2015年12月16日

サプライズゲスト

12月14日

 あの、突然のお知らせですが、12月22日の午後から1月2日の朝までは日本にいます。ちょっとやらなきゃいけないことや、会うべき人の予定があったり。
あと、うちの家は、ホストファザーは冬休みは修士論文執筆中でこもりっきり、ホストマザーは来年1年間は日本なので帰国準備で年末年始バタバタ、そしてハウスキーパーは実家に帰るので私は外出できない…とっ来てて、フィリピンにいても部屋にいるだけで休み中どこにも行けないというのも冬休みに帰国を決めた理由です。
 えっと大問題がありまして、冬服は何も持ってません。スーツケース一つでイギリスから帰国するために、冬物全部置いてきましたからね。ユニクロのウルトラライトダウンみたいなのだけ、万が一寒い時期に帰国する時のためにと思って持ってきたので、とりあえずコートだけはありますが、冬服も靴下も何もない!
冬物の靴下は無理にしても、この週末にせめて靴下くらい買いに行かないと…。私がこっちで持ってるズボンは全部クロップドパンツでくるぶし丈なので、これで靴下なしで冬の日本に帰国したら死んでしまいます。
現在できる最大限温かい服装が、夏物靴下に夏物のくるぶし丈のズボン、そして上は半袖tシャツの上に7部丈のyシャツとその上から薄手の長袖カーディガン(夏のエアコン除けレベル)を着る…くらいですかね。とりあえずダウンはあるので、空港から宿泊させてくれる友達の家くらいまでならこれでどうにかなりますよね?
翌日大慌てで服買いに行かないと、着る者ないです本当に。とにかくヒートテックがほしいですね。今の日本の気温もよく分からないので、想像できないんですけれど…、あれほど寒いイギリスにいたくせに、体が冬を忘れてしまってます。

 さて、14日の月曜日、この日はフィリピン大学の先生方とお仕事のミーティングでした。ミーティングの日程そのものは、別に14日じゃなくても、前後してもよかったんですけれど、とある理由によりあえてこの日に設定したんです。
来月、フィリピンでアジア比較教育学会が行われ、東アジア、東南アジア、南アジアから300人ほどの研究者が集まります。日本からも50人ほどいらっしゃるらしいです。もちろんその中には、私と知り合いの教育学の先生方もいらっしゃいます。
それで、その学会の打ち合わせのため、14日に日本から二人の先生がフィリピン大学にいらっしゃることになってて、私はこの二人を両方知ってるんです。フィリピン大学の先生と相談して、日本人の先生方がいらした時に、なぜか私が同席しててびっくり…というサプライズを仕掛けようと!!
 二人の日本人教授がいらっしゃることは10月末から知っていたのですが、そして彼らの連絡先も分かってるのですが、あえて私からはこの日まで何も連絡しませんでしたし、フィリピン大学の先生も、私が当日その場にいることをずっと内緒にしてくれてました。
フィリピン大学の先生が空港まで日本人ゲストを迎えに行って、大学まで戻ってくるタクシーの中で、「重体してるから少し送れる」などと私とテキストメッセージのやりとりをしながらも、同乗してる日本人ゲストには私がいることは内緒のまま。
 ホテルにゲストを案内し、荷物を置いて少しゆっくりしてください、もう一人紹介したい人が来るから、30分くらいしたら電話しますとゲストたちに言って、日本人ゲストが各自の部屋に行ってる間に、他の先生とともにオフィスで待機してた私をホテルのロビーに呼びます。

 先生方3人と私、ニヤニヤしながらゲストがロビーに出てくるのを待ちます。空港まで迎えに行った先生がゲストたちに電話し、彼らが2階から下りてきました。
「あれ?石田さんがいるの?」「え?石田さんなんでここに?」私たちの期待以上にものすごくびっくりしてる日本人の先生方二人。もちろん彼らは私がフィリピンで就職したことは知っていますが、まさか学会の打ち合わせをするフィリピン大学の教授陣と、私のほうもお仕事関連で繋がってることまではもちろん知りません。
サプライズが大成功したのを見ながら、フィリピン大学の先生方大爆笑。ええっとですね、この人たち、一応日本でいう東大の教授ですからね。しかも学科長とか学部長とかそういうトップ大学の偉い人たちなんですけれど…、一緒にサプライズを仕掛けてくれるこののどかな感じ。
 もちろん、ちゃんとこの日、メインとなるお仕事の打ち合わせを行われております。そして私は、日本側の主催者ともフィリピン側の主催者とも知り合いなことから、来月の学会もオブザーバーとして学会の場にいさせてもらえることになりました。
posted by Yukari at 22:30| Comment(0) | 日記