2016年01月26日

4時起きで論文を書く!

1月26日:
 皆さん明日はミスタードーナツへ行く日ですよぉ(リマインダー)!

 さて、ようやくスイッチが入って、本格的に昨日くらいから論文を書き始めました。この時問題になってくるのが体力と時間です、ってか眠い。
昨日じゃなくて一昨日から書いてたんでしょうか?日曜日の夜中3時くらいまでやっていて、月曜日の朝8時前に起きて…、眠すぎる。もはや今からお仕事っていうテンションじゃないですよこれ。
 こういうこともあろうかと、エナジードリンクを買い込んであるわけですが、こういうドリンクって缶ジュースになってて、1回開けると飲み切らなきゃいけないというか、オフィスに持って行くのにむいてません。
なので、エナジードリンクをペットボトルに詰め替えて、持って行ったんですね。ところで、こういうドリンクって、炭酸が入っているわけで。そのペットボトルをバックパックに入れて、オフィスへ。

 朝早めに行ったので、日本人の先輩一人だけしかまだいなかったのですが。徒歩で持ってきた炭酸ジュースは泡立ってるだろうなぁというのは予想していたので、私も慎重にペットボトルの蓋を開けます。少し開けたところで、シューっと空気が漏れた、ここまでは分かりますね?
そして次の瞬間、「ポン!!!」?けっこうびっくりする音とともに、見事に吹き飛んだペットボトルの蓋!幸い、ドリンクの中身そのものは吹き出してません。
 オフィスは、三つのスペースに分かれてて、もう一人の先輩は私とは別のスペースにいたのですが、そっちまで十分聞こえる大音量なので、「大丈夫?」って声かけてくれて。
「炭酸入ってたペットボトルの蓋開けようとしたら、蓋飛んでいきました。あの、すみません、ちょっと、蓋がどこまで飛んで行ったか見つけてもらってもいいですか?」「やっぱり?そうなったと思った」蓋は、私が座ってた席から2メートルほど飛ばされてました。
いやー、ペットボトルが圧力に耐えてくれててよかった、鞄の中で破裂しなくてよかった。エナジードリンクを移し替えて持って行く時は、要注意です。
しかも、何課その「ポン」の瞬間に炭酸一気に抜けたらしく、その後まったくシュワっと感のないたんなる砂糖水になってました。何なんだ?

 お仕事終わった後は疲れててもう集中力ないので、帰宅してご飯食べて、夜は9時前からいい子に就寝(早すぎる)。そして今朝起きたのが3時半。
現在フィリピンはもうすぐ朝6時なのですが、4時からパソコンに向かってます。4時から論文書くっていうのは、修論の追い込みに入ってた最後1カ月の日課でしたね?
 えっと修論のショートバージョンのほうは、いまだに30ページくらいあるのですが、ちょっとこの企画を取りまとめていらっしゃる先生に、最長で何ページまでだったら書いても許されるか改めて聞いてみようと思って、下手に短くする前に。
それより何より、怖いから確かめたいのは、色々…、何て言うんですか?著作権みたいな問題です。修論は出版されたわけではないですが、1度世に出たものなので。それのショートバージョンを改めて本に載せる場合、どうすればいいのか…みたいな。
どっちも私が書いたものなので、他人の著作権侵害とかにはならないんですけれど。結論の部分などに、修論では書かれてないことを付け加えたりしなきゃいけない可能性があります。
 今朝から書いてるのは、ウォーノックの「インクルーシブ教育」についての言い分をまとめるほうの論文です。えっとですね、文字数チェック。現在1575ワーズだそうです。20ページくらいの論文にしようと思ったら、だいたい6000ワーズほどなので、現在4分の1完成でしょうか。
 ね?何か先が見えてきたでしょ?6週間後くらいの締め切りまでに、何となく間に合いそうな感じになってきたと思いませんか?1本は量を3分の2に減らしたり手を加えるだけ、もう1本は4分の1完成ですよ。
posted by Yukari at 07:06| Comment(0) | 日記