2016年01月10日

「学ぶ権利」であり同じ環境で学ぶ権利ではない?

1月10日:
 相変わらず、論文書くために朝から本を読んでおります。ちなみに、現在私が一生懸命読み込んでいるのは、『イギリス特別なニーズ教育の新たな視点ーー2005年ウォーノック論文とその後の反響』で、これは二つの論文と一つの手紙を1冊の本にまとめたものです。
元は英語の文章ですが、第1章になっているウォーノック論文の原本のタイトルは、『Special Educational Needs: A New Look』と言います。日本語版は点訳されていて無料で手に入れることができます。
英語版の原本は、これを日本語に訳した人の一人から第1章のウォーノック論文の部分だけはもらえたのですが、第2章のノーウィッチの論文、そして第3章のノーウイッチに対するウォーノックの返事の手紙…の部分は、英語の元文章が手に入っていなくて現在探しています。
そもそも、元の英語タイトルが分からなくて。私が執筆する論文が英語なので、英語の元文相がないと引用に使えないんです。
卒論提出後2カ月、11月半ばで私のサセックス大学のアカウントがクローズされてしまったので、今ではサセックス大学のオンライン図書館などが使えなくなってしまったのです。クローズされる前に、ありとあらゆる文献をダウンロードしておけばよかった…。この本がサセックスで手に入るかどうかは知らないですけれど。
 簡単に言ってしまえば、一般的には「インクルーシブ教育を最初に提案した人」だとも思われているメアリー・ウォーノック自身が、その提案から約30年後くらいに出した本で、
「自分が1978年に言ったことと、今のインクルーシブ教育の状況は同じではない。自分はこういう状況にしろとは言って無い、むしろ全ての子どもを一般学校で学ばせようとする今の状況間違ってるから、政府は早く調査委員会を立ち上げて現状を見直した方がいい」って言ってる論文が第1章です。
第1章で、1978年のウォーノック報告以降に寄せられた様々な批判や評価に筆者自身が2005年のこの論文で返答していたり、自分たちの30年前の提案はどこがまずかったのか、何が考慮されていなかったのか、これからどう改善していくべきなのか、なぜそう思うのかなどイギリスの社会状況や1970年以降の教育データに基づいて提案してます。
第2章では、ウォーノック論文や、その後のメディアや他の学者たちの反響を見たうえで、ノーウィッチという別の学者が、「みんなウォーノックの論文誤解して批判で騒ぎすぎでしょ、この人そんなに間違ったこと言って無いよ、むしろこの人の提案正しいよ」って意見を述べてたり、
「でも一部の議論は、もうちょっと検討する必要があると思う」とノーウィッチ自身の議論を展開しており、これに対して、ウォーノックが手紙で返答している部分が第3章です。
障害児教育を専門とする人ならかなり面白い、…がしかし同時にかなりマニアック(?)な論文なので、私自身大学4年の時に最初にこれを読んだ時は、半分くらいしか内容を理解できなかったような気がします。ウォーノックの主張は分かったんですけれど、細かい部分が理解できなかったというか。
イギリスの大学院に通って、イギリスの障害児教育の状況や教育システムも何となく理解した今、そして教育開発の現場(フィリピンにおける視覚障害児教育)にいる今、改めて面白いですこの論文。

 そして私が今回任されているのは、1978年のウォーノック報告と、そして2005年のこの論文とをひたすら読み込んで、最初にウォーノックが提案した、インクルージョンのための教育とはけっきょく何だったのか(現状と何が違うのか)、
さらに現在のようなインクルーシブ教育を見て、ウォーノックは何がおかしい、どうすべきと言っているのか、政府や社会は「インクルーシブ教育」の意味をどう勘違いしてしまったのか、…それを分野外の人でも分かるように、ウォーノック論文を改めて説明する論文(?)を書くことです。
ウォーノックの発言そのままのほうがもちろんいいわけですが、ちょっと専門的過ぎて、障害児教育を専門としている人、あるいはイギリスにおける教育に精通している人じゃないと、完全には分からないので、インクルーシブ教育を国際的に推進しているUNESCOの職員などではたぶん通じない…、だから国際機関の職員や別に障害児教育を専門としているわけではない教育学研究者が、読めば分かるものを…と。
しかも1冊の本がたった20ページほどの論文になるわけですから、自分の主張を勝手に短縮して、しかも勝手に一般的な言葉で説明するっていう、筆者のウォーノックにはとっても申し訳ないんですけれど…。この人、2005年の時点で80代半ばくらいの年齢なんですけれど、まだ健在なのでしょうか?

 さて、改めて本を読みこみながら、まさにこれだ、こう言えばよかったんだと納得したり、なるほどなと思った発見などが沢山あります。
その内の一つが、一般的に「障害のある子どもを特別支援学校に分離するのは人権侵害だ。一般の子どもたちと同じ学校で学ぶ権利を保障すべきだ」と言われている、統合教育推進派がよく使う主張に対する反論です。
これに対してウォーノックは、「私たちが守らなければならないのは、彼らの学ぶ権利そのものであって、他のみんなと同じ環境で学ぶ権利ではない(第3節、点字15ページより引用)」って言ってるんです。ほんとこれ!
特別支援学校に通わせることは「人権侵害」だとか「差別」だと主張する人、さて何に対する権利の議論をしているか、ですよね?同じ場所に滞在する権利なら…まあそうなのですが、学校は学習の場、保障されるべきは「各自の能力を最大限伸ばせる方法で学ぶ権利」です。
 ウォーノックは1978年に、「全ての子どもが、自立・享受・理解という共通の教育目標を目指すべきである」とは主張したけれど、だからと言って障害のある子も英語が分からない子も全てを同じ学習環境に統合しろとは言って無い、
エリート層である政府官僚たちが、「自分たちのような健常者の主流にマイノリティを統合していくことがインクルージョン」といいように解釈して進めて行ったんだって、提案者が怒ってますよ!

 ウォーノックはけっして、「インクルーシブ教育」には反対してません。ただし彼女が思う「インクルーシブ」は、現在の意味とは違うんです。全ての子どもが一般学校で学ぶという意味ではなくて、
「全ての子どもたちが、各自のニーズに適した方法で、各自の能力を最大限伸ばせる環境課で学び、社会に参加していく上での能力を十分に身に就けること」です。
だから、能力を伸ばす環境として一般の学校が適している子ならそれでいいですし、あるいは子どもによっては、特別支援学校に通うことが適しているのなら、それこそが「インクルーシブ教育」だというのがウォーノックの主張です。
インクルーシブ教育の発案者の論文をちゃんと読めば、そういう風に書かれてるのに、なぜこうなった、「インクルーシブ教育とは、全ての子どもが地域の学校で学ぶこと」みたいな解釈が当たり前になった現在。もう、発案者の最初の言い分なんて世界から忘れ去られてる感じが気の毒です。

 そして私は、ウォーノックとまさかの共通点を見つけました!石田由香理の「共に生きる社会」の定義は、「全ての人が、他人に対して何かしらできることがある社会」ですよね?
ウォーノックのインクルーシブ教育の定義は、「全ての子どもたちが、各自の能力を最大限伸ばせる環境で学習すること」であり、そうして各自が最大限能力を伸ばせる環境で学習することが、インクルーシブな社会に繋がるって言ってるんです。
私の言う「できること」が、ウォーノックのいう「各自の能力」であり、それを発揮させることが、「共に生きる社会」あるいは「インクルーシブな社会」に繋がるって言ってるところで、たぶん言葉は違うものの私たちはほぼ同じことを言ってる気がします。
さて?ウォーノックさん、こういう解釈をしながら論文を書き始めようとしている日本人がいますが、訂正いや反論があったら、出版する前に化けて出てくださいね?
posted by Yukari at 12:35| Comment(0) | 日記