2015年12月31日

やっぱり特別な人

12月31日:
 ようやく治療の効果も出て来て顔の傷…、いや元はと言えば肌荒れが治り、物理的にも人に見せられる姿になってきたので、28日からは積極的に人前に出始めていました。
大学院時代に仲よくしてくれていた日本人の女の子と待ち合わせて、9月に式典が行われた施設に。9月の60周年式典の時の写真が完成していて、私がスピーチをしているステージで、一緒に秋篠宮両殿下が写っていらっしゃる貴重な写真をいただきました。普段は写真なんて興味ない私ですが、この写真は大切にします。
 お昼からその友達に付き合ってもらって念願の温泉へ。お湯のお風呂久しぶり…、何しろフィリピンは水シャワーですからね。
 22日に帰ってきてから28日の夕方までは、大学時代の親友のアパートに泊めてもらっていたのですが、彼女が29日から実家に帰るということで、私も28日の夕方から別の家へとお引越しです。
 ICANで勤務している時、1番仲がよかったインターンの同い年の女の子、彼女が今では日本に帰っているので、彼女の実家に3泊泊めていただきました。
29日は、そんな彼女と一緒に、日本でやりたかったことのもう一つである念願のカラオケへ。二人で2時間…、一人10曲以上歌えます!

 さて、温泉はもちろんリラックスがほしかったから、カラオケはストレス解消の機会がほしかったから。それらの夢は叶っても、何だか取り去りきれないものを最近ずっと引きずってました。
私は、恩師やお世話になっている方々があまり賛成しないであろう決断をしようとしてて、進路にも色々迷って…、いつまでたっても安定しない収入源や生活、応援してくださる人たちを振り回すような決断の数々…、何となく周囲が離れて行ってるのも感じてます。
恩師に進路相談のメールを送って、3カ月何度もメールしても返信をいただけなくて、何とか何かしらの意見が聞きたくて恩師の周囲の人に「私に返信するように催促してください」って囲い込み作戦に出たりまでして、今回の行動は異常だ、そんな行動をする人に冷静な判断ができるわけないと叱られたり。
今年1年、私としてはその場その場で私なりに全力でやってきたつもりで、けっして人に言えない悪いことなどはしてないのですが、何だか罪悪感と言うか、お世話になっている人であればあるほど、自信持って顔向けできないような、期待通りじゃなくて申し訳ないような気持ちで、日本に帰国しながらも人に会うのを避けてたのです。
25日に、8年間お世話になっている点訳ボランティアの方がメールで誘い出してくださって、元バイト先などを訪れた時、ほんの少し人前に出て行く自信をいただきました。私の決断は理解できるよ、攻めてないよ、いつでも応援してるよっていうのを心から感じました。
でも私はちょっとずるい日に行ったんです、普段ならその元バイト先に高校時代の恩師もいらっしゃるのですが、その日たまたま先生は出張、だから会わないというのを知ってて顔を出したのです。
点訳ボランティアさんやバイト時代の同僚や、他の先生方の前には顔を出しても…、1番大事な人、1番世界の誰より私を応援して信じてくれてる人に…、何だか見せられない気がして。
いやいったい私が何をしたんだ、悪いことはしてない、なんで見せられないのかもよく分からないですが、自信持って近況報告ができない、…それはたぶん、恩師が賛成してない方向に進もうとしてるからっていうのが大きくて。

 そんなこと、何度も何度も考えながら、でもこの帰国中に恩師に会わないままフィリピンに帰ったら絶対後悔する、躊躇いながら送ったメール、
「29日か30日にお時間を取っていただけたり…しないですよね?すみません、大丈夫です、メールします」と一人で完結。そうしたら、30日に1時間なら会えるというまさかの返事が。
 会っていったい何を話すんだろう、先生は何て答えるんだろう、全て反対されるかも知れない、呆れられるかも知れない…、自慢の生徒だったかも知れない時代はどこえやら、期待外れの道に向かってますからね私。
片道1時間半、駅で待ち合わせて駅前のファーストフード店で飲み物片手に1時間。去年はお仕事でよく会っていましたが、あくまで職場だったので、こうして外でプライベートで時間を取っていただくのは3年以上ぶりです。

 世界で誰より私を知ってる人、本当は誰より気にかけてくださってる人…なので、直接連絡は取って無いですがいろんなことを知らないはずがなくて。何かもう、全てご存知なんですね、優しかったです。
私の決断受け止めてくださって、応援してくださって。色々不確定要素なども心配してくださって。ここ3カ月くらい悩んで悩んで出した決断と色々調べてきた情報を、恩師に賛成してもらえたこと。
「自分は仕事ができないってことが分かりました」と言う私に、「まあ、周囲の理解がないところだと能力発揮できないからね。環境のせいで能力発揮できてない人は沢山いるから」と。
浪人中も、そして今でも、何が起きてもなぜか私の能力信じ続けてくれる人。恩師に、環境のせいだ、能力が発揮できない場所にいるだけだって言っていただけたこと、…ここ半年のモヤモヤや悔しさや劣等感、色々楽にしてくれました。
恩師が賛成してくださった、まだ信じてくださってること、こうして年末の30日に1時間も会ってくださったこと…、たった1時間ですが日本滞在期間の中でもっとも大切な時間だったように思います。
どんな温泉よりもカラオケよりもアロマオイルよりも、ずっとずっと背負ってきた罪悪感のようなもの、一気に軽くしてくださって、たった1時間でいろんな思い、全部受け止めて引き取ってくださって。
何年たっても、私が何歳になっても、やっぱりこの先生は特別な人なんだ、私にとっていつまでも特別な人なんだって感じました。こんな魔法を1時間でかけられる人は、絶対に他にはいないから、こんなになぜか心からやりとりできる人は他にいないから。

 大学院から始まって、就活して就職決まって、修論書いてデータが消えて、修論完成させて取材受けて、仕事してタガログ語学んで、式典などスピーチを幾つかして進路に迷って、声出なくなったりなど体調崩しながら、人との出会いの輪もものすごく広がった2015年。
いいことも悪いこともあって、最後は自信なくしてたわけですが、恩師に会ったことで全て頭の整理がついて、肩の荷も下りて、1年を負えることができそうです。
 点訳ボランティアさんも、訪問した視覚障害の大先輩も恩師も、皆さんが状況を分かって賛成して、応援してくださることになった来年。
このブログを読んでくださっている皆様にも、今年も沢山沢山心配やご迷惑をおかけして申し訳ありません。私の発言やストレート過ぎる描写に、気分を害された方もいらっしゃるかと思います。
来年はまた、私なりに全力を尽くしていきますし、フィリピンの視覚障害者たちのこと、私が思う「共に生きる社会」の実現に向けての活動のこと、引き続きここに記していきますので、来年もどうぞよろしくお願いたします。
posted by Yukari at 20:50| Comment(0) | 日記

2015年12月28日

リフレッシュグッズの数々

12月27日:
 肌荒れの治療で顔にいっぱい穴を開けた傷がようやく塞がってきたので、今日からそろそろメイクができます。というわけでメイクで傷を多少隠せるので今日から積極的に外出開始です。けっきょく25日も元バイト先へ行ったり、夜も食事したりしてましたけどね、傷だらけの顔で。

 11時過ぎに大学時代の先輩(私が浪人なので同い年)と会って、まずはランチ。おばちゃん一人でやってる、煮物とお味噌汁と玄米…みたいな、家庭的な体に優しそうな定食のお店をチョイス。
 社会人4年目のその子と、勤務半年の私。むこうは六本木で働いてるような人で、こっちはフィリピンのNGO職員なので、色々日常の話しもこんなに違うのかってほど違います。まあ皆さんが知ってるいわゆるOLは彼女のほうですね。
1番びっくりしたのは、まあ日本中に、いや各市町村にありそうな職場なんですけれど、その系列の社員さんの婚活サポートみたいなのがあるらしくて。登録したら、社員さん同市で結婚相手探しを前提とした合コンあるというか。相手の身分が明らかなので、普通の婚活サイトなどよりはよっぽど安心ですね。
それにしても職場は結婚のサポートまでするのか。そして私たちはもうそういうことを考える年なのか…、まあ26ですけど。いやーフィリピン恋人で、台風被災地だ、職業訓練だ、未就学視覚障害者だって言ってるのが生きがいの私は、これ絶対行き遅れるパターンです。
 余談ですが高校3年生の時に作った卒業文集に、よく分からない色々なランキングが載ってるんですけれど。学年みんなのアンケート結果を集計したもので、第3位まで名前が載ってて、私がランクインしてる項目が二つ。
将来海外で暮らしてそうな人第2位と、将来結婚してなそうな人第2位。8年たって思った…、かなり当たってる。ちなみにその結婚できなそうランキングの第1位は、当時カブトムシとポケモンに夢中だった心は小学生みたいな男の子で…、私こいつの次かって思いました。

 話しを戻しましょう。ランチの後、買い物に付き合ってもらいます。私がほしいもの、とにかくフィリピンに持って帰って、家でリラックス、気分転換、あるいはストレス軽減ができるグッズ。何がいいかなぁと思いながらアロマオイルなどのお店に。
何が起きるか分からないフィリピンで、キャンドルなどを使うのは若干危険なので、そしてコンセントに繋いで使う加湿器のようなものだと、フィリピンの電圧に合う物がなく。けっきょく、卓上扇風機のような、乾電池で動くものをチョイス。
アロマオイルを垂らした紙を、卓上扇風機のファンの前にセットするような形で部屋に香りを広げる物です。リラックスのラベンダーと、リフレッシュのシトラスのオイルをチョイス。
さらに、睡眠の時にリフレッシュ効果があるというピロースプレー、これのローズとウッドが混じったものをチョイス。限られた給料が、こういう気分転換グッズに出て行くって何なんでしょ?
 それにしても、やっぱり日本の香りは控えめで上品でいいですね。ヨーロッパなどは、輸入品の香水などからも分かるように香りはかなり強いですし、フィリピンはストロベリーやフローラルなど、高校生が500円くらいで買う香水みたいな安っぽい香りがします。まあ実際、値段も500円くらいですけどね。

 3時くらいにその友達と別れ、2件目の待ち合わせ、大学時代の寮のルームメイト(先輩)。とにかくカフェで紅茶。その後、またちょっと今度は充電器を買いに電気屋さんへ。
いやー、日本の携帯電話なんですけれど、大学3年の時から使ってるのでそろそろ4年半…、そうしたらですね、コードの銅線の周りにまかれてるフィルムみたいなのが裂けるチーズのように剥がれて来て、中の銅線出てきたんです!!
さすがにいつか感電しそうで怖いので充電器買い換えます。え、携帯はって?まあ買い換えた方がいいんですけど、日本の携帯なんて日本帰国中しか使わないですし。ちなみに何度か落とした間に電池パックの蓋がものすごく取れやすく鳴ってて、鞄から出す時にしっかり携帯を握って出さないと、電池パックの蓋がすぐ取れます。
 その後、その友達も香り入りの化粧水スプレーみたいなのを探してて。会社で乾燥するから、顔やマスクにシュっとするほのかな香りと水分補給がほしいそうです。みんな疲れてますね。
 今日の夜は、私を泊めてくれている友達のアパートで、そこの住人と、この元ルームメイトと私の3人でお鍋することになってるんです。なので、デザートのケーキを買って帰ります、ベリー系のムース。

 友達が、部屋温めて、お鍋もちょうどできあがってる状態で私たちの帰宅を待っててくれました。今日は本当に寒かったので、温かい部屋と野菜いっぱいのキムチ鍋が本当に嬉しい。
そして食後に紅茶とケーキ。色々互いの近況など話しも弾みます。やっぱり、学生時代とは内容が変わってきますね。
 ところで?皆さんお気づきかと思うのですが、こうして1日遊んでる相手たちは全て女の子。…これが健全でいいでしょとか安心でしょとか言ってられる年齢も終わってきましたよねぇ、むしろ心配した方がいいです。
posted by Yukari at 00:39| Comment(0) | 日記

2015年12月26日

全てお見通しな優しさに感謝

12月24日〜25日:

 日本へ帰国しているものの、今回はあまり人に会う気がなかった、休憩が目的だったというのは、以前からあちこちで公表しているとおりです。
髪の毛や顔が残念になっている…など物理的な見た目などに加えて、いろんな意味であまり自信持って人にお見せできる姿じゃないというか…、とくにお世話になってる方々に。
けっして、何一つ悪いことはしていない、自分なりには一生懸命その場その場で最善を尽くしてきたつもりで…、でもあまり誇れない近況があって、また近い内に、きっと半数くらいの人が賛成しないことを行う…、あえていえばそれが唯一のグッドニュースなのですが。
だから、恩師や点訳ボランティアさん、その他お世話になってる身近な人は、今この姿ではもっとも会いにくい人たちなのです、顔見世できないというか。

 そんな私の様子、本当にカメラか何かでずっと見てるかのように、全て見透かしたようなメールが、8年お世話になっている点訳ボランティアさんから届いたんです。帰国してるんでしょ、私たちのお仕事は明日までですよ。でもお忙しいでしょうから無理しないでね、と。
 確かに、年末に帰国すると以前メールの中にちょっと書いたことはありました、でもそれを日にちまで憶えてくださっていて。会いに来ていいんだよとむこうから催促してくださったことと、でも強制はしない気遣い。何となく顔見せできなかった私を引っ張り出してくださるような。
連絡をしてるわけでもないのに、なぜかこの人たちには全てがお見通しです。そしてずっとこの人たちに育てられた浪人から大学・大学院時代。急に会いたくなってきた、いやでも見せられた姿じゃない。
迷います、迷い始めました。25日と26日はずっと家で過ごすはずだった、25日なんて顔はまさに傷だらけですし、近況を聞かれて自信持って話せることが有るか…、私は皆さんの気持ちに答えられているか…。

迷いすぎて迷いすぎて、高校時代の国語の先生にメール(なぜ?)。「迷うんだったら行きなさい、行くべきです」という返事と、「気にかけてくださっている人たちは、たとえどんな姿であれ会って安心するのです」と。
ですよね、行きましょう。ずいぶん色々、物理的なこと含めて見苦しい姿ですが。連絡をくださった点訳ボランティアさんに、明日行きますと返信します。
「お昼は持って行きます」と言う私に、「お昼は私に買わせて」と来る返事。涙出る…、この人たちに育てられたんだよなぁと、こうして優しさと愛情感じてられることが原動力だったなぁと。
「もし、何かやることありましたら、どんな雑用でも喜んで引き受けます」と返信します。ここは以前、大学を卒業してからイギリスに行くまでの半年、私がバイトしていたところです。
これで十分、点訳ボランティアさんに通じてしまう、むしろ私が1年半ぶりにそこで仕事をさせていただくことで、「仕事にやりがいと誇りがあって、スキルを高めようと素直に必死だった自分」を何か思い出そうとしてること。

 翌日、懐かしい場所を尋ねます。恐る恐る部屋のドアをノック、「こんにちは、お久しぶりです」と入室。「あ、石田さん」「久しぶり、元気?」と4人くらいの人が出迎えてくださいます。
お仕事の邪魔にならないようにお昼休憩の時間にお邪魔したのですが、まだ午前の作業が終わって無くて、「ちょうどいいや、石田さんにこれお願いしようかな」と、私を引っ張り出してくださったボランティアさんの優しさで、早速私の前に置かれたお仕事。
作業に取り掛かります。懐かしい、この部屋とこの雰囲気とこの作業が懐かしい。私が担当してた業務の中ではもっとも単純な作業を任されただけなのですが、今はそれが嬉しくて単純作業に心がこもります。
大学を卒業しただけの1年半前と今とでは、同じこの職場を見ても見てるところが違うというか。色々考えます、なぜこの温かい雰囲気をこの忙しい中で保っていられるんだろうとか、上司の指示の出し方とか。
私がお邪魔した日なんて、まさに大事なものの発送の締切日でしたからね、私なんか相手にしてお昼一緒に食べてる場合じゃないはずなのに。

 お昼ご飯を食べた後、早速皆さんお仕事に戻って行くわけですが、ここでも私はもう少しだけ、作業を与えていただきました。今度は懐かしい、もう少し責任感を伴う作業。
1年半ぶりなので感覚がくるっていたりもするのですが、それでも見つけるべきものを見つけ、少しずつ以前に近いレベルで作業をこなしていきます。
 思わず作業をしながら思ってしまう、1年半前の半年間のバイト、私はここで本当に役に立っていたんだろうか、それとも皆さんの優しさで雇ってもらってただけなんだろうか…と。
ある意味、ただただ支持を待っていた、ただただ言われたことを説明通りにこなしてた。もちろん、私の自己判断なんかで絶対に進めてはいけない作業だったのですが、でも支持がないと動けない私は役に立っていたのか…と。
ただし同時に、そこでバイトをして3カ月を過ぎたころくらいから、一人で業務を任されることもありましたし…、とにかく私が仕上げたものも含め外部へと発送されて行きました。
どこまで役に立っていたんだろうか、あれで正しかったんだろうか、…そんなこと思いながら、今目の前にある業務は完全にボランティアですが、再び関われることが嬉しすぎて精一杯こなします。

 1年半前は、慣れていたのであたりまえにこなしていた作業も、久しぶりにやるとうっかり一つ手順を忘れたりもします。ものすごく細かいことなのですが。私がやり忘れた作業を、何も言わずに横からすっとサポートしてくださる点訳ボランティアさん。「あ、すみません、そうでしたよね」、次からは忘れない。
 同じミスは繰り返さない、学ばなきゃ、吸収しなきゃ、高めなきゃという気持ちが自然に沸いてくる。もっともっと勉強しなきゃ、この中で自分が1番知識がない、早く追いつかなきゃと素直に思う、納得しているその1本のルール、そこを早く覚えてみんなに付いて行きたい…、そう思ってた半年、そして今。

 そう、私もこういう仕事をしてたんですよね。こういう気持ちで仕事できるんですよ。間違いなく、ここで色々勉強させていただいて、この半年で本当に成長させていただいたんです。片道1時間半かかった朝の通勤ラッシュが、1日たりとも苦にならなかった半年。
 ちなみに、「私に買わせて」と点訳ボランティアさんが買ってきてくださったのは、私に合わせて少し小さ目のお弁当に、ひじきご飯や野菜がたっぷり。健康面や体を気遣ってくださっている、本当に育てられてる優しさ感じました。
今日が今年最終出勤日なので、部屋にある差し入れのお菓子などをそれぞれ全部持って帰らなければいけないわけですが。石田さん持って行きなさい、これももらって行きなさい、一つ余ったから石田さんが持って行きなさいと、おまんじゅうやらミカンやらいっぱいいっぱいわたされて。
 心の1番表面の第1段階が、少しとろけ始めたような気がします。フィリピンだ社会人だ障害者初だなどなど言われ、はたして何重に塗り固めているのでしょ?

posted by Yukari at 23:50| Comment(0) | 日記