2016年01月31日

こういう時どう対処する?

1月28.29日:
 前回、前々回に引き続き、アジア比較教育学会の中でのちょっとしたエピソードを書いていこうと思います。

 学会の中では、8個の教室に分かれて主な発表が行われるため、セッションの度に部屋を移動する必要があったり、食事やおやつなどは基本的に各自で取りに行く形式だったりなどで、私は常に誰かと一緒に行動していたい雰囲気の場所でした。
そんな中、確率としてはもっとも多く私を連れて歩いてくれていたのが、博士課程の日本人男性で、以前にもインクルーシブ教育勉強会で会ったことが有る、むこうも途上国の障害児教育を専門としている人です。

 さて、28日のディナーの時、各自で食べ物を取りに行く形式なのですが、その人が私を連れてレーンに並び、私用のトレイをまず持って、どんな食べ物があるか説明しながらよそってくれてたんですね。
そんな様子を見た日本人の先生が一言、「●●君、えらいね、石田さんのことちゃんとケアしてあげてて」。これをおっしゃった先生は今回私と初対面で、数言しか交わしたことがない人です、一応「ボランティア論」など教えてるらしいですが……。
私を手引きしてくれてた人は明らかに気まずそうな反応してて、食べ物を取り終えてその先生などもいるレーンから少し離れて席へ戻る時、「何か…ごめんね」と。言いたい意味は分かるので、私は気にしてないですという意味を込めて笑顔で返すのですが、互いに何だか気まずくなるのは否めません。
 その後、席に着いて食事を始めてからしばらくした時、手引きしてくれてたその人が、さっきの話しを改めて出してきて。「俺別に、ケアしてるつもりとかないし、面倒見てあげてるとかそんなつもりじゃないんだけど、周りはああいう風に言うから…」
ちょっと返答に困った私はポイントをずらして返します。「まあよくある話ですよ。大学の時に私と友達で出かけてたら、道聞いてきたおばさんが、その友達に、土曜日までボランティア活動してえらいねぇって言ってたことありますからね」
「ああいう時にさ、何かいい返答法ってないのかな」…と言われたのですが、そう言われると私は、こういう状況かでの返答法は考えたことがありませんでした。

 さて、このブログを読んでくださってる皆さんの中には、障害者や福祉関連のお仕事をなさっている人たちが沢山いるだろうと予想してます。本人たちは平等な友だち関係のつもりで、障害者と健常者が何気なく一緒にいる時に、
周囲から「面倒見てあげててえらいね」などと、彼らにとっては悪気なくそう声をかけられた時、その相手に対して、反論では無く、関係を悪くすること無く、「私たちは平等な友だち関係ですよ」と返答する方法はないでしょうか?
これはね、たぶん障害者側が言うと痛いので、健常者側に言ってもらうしかないんですけどね。
 いいえ、正確に言えば、ビュッフェ形式でトレイを持って移動するなど、明らかに視覚障害者が不利な場所では、面倒を見てもらっているというその構図はあながち間違ってはいないんですけれど。
ただ、私たちが能力を十分発揮できる場所ではそのお返しをしていることもあって、本人たち同市はそのギブ&テイクを認識しているのですが、周囲は障害者が障害者らしくいる瞬間を、ここぞとばかりに見つけてるだけなんですけどね。

 その反対で、理想的な関係性ができあがりつつあるのが、フィリピン大学の教育学部の先生方の接し方です。
私の家から今回の学会の会場までは車で片道1時間半くらいかかるので、行き帰りは、主催者代表でもあるフィリピン大学の先生が、タクシーでうちの家に寄って、私を一緒に連れて行ってくださってました。
でも、まあこの先生は主催者側で忙しいということもありますが、会場に着けば別にずっと面倒見てるわけでもなく、誰かに任せてその先生は自分の持ち場へと行きます。その先生の元学生で、今は研究者となっている人たちなどが、何となくおやつの時間の時に私がちゃんと飲み物などもらえてるかを気にかけてくれてたり。
教室移動で込み合ってるエレベータに乗った時、「あら由香理じゃない、こっち余裕あるからおいで」と、主催者のもう一人の女性の先生が、エレベータの奥の方のスペースに引っ張り込んでくれたり。
2日目の内容が終わって帰る時になると、昨日一緒に来てくださった先生が、由香理はどこ行ったとさりげなく探してくださってて、また連れて帰ってくださったり。
誰かがつきっきりで面倒を見る、責任を持つとかじゃなくて、まあたまに忘れられてることもあるんですけれど、それでもフィリピン大学の先生方や研究員の人達が、かわるがわるさりげなく頭の片隅で気にかけてくれてて。
私が誰かと一緒に移動できてるかどうか、食べ物や飲み物もらえてるかどうか、何となく誰かが見てくれてるんです。自分の行動のついでで手が空いてる人がサポートしてくれるので、そこまで負担な感じでもないですし。
 今まで、お仕事の打ち合わせや会議参加などを通して何度かフィリピン大学の先生方と関わってきて…、たぶん私が伝えたいことが正しく伝わった、先生方がそのまま受け止めてくれた…、その結果、教育学部の人達とはかなり理想的な関係が築けつつある気がします。
そう思うと、けっきょく「どう返答するか」とかの言葉の問題じゃなくて、一瞬で解決する者ではなくて、初対面は「ボランティア活動ご苦労様」と言われても仕方がない、時間をかけてどう行動で示していくか…なのでしょうか?
posted by Yukari at 20:41| Comment(1) | 日記

なんで日本の学者って男性ばかり?

1月28日:

 これも28.29日に行われたアジア比較教育学会の話しの続きです。学会そのものと言うより、休憩時間のちょっとしたエピソードを色々書いていきます。
 普段、あまりジェンダーとか何とか気にしない私ですが、今回、学会の休憩時間にお手洗いに行きたい時に、日本から来てる研究者のほとんどが男性であることに気づきました。
セッションの教室移動の際などに、手引きをしたりなどもっとも一緒に動いてくれたのは博士課程の日本人なんですけれど、まず彼が男性なのでお手洗いに行きたい際には互いに困るわけです。
そこで女性を探すわけですが、日本から来ている先生方は私たちが知ってる人は全員男性。日本人の知り合いで女性って、私にとっては初対面の二人だけでしたからね。今回の学会には西村先生はいらしてません。
 逆にフィリピンでは、肉体労働が男性の仕事で、教員や研究者などは女性が多い仕事なので、フィリピンからの参加者は大部分が女性です。

 さて、お手洗い関連で、もう一つ私たちにとって大爆笑だったエピソード。これ、それぞれの先生方を知らない読者の皆さんに、どこまで伝わるでしょうか?
 1日目の午後、1時から3時までのセッションが終わって、おやつ休憩に入ります。みんな各教室から出て来て、ロビーのような、建物のちょっと広くなってるところに、クッキーやパンやコーヒーやジュースなど置いてあって自由に取る形でした。
これっていわゆる立食パーティーみたいな感じで、研究者たちにとっては、前のセッションで発表していた人や、自分がお近づきになりたい有名な人などのところに行って、名刺交換をする場なんですね。
日本人参加者たちは、せっかくフィリピンにいるのに、日本人同士で挨拶するのが大事なようです。けっきょく多くの人は、国別にかたまってしまっていると言うか。したがって私も、日本人たちが集まっている場所に置かれていました。
このおやつタイムが終わった後、3時半からのセッションが私で、これまたインクルーシブ教育や障害児教育などに興味がある日本人たちは、みんな来るって言うんです。いや知り合いの前で発表したくないですから。しかも私の発表は、フィリピンの未就学障害児を探すのに協力してくださいって最後に言うので、主な対象者はフィリピン人ですからね。
 今回の学会でものすごく不思議だったのは、日本人が発表してる部屋には日本人が多く集まってますし、中国人が発表してる部屋には、その知り合いばっかり集まってるんです。なんで?だったらそれぞれの国でやればいいじゃないですか。
日本にいたら聞けない人の発表を聞きに行くのが国際学会の醍醐味でしょ?私はむしろ、フィリピン人の発表聞きたいんですけれど。まあそれ以外の国は、障害児教育でない限りは興味ないですが。

 さて、話しを戻しましょう。おやつを食べていて、そろそろ3時半なので、発表の教室に移動しなきゃいけない時間になってきたんですね。私は隣にいた日本人の助成に「移動する前に、お手洗いに連れて行ってもらってもいいですか?」と頼みます。
それを近くで聞いてた男の先生が、「俺が連れて行ってやろうか」といつもの調子でわざと言います。他の人なら絶対セクハラ認定の発言や行動も、完全に冗談だと分かってるその大っぴらな感じから、この先生なら許される雰囲気です。初対面の時から、俺の由香理が何だかんだって言ってましたからね。
私を手引きしようとしてたその女性から「先生セクハラです(笑)」と言われ、それでも懲りづに、「なーんだ、俺が中まで丁寧に案内してやるのに…」、分かった分かった私たちは行きますよ。
と?私たちが人ごみから抜けようとした時、もう一人の男の先生が、「あ、行きますか?僕も行きますよ」と、私たちに付いてこようとしたんですね。
ちなみにこの先生は、冗談など言う人ではなくて、真面目なキャラです。絶対、私たちとさっきの先生とのやりとりは聞いてなくて(たぶん他の人とそれまでしゃべってて)、私と女性が3時半からの発表に向かうんだと思ったのです。それで、私の発表聞くために、置いて行かれまいとしたんですね。
それにしても、さっきのやりとりの後なのであまりにもタイミングがよさすぎる!!「先生…、それちょっと…困ります」と女性のほうが言って、「私たちの行き先お手洗いですよ」と私。
「あ、え?え?…えっと」真剣に焦ってる先生をしり目に、私たち二人は爆笑しながら人ごみを出ます。いやー「僕も行きますよ」のタイミングがよすぎて面白いです、行き先が女子トイレだと分かってたら絶対そんなこと言わないキャラの人ですからね。私たちがこうしてからかってる先生も日本の教育開発ではすごい偉い人です。
posted by Yukari at 04:09| Comment(0) | 日記

アジア比較教育学会

1月28日:
 お久しぶりです。1月28日から29日にかけて、アジア比較教育学会が行われ、フィリピンの都市部に宿泊してました。荷物になるので、パソコンは持って行っていなかったのと、前日の27日は、2日間仕事や論文や色々から離れるので、その準備でバタバタしてたりで、ブログ更新が滞ったのでした。
前回の、10月にオロンガポで行われた会議に招いていただいた時は、まだ入社5ヶ月で有給休暇が取れなかったので業務として行かなければならず、そうすると「三日間の会議で写真50枚撮ってこい」という、全盲の私にいったい何を求めたのか謎な支持が出たりして面倒だったので、今回はもう有給が取れることもあり、完全にプライベートで参加です。
 アジア比較教育学会は2年に1度行われているらしく、今回の主な主催者は、フィリピン大学の先生方と日本の先生方二人で、みんな私の知り合いでした。だから、学会を見学させてもらえませんかって先月聞いたら、すぐにOKが出たんですね。
それだけじゃなくて、普通に参加すると100ドル(12000円くらい)を払わなきゃいけないらしくて、主催者がゲスト・スピーカーとして呼んだことにすれば無料で参加できるからと手配してくださって…。
そんなこんなで、別に研究が素晴らしいからとか業績有る学者だからとかぜんぜん関係なく、参加費を無料にしてあげるためにっていう理由で、私のゲストスピーカーが決定しました。
 でも私としては、いやいや冗談でしょ、学会というちゃんとした場で、しかも日本から知り合いも来る場所で、私は前に出たくない…、私たんに見学したかっただけなんですけどと、もうこの日まで、発表が嫌で嫌で仕方がなかったのですが。

 10月のオロンガポで行われた会議は、フィリピンの小学校や高校で教えてる先生方が主な参加者だったので、別に理論に基づいた難しい話しとかする必要無くて、事例を基にフィリピンの視覚障害児教育の現状を話して、未就学児への教育支援が必要なんですって訴えかければよかったんですね。
でも今回は、300人中フィリピン人は半分だけ、日本人50人、その他の外国人100人ほどっていう割合で、ほぼ全員大学教授もしくは博士課程在学者です。2年くらい前に、熊本大や早稲田で行われたインクルーシブ教育勉強会にいらした先生方など、私の知り合いもけっこう来ます。
嫌ですよぉ、私そういうメンバーのところで前に出たくないですよ。ってか半年前に修士課程終えたばかりとかたぶん私だけですし。今回は適当なこと言うと、根拠はとか具体的にとか論理がどうとか違う意見の文献もあるとかつっこみ怖いですし。
 発表嫌すぎて、前日まで何も準備せずに、当日相変わらずの私のやり方で、パワポもレジュメもなしにアドリブでしゃべることとなりました。

 しかも、これが相変わらずのフィリピンの適当さなんですけれど、メインの主催者の一人であり、私と一緒にプロジェクトを実行しようとしているフィリピン大学の先生から、私の発表は2日目の29日って聞いてたんですね。
でも、学会前日の27日の夜に、日本から来ていた博士課程の人とフェイスブックでやりとりしてて、「石田さんは明日発表だね」って言われて私びっくり。「え?明日なんですか?」と。
その人が改めてプログラムを確認して送ってくれたのですが、確かに28日の3時半からのセッションとなってます。…いや聞いてないし。1日目だったら今日準備しなきゃいけないじゃないか。もう前日の夜9時ですし。
 翌朝迎えに来てくださったフィリピン大学の先生に、若干のもんくも込めて、「私、自分の発表29日って聞いてたと思うんですけれど、今日なんですか?プログラムによると、今日の午後って書いてあるらしいんですけれど」って言ったら、
「え、そうなの?ちょっと後でプログラム確認してみようね」だそうです。あなた主催者代表でしょ。ちなみにこの先生の発表は2日目の29日の午前中だそうです。

 この先生がやってくださったことはもう一つあって、私の発表が28日の3時半からと分かった後、「君が発表の時は君の部屋に聞きに行くね」とおっしゃってたんです。参加者は300人なのですが、全員が集まる広間で行うセッションはほとんどなくて、たいていは8個くらいの教室に分かれて行われていました。
一つのセッションが1時間半で、8個の教室に各グループ4人か5人の発表者がいて、一人当たりの持ち時間は15分。つまり1時間半の間にだいたい40人くらいが発表することとなり、そういうセッションが2日間で5回あります。だから300人の参加者の大部分が発表者なんですね。
 ところで、私は先生が絶対来てくださるものだと思って、密かに楽しみに先生の姿を探してたわけですよ。なのに、けっきょく私たちのセッションのその場に、先生は現れなくて。ああ、忘れたに違いない、あるいは有名な人だから途中で誰かに話しかけられて捕まったかなって思ってたんです。
28日の夕食時に、先生を見つけたので、「先生…、セッションの時来てくださるって思ってたのにぃ」と冗談で不満をにじませます。
「いやー、ごめんごめん、聞きに行くつもりだったんだけど、君と同じ時間帯に別の部屋で僕も発表者だったみたいなんだよ」…??「え?今日だったんですか?先生の発表明日じゃなかったんですか?」
「明日だと思ってたんだけど…、今日だったみたい。いやーびっくりした。聞きに行けなくてごめんね」だそうです。大丈夫でしょうかこの主催者?

あ、これでも、ものすごく偉い人ですよこの先生。フィリピンでは、ゲストで呼ばれて発表などした後に、サーティフィケートと言って、証明書みたいな物が贈呈されるんです。主催の代表者から贈呈されて、それを持った状態で記念写真を撮るのですが。
この証明書に書かれている代表者名などが、このフィリピン大学の先生ですし、開会の挨拶や閉会の挨拶など、ここぞという時にスピーチする1番偉い人です。でも、これほど発表者が多い国際学会だと、先生も自分の発表時間がいつかさえ分からなくなってたみたいですね。
posted by Yukari at 03:19| Comment(0) | 日記