2015年11月27日

存在に気づいてほしい

11月23日から27日:
 平日5日間、レイテ島で2年前の大型台風の被害を受けた障害者たちにインタビューをしました。ポリオや知的障害など他の障害者3人を含む15人と、そして子どもだったので本人から直接意見などは聞けていませんが、視覚障害の小学生6人です。
 みんなの話しをまとめると、台風の時の流れが分かってきました。これまでに例のないような超大型台風が来るというニュースは、前日にはちゃんと入っていたようですが、そもそもレイテってしょっちゅう台風来るので、どうせいつものようなものだろうと、そこまで家が飛ばされるほどの台風だとはほとんどの人が予想してなかったんですね。
しかも、そのニュースが入ったころ、午後までは普通に晴れてたらしくて。午後5時ごろから雨は強かったもののたいしたことがなくて、でも午後8時には家が揺れ動くほどの雨風だった、だからもうその時点で外出できなくなり避難できなくなった人がかなりいます。
夜に、このままじゃ家が壊れると思って、シェルターに避難するためドアを開けた瞬間、水が押し寄せてきて1階が浸水したと言う人や、海からは遠い町の中心部でも、窓ガラスを破って水が入ってきて2階まで浸水したという家もあります。東日本大震災を思わせる体験談の数々でした。
 インタビューの内容はお仕事なのでここに書けませんが、インタビュー前後のやりとりや、各家庭を訪問して感じたことなどを書こうと思います。

 最初に訪問した弱視男性の家。ドミトリーと言うか集合住宅と言うか、コンクリートのトンネルみたいな廊下沿いに、家が立ち並ぶところの2階に住んでました。でもけっして衛生的な場所には見えなくて、洞穴みたいな廊下もあちこち雨漏り(というか雨がそのまま入ってくる)していて、建物の中なのに廊下に3か所くらい滝があるんですね。
フィリピンって暑いので、建物の中が湿ってるってことは、虫やゴキブリなど色々発生するってことなんです。視覚障害者が住んでるとは思えない段差の高さがまちまちな急な階段、壁には蜘蛛の巣、そこを2階に上ったら彼の家でした。
でもそんなところでも、この後1週間訪問した中で、彼がたぶん1番いい家に住んでました。被害も他の人に比べれば軽いですし、とにかく毎日最低1食以上食べられる生活をしているというか。

 1番言葉が出なくなったのは、いわゆる仮設住宅に住んでいる視覚障害夫婦を訪問した時でした。アスファルトの舗装などされていない、雨が降ると田んぼのようにドロドロになってしまう道の両側に、…、正直人間が住むところだとは思えない木の家が並んでます。
ドアなんて付いてなくて、床と屋根と壁だけがとりあえずある6畳くらいの木の箱、そこにほぼ全盲の夫婦と子どもとおばあちゃん。家具ももちろんなくて、ドアがないので泥だらけの木の床に直接座ったり寝たりするという。
これが災害の後1カ月以内ならまだ分かるんです、彼らはこの生活2年してるわけですからね。収入は1週間に600円。いくらフィリピンでも、たとえばマクドナルドなど安くご飯を済ませたとしても、600円だと2.5食分くらいにしかなりません。
600円って、だいたい一人当たりが1日に必要な食費です。そのお金で4人が1週間生きている…、もう想像がつかないです、2年間まだ生き延びてることだけでも奇跡です。たぶん2日に1回お米お茶碗1杯などしか食べられないでしょう、お水は何を飲んでいるのやら。
しかも全盲夫婦ですよ、こんなところで自由に出歩けるわけもなく、避難所生活でも食べ物を取りに行けるのはまだ小学生の子どもだけで、フィリピンの配給って平等じゃなくて早い者勝ちなので、何度も何度も配給品取り逃してるんですね。

 今週だけで何人もの人の涙を見ました。台風の話しになると泣き出してしまって話せなくなる人がかなりいますし、今でも雨が降ると寝られないという人がほとんどです。
障害者向けのサポートや情報など何一つなくて、生存競争に負けて、避難所でも差別があって、…自由に外出できない自分たち家族を訪ねてきたり気遣ってくれた人なんて誰もいなくて。
来てくれてありがとう、私たちの存在に気づいてくれて、私たちを訪ねてくれてありがとうってお母さんに泣かれてしまったこともあったり。
 正直この調査はつらいです、機械的にただ情報を得ることなんてできなくて、私は一人ひとり真剣に向き合わなきゃいけない。あまりに話しが重くて、それまっすぐ受け止めると、私もいっしょに泣いてたこともあります。
第2の被害者出さないために、将来の障害者たち守るために、政府やNGOにどんなリクエストをすればいいだろう、どんなアドバイスをすればいいだろう、社会をどう変えればいいんだろうって、みんなと涙ながらに真剣に考える。
各インタビューが終わるころには心の中いっぱいいっぱいになって、移動の車の中でなるべくリフレッシュして空っぽにして、また次の体験受け止めに行く。沢山の人達と本当に心から触れ合った気がします。
posted by Yukari at 20:26| Comment(0) | 日記