2016年04月10日

転職しました

4月4日〜8日:
 去年度所属していた団体を3月いっぱいで退職することは以前からお話ししていましたが、さて私の4月からの転職先はどこだと思いますか?多くの人達が聞いたことがある名前です!
4月からは、認定NPO邦人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)で、フィリピンにおける未就学視覚障害児教育促進事業のプロジェクト・マネージャーとして働きます。FTCJは私たちのジュニア新書にも出てきた、私を1番最初にフィリピンに連れて行ってくれた団体です。
けっきょく、戻るべきところに戻ったと言いますか。6年前から会員として関わっており、大學3年の夏休みには1カ月インターンもさせていただいたので、スタッフはみんな私のこと知ってますし、むしろ何人かのスタッフの家には泊めていただいたことさえあるので、新しく入ったっていう気はあんまりしません。
学生時代から知られてるので、事務所でも、私より5歳以上上のスタッフたちからは「由香理」と普通に呼び捨てにされてる、まあそういう感じで気楽です。

 4月4日が初出勤で…、事務所行ったらスタッフの一人が7カ月の赤ちゃん連れて来ててびっくりしました。ミーティング中もお昼ご飯食べる時も、スタッフの誰かがかわるがわる赤ちゃん抱っこしてる感じで。今回の職場は、仕事と家庭を両立してるスタッフが多いです。
ちなみにその次の出勤の時は、行ったら5歳の男の子がダンボールで電車の駅作ってましたからね。この子どのスタッフの子?みたいな。何かアットホームです。
そのお母さんは、幼稚園向けの問題集(?)の問題を読み上げて、子どもが問題解いてる間に私たちに団体説明をし、また問題を読み上げては説明に戻るという器用なこと成し遂げてました。
 前の団体しか職場を知らない私にとって、他の事業の会計報告の詳細などまでちゃんとシェアされてることとか、問題点含めてオープンにしてみんなで話し合って考えるところとか、色々新鮮です。

 テンション上がったのはとってもきれいな名刺を渡された時でしょうか。去年までは、経費節約(?)のため、厚紙に名刺を印刷して、インターンさんたちが地道に切り分けてたんです。
それはそれで手作り感あっていいのですが、どうしても素人の手作りには限界があります。それに厚紙なので水分を吸いやすくて、何だか見た目が古びた感じにすぐなってしまいます。
 FTCJは業者に頼んでるみたいで、トランプみたいにきれいな紙で、箱に200枚ぴしっと並んだ、水色に強調すべき文字はオレンジで印刷された、とってもきれいな名刺渡されました。私の分はこれに点字書いて、名刺入れに入れた時、何だか新しい教科書をカバンに詰めた新学期の気分になりました。
 そしてそして!去年の役職は「プロジェクト・オフィサー」つまりたんなる平社員だった私。今年度からは「プロジェクト・マネージャー」に格上げです!!とは言っても、これってIT業界などならプロジェクト・マネージャーは10年くらい働かないとなれない偉い立場らしいんですけれど。
ほとんどのNGOは、事務局長、プロジェクト・マネージャー、プロジェクト・オフィサーそして無給のインターン(たいてい学生)の4段階しかないですからね。新しい事業が立ち上がってそれの担当者になった瞬間プロジェクト・マネージャーですから、別に社会人1年目でもなれます。
 そんなこんなで、新しい職場での勤務が始まっているのでした。
posted by Yukari at 17:15| Comment(0) | 日記