2016年01月22日

久しぶりにイギリス思い出す

1月22日:

 めったに夢など覚えていない私なのですが、今朝は珍しく覚えてる、不思議な夢を見ました。日本では有名な、とある視覚障害者関連施設の中にいたんです。まあこれは、最近お仕事で、ここの関係者とやりとりをしているから…だと思うのですが。
で、本当ならば、ここの建物はそこまで複雑ではなくて、入り口もたぶん一つしかないんですけれど、夢なので、何やらものすっごく複雑な入り口が8個とかある建物で、私たちは帰りたいけど駅に近い出口が分からなくなってたんですけどね。
それで、建物の中で迷ってて、とある広場みたいなところに出た時、英語で声をかけられたんです。サセックスの、大学院時代のコースメイトの内二人でした。
何を話したかは覚えてませんが、自分の英語が完全にフィリピン使用になってしまってること(フィリピンで通じるスピード、フィリピンなまり、ときどき英語に交じるタガログ語などなど)を実感して、私これ、他の国ではやっていけないかもと恥ずかしい思いをしたことだけ覚えてます。
 目が覚めて、不思議だなぁと思って。なんで今頃、イギリス時代の人達が夢に出てくるのでしょ?

 それとは別件で、皆さん覚えていらっしゃいますか、私が修士号取得の証明書や成績証明書を受け取れないかも知れない事態になってること(笑えない)。
卒業式には参加しない人のために、卒業証明書の送り先を知らせるようにというメールが秋ごろ送られていたらしいですが、当時他にもまだサセックスからイベントのお知らせなどいらないメールがいっぱい届いてて、差出人サセックスを見ると削除する癖がついてたんです。
というわけで、知らずに消しちゃった!ところで卒業証明書ってどうやって受け取るんだろ?って思って、年末帰国した時に友達に聞いたら、私がこうして送り先を伝える期限を逃してたことを知りました。
 教育開発学科の事務局にメールしたのですが2週間待っても返事がなく、仕方がないから昨日、修論の指導教官にメールしたんです。
 久しぶりにイギリス時代の人の夢を見て、朝起きてメール開いたら、懐かしの指導教官から返事返ってきてました。さすが、こういう時にはすぐ対応してくれるのが、私の選んだ先生!!

 さて?ただし、事務局からは相変わらずこの件について返答がなく(昨日再送しましたし、指導教官からも改めて連絡してくれたのですが)、それで先生が、「もしかしたら、期限内に送り先を伝えられなかったから、来年の卒業生といっしょに発送になるかもね」って言ってます。
嘘でしょ?来年って、1年後?…私はそんなに困らないんですけれど、奨学金出してくれた伊藤財団に何て説明しましょ?ってか手元に修士号取得を証明できるものが何もないのはやっぱりまずい。
そもそも、前回はサセックスのメールアドレスがまだ機能してたから送り先を知らせろっていう連絡を受け取れたんであって、サセックスのアカウントが閉鎖された今は、私にはお知らせメール来ないから、来年も証明書を発送はしてくれないと思うんですけれど…。
えっと?すっごく嫌な予感がするんですけれど、これってもしかして、もしかして、自力でイギリスに取りに行くまでは、修士号取得証明書手に入らないパターンですか?いや、イギリスへの往復交通費、今の私の給料3カ月分だから無理です。

 そして、もう一つの偶然。何となくイギリスがらみで懐かしくなったので、イギリス滞在時代にお世話になった日本人二人に、半年ぶりくらいにメールしたんですね。そうしたら、返ってきたお返事に、昨日(本当に昨日)たまたま石田さんの話しをしていて…と。
この不思議。昨夜の夢が、たまたまとは思えない不思議な偶然。

 さらに偶然!!先に書いた修論の指導教官から最初に来たメールに、「フィリピンでのお仕事はどう?」って書いてあったので、未就学視覚障害児向けのフリースクール立ち上げを考えてます、のような返事をしたんですね。
そうしたら、ちょうど現在、この先生が今1番注目してる研究分野が「未就学児への教育」らしくって!!しかも(絶対私の影響だと思うのですが)、ウガンダにおける視覚障害児教育のプロジェクトに関わり始めたらしいです。
国は違えど、いろんな意味で共通点があるから、ぜひ連絡取り続けましょうねって言っていただきました。さすが私の指導教官(笑)
ってかこの先生が未就学児への教育方法など研究してるなら、私まずその研究結果を聞きたいんですけれど、本当に。こっちのプロジェクトの参考にするから!
 未就学児、視覚障害児教育…、色々被ってきた興味と研究分野。この先生、あと何年サセックスにいらっしゃるのでしょ?お子さんが私より年上なことだけ知ってます。3年くらいしたら博士課程に行こうとしてる私…、一瞬よぎった、この先生のところに戻ろうかなぁ…と。
いや待てよ?イギリスでしょ?あの寒くて人冷たいところでしょ?しかも博士課程って最短でも3年ですよ。そして、研究内容のプロポーザルを倫理審査委員会に出す時、委員会に出す前に指導教官チェックでひっかかって3度突っ返されたあの厳しさ。
先生の審査さえ通れば、あとは委員会の内容チェックも、そして修論の最後の審査も、そんなの何の問題も無く通過した…、1番の壁は指導教官だったっていう、あの指導再びかぁ…と。まあ、とりあえずあと3年くらいのんびり考えましょう。

posted by Yukari at 21:33| Comment(0) | 日記