィリピンのせいじゃないですよ、去年度の記憶がよろしくないです。
 私にとって、フィリピン行くと調子悪くなるなんて絶対認めたくない、あんなに好きだったはずの国、フィリピンのほうを拠点にすることさえ考えてた国…、自分がもうフィリピンだめかも知れないのが何よりつらいです。

 大学1年以来、雑誌でももちろんこのブログでも、そしてジュニア新書でも作文でも大学のレポートでも奨学金の応募原稿でも、とにかくフィリピンを型って今を築き上げてきた私なので、石田由香理からフィリピン取ったら何が残る?…ですからね。
ある意味、助成金が今回受からなくて、次のフィリピン渡航まで時間があいたのはよかったのです、体調を回復させるために。ちゃんと回復してからなら、FTCJの職員として渡航すれば、何事もなく前みたいに大好きな国で自分らしく楽しめるかも知れないですから。
 じゃないと前も後ろも見えなくなります。大学院で教育開発学んだのは、将来フィリピンに戻るため、最終的に研究者になりたいのは、もちろんその時のフィールドはフィリピンの障害児教育。
もし私が今、フィリピンで暮らしていけなくなったら、渡航したら調子悪くなるのが続いたら…、イギリス生活を耐え抜いた意味も、大学院へ行った意味も、将来目指すものも、何もかも分からなくなりますから。

 あまりに調子悪くて生活に支障を来すようになり始めたので、先週は高校時代の恩師に会っていただきました。最終手段の特効薬とも言える、どんな病院行くよりも私を回復させてくれるのです。
いつもは私の話しを聞いているのかいないのか、途中でパソコンのメールチェックしたりする先生なのに、今回真剣に1時間も向き合ってくださって…、でもある意味それだけ自分が重傷に見えるんだなって気づきました。
恩師に会っていただいたことで、4月前半よりは1段階回復しているのですが…、それでも本調子じゃないので、ネガティブな情報を発信しないよう調子が悪い時はブログ更新を控えております。
もう少しすれば元通りかも知れないので、もう少々お待ちください。
posted by Yukari at 19:40| Comment(0) | 日記