2015年11月11日

信頼関係

11月5日〜7日:

 私たちのNGOでは、一般向けのスタディーツアーを年に6回、あとは毎年恒例となっている幾つかの高校からのスタディーツアーなどを実施しているのですが、その他に、フィリピンに住んでいる日本人を対象者とした1日事業地体験があります。
それが、11月7日に行われました。基本的には、フィリピンの会社で働いている人やフィリピン駐在の奥様、あるいは外交官やフィリピンに留学中の大学生などが参加者です。
 ICANの事業地である3か所に行くんですけれど、その内の一つ、ごみ処分場であるパヤタスの近くで暮らす人々を訪問する時、途中で二つのグループに分かれて、家庭訪問をするんですね。
現地駐在の人々が参加者なので、まあみんな、日常会話レベルの英語はきっと分かるでしょうし、たまにタガログ語での会話さえ問題ない人がいたりもするんですけれど、一応…、念のため、私たちスタッフが通訳することになってます。


 いつもなら、パヤタスを長年担当しているスタッフがメインで、家庭訪問で二つに分かれる時だけ、タガログ語ができるインターンの学生が通訳に入ってたんです。
でも、今回は授業と重なってそのインターンさんが参加できないことが分かってて、代わりで家庭訪問通訳に入ることになったのが私でした。
 私自身、パヤタスは自分の担当事業ではないので、現地を訪れたことが1度しかありませんでした。だからまず、資料をもらって必至で拝啓など勉強です。強制退去とか、呼吸器系疾患とか、ごみの中でよく拾い集める物の名前とか、普段は使わない英単語も幾つか覚える必要があります。
 パヤタスに住んでいる現地の人達は、基本的に英語があまり得意ではありません。だから、住民は自分の体験をタガログ語で話します。今回メインの引率者であった先輩スタッフは、タガログ語での会話に困らないので、直接タガログ語から日本語に通訳ができるんですけれど。
私は、もちろんそこまでタガログ語ができないので、フィリピン人スタッフとペアを組んで、現地の人のタガログ語を、まずフィリピン人スタッフが英語に訳し、そして私がそれを英語から日本語に訳すことになります。
日本人参加者から質問が出た時も同様で、私が英語に訳し、もし現地の人が理解が難しそうだったら、フィリピン人スタッフがタガログ語で捕捉します。
 まずこれ、本当に私がいる必要はあるのかっていう、ここつっこみどころですよね?フィリピン人スタッフが英語に訳してくれさえすれば、参加者のほとんどはもうそれで大丈夫かと。私が訳し切れてないところまで気づかれてる感じかと思います。

 とにかく、入社してから私が通訳を務めるのはこれが2回目ですが、前回は英語が話せる人たちだったので、単純に英語と日本語の間での一人通訳でした。今回は事情が違うので、本番の二日前に、先輩スタッフに連れられて、現地に通訳の練習に出かけたんです。
 現地のお母さんたちに挨拶するわけですが、やっぱり、みんなは慣れ親しんだ先輩スタッフのほうにばかり話しかけて、私は挨拶だけ交わしてそれっきりな感じになります。そしてお母さんたちが先輩スタッフに聞くのは、
「いつもの●●君はどうしたの?どおうして彼じゃないの?彼はタガログ語ができるじゃない、状況が分かってるじゃない」と。
やっぱり、慣れ親しんで信頼してる、いつものインターンさんがいいんですよね。余所者刊半端ないです。ごめんなさい私で、って感じですね。
 実際に、当日話しをするお母さんと、当日ペアを組むフィリピン人スタッフと3人で、そして先輩スタッフが日本人参加者の役になって、通訳の練習をするわけなんですけれど。これ、通訳っていうか言語を変えての伝言ゲームですからね。たとえ単語が分かってても、拝啓を知らないと難しい部分もかなりあります。
 正直なところ、練習の時の自己評価はよくないです。とにかく訳せるけど、互いの信頼関係成り立って無いですし。なんでこいつなんだ、って思われながらですし。

 さて、土曜日当日。つい一昨日会ったばかりの現地の人達なので、さすがに覚えてくれているので、何だか今度は最初から親しげに挨拶してくれます。まあ…、ここに来るのが初めての参加者たちがいる中で、3度目の私はまるで以前からの知り合いかのように感じるというか。
 最初は全員でごみ山などを見学して、そして二つのグループに分かれます、いよいよ私のお役目開始です。パートナーであるフィリピン人スタッフと、参加者4人とともに、ここに住む1軒のお宅にお邪魔します。
 1度練習している、2度目だというのは、大きな違いですね。私とフィリピン人スタッフと、この家のお母さんの3人の間で、ぴったり息が合うのを感じてました。
そしてお母さんのほうが、参加者たちの反応や質問などから、自分の言ったことがちゃんと訳されているって思ってくれると、心の距離が縮まってきます。私に通訳を任せても大丈夫だっていうお母さんからの信頼を、ほんの少し寄せていただけたように思います。
ちなみに、私こうして日本語と英語の通訳してますけれど、参加者の中には海外での勤務経験13年とかっていう人もいらっしゃいましたからね。絶対、どう考えても私より英語できます。はたして私は必要なのか、これ永遠の疑問です。
まあ、皆さん大人なので、べつに通訳いらないなって思いながらも、年下の拙い通訳を寛大に見守ってくれて、私の仕事を取らないようにと寛大に日本語で質問してくださいました。

 午後からも現地のお母さんたちに会うのですが、先ほど家庭訪問した家のお母さんが、また私の隣に座ってくれたりなど、…私、ほんの少し認めてもらえた、受け入れてもらえた気がしました。
なんであなたなんだ、なんでいつもの人じゃないんだと明らかに歓迎されて無かった2日前。それが、今日は他のお母さんたちも私の名前を憶えてくれてて、帰りに「今日はありがとね、またね」とハグしてくれる感じ。信頼関係の第1歩を築けたこと、嬉しかったです。
posted by Yukari at 23:34| Comment(0) | 日記