2015年11月20日

そのままでも愛されてるって伝えること

11月19日:

 私はフィリピンにいながらも、かならず2日に1度くらいは日本の新聞をざっとチェックするんですけれど。思わず気になってしまった記事がありますね。
私は、発言に関してはそこまで問題だと思わないんですけれど。ご本人は発言を撤回なさっていますが、出生前診断でもっと早めに障害者を発見して、うちの県では障害者の数を減らしていけたら…と言ってしまったかたが。しかもそれを、特別支援学校を視察した後に言っちゃった……。
世間はその発言を批判したようですが、まあ私にとっては、これに関しては、そう思ってる人がいるのは仕方がないなと思います。障害者邪魔だな、いなくなればいいのにな、少ない方が世の中健全だよねと思ってる人は一定数いるでしょうから、一部の人の意見を代弁したという意味では、そこまで批判対象にはならないような気もします。

 どちらかと言えば、発言を撤回するための発言のほうがまずかったですね。けっして障害者への差別のつもりはなかった、ただご家族の負担が少しでも減ったらという意味だった…と。
…うーん、頭痛いなぁ。そっちの発言のほうがよっぽど問題ありなんですけれど…、それ、自分の家族に障害者いたら、負担だとしか思ってないってことですからね。

どうかこの方のところに、私たちのジュニア新書届きますように。今1番、あの本を読んでいただきたい方かも知れません。
なかなか、私たちが本で述べている「共に生きる社会」への挑戦状かなぁって思いました。私が、自分のパートの最後のほうに書いたこと。
自分が、そのままでも愛されてるっていう自信がない人が、障害者批判して、あの人たちに比べたら自分のほうが上田って言いたくなる。
そしてそういう批判や存在否定を、「差別だ」「権利だ」「法律だ」などと言って戦ってても、たぶん本質的なことは解決しない。
なぜなら、批判の根源は、相手に「そのままでも愛されてる」っていう自信がないことだから…。
 だから皆さん、批判しちゃだめです彼女の発言。攻めちゃだめですその撤回含めて。それ共生社会に向かわない、共生社会に向かわせる本当の方向性は、「感じたことを飾らずにそのまま世の中に伝えてくれた、風通しのいいあなたが好きです」

 色々なすれ違いや批判、けっきょく根源から解決する方法って、行動はいただけないにしても、その人の存在そのものは大好きですよって伝えて行くこと、きっと最後はこれに尽きる気がするって最近とくに思います。
行動を否定するのと、人間性(人格)を否定するのは違います。私たちが否定していいのは、行動だけ。私たちはよくそれを混同して、あるいはてっとり早く相手を傷つけるために、人間性を否定しにかかるんですけれど…、それは共に生きる社会のルール違反ですね。
誰もが、ここにいていいんだ、必要とされてるんだ、生きてていいんだって思える社会になれば、障害者を批判したりしない。それを改めて考えさせられる、典型例みたいなニュースだなぁと思いながら新聞を見ました。
とにかく、本よ届(笑)!


posted by Yukari at 01:20| Comment(0) | 日記

2015年11月18日

拾われた子猫ちゃん

11月18日:
 昨日の夕方、職場の先輩に誘われて、お仕事の後同僚4人で夕食を食べに行きました。まあ私たちのオフィスがあるところって中途半端に高級住宅街なので、その住宅街の中にはお店などが何もなくて、歩いて行ける範囲のレストランなんて選択肢三つくらいしかなくて、けっきょくいつも1番近い韓国料理のお店になるんですけれど。
そろそろポイントカードみたいなの作ってくれたっていいんじゃないか、スタンプが貯まったら、あるいはその月に5回以上入店したらドリンク無料とかにしてくれてもいいんじゃないか、あるいはICANのIDを見せれば5パーセントオフとかないのか、私たちの団体はこの韓国料理屋さんの売り上げにかなり貢献してるぞって、みんな思ってます。
そろそろメニュー見なくても注文できそうですもん、入社半年の私でさえ、間違いなく10回以上は行ってますよ、このお店に、そもそも私の入社歓迎会がここでしたし。こいつら毎週来るなぁ、しかもこの日本人たちが来ると長いんだよなぁ、閉店間際まで帰らないんだよなぁって絶対思ってますむこう。

 お店に入ったのが7時45分くらいで、お店を出たのが10時半くらいだったんですけれど。2階に位置するお店から階段を下りてきた時、下からミューミューという子猫の泣き声が。
1番前を歩いてた先輩が、「かわいぃー、ちっちゃーい」とか言ってるのが聞こえて、さらに私を手引きしてくれてた同僚が、「かわいぃ、子猫、しかもMさん抱っこしてる」
そう、1番前を歩いてた先輩、早速階段の下で子猫を膝に乗せてました。フィリピンの野生の動物、何持ってるか分からないのであんまり触らない方がいいんですけれど、酔ってる人はそんなこと気にしてません。
まあでも、先輩が触ってるならどさくさに紛れて私も触ろうかな、どうやら大人しいみたいですし。

 この子猫ちゃんがですねぇ、本当にかわいいんですよ。片手に乗ってしまいそうなサイズです、モルモットより小さいです。先輩の膝の上、しっぽをピンと立ててミューミュー言ってる……。
思わず階段の下で、子猫を抱っこしてる先輩囲んでしばし座り込む私たち4人。私たちのオフィスがある住宅に入る門のすぐそばなんですけれど、警備員さんものすごくこっち見てます。
先輩いわく、私たちが階段を下りてくる足音聞きつけて、何か食べ物もらえるんじゃないかと、この子猫ちゃん寄ってきたらしい。さあどうしましょ?残念ながら私たちは今ここに何も食べ物を持ち合わせてません。下でこの子が待ってるの知ってたら、何かお持ち帰りしたのに。

 どうしようと思いながら、子猫を抱っこしたまま歩き出す先輩。え?連れてくの?子猫も、ミューミューと甘えながら嫌がる様子もなく。警備員さん、こいつらあの猫持って帰るのかと言いたげな目でこっち見てます。
私たちは、オフィスがある住宅地に入るゲートのすぐそばにあるレストランにいたので、10メートルも歩けばゲートをくぐって住宅地に入ります。ゲートの外は車通りの多い道路で、あそこで子猫を離すと車に轢かれそうで危険なのですが、住宅地の中なら比較的安全です。
 先輩が、抱っこしてた子猫を再び地面に下します。どうしようかこの子、と思う私たち。子猫ちゃん、キョロキョロキョロ、明らかに何か探してます。
「この子自分がどこにいるのか分からなくなってるんじゃないですか?たった10メートルくらいしか移動してないけど、明らかに何課探してるもん、だって」と私の手引きをしてくれてる同僚。
元の場所に戻してあげた方がいいのか、でも子猫を見つけたのは車通りが多い道路沿い、あそこにいるのは危険…、そしてこの子は本当に一人なのか、親猫は迎えに来ないのか。
色々迷いながら、後ろめたい気がしながら、とにかく住宅地の中に向かって歩き出す私たち。すると、そんな私たちの足元を、明らかに付いてきてる子猫ちゃん。一人ひとりの周りをグルッと回ってみたり、そしてみんなから遅れを取るとあわてて走ってくる。
「この子絶対付いてきてますよね」「どうする?連れて帰る?」「どこで飼うんですか、オフィス?」、ここからしばし、誰が面倒見るかと考えます。
 ところで、先月放送のテレビで、私たちのオフィスが映された時にカメラに猫が映りこんだりしてませんでした?飼ってるわけじゃないんですけれど、うちのオフィスには野良猫が5匹ほど住みついてます。もともと親猫が私の入社前からウロウロしてて、気づいたら8月に子猫が3匹生まれてたんですよ!!
けっして餌をやってるわけでもなくて、むしろ追い払ってるんですけれど、たまにお弁当やお菓子などを猫に取られる被害に遭う職員がいます。オフィスの猫たち、冷蔵庫開けますからね、本当に!
だから、この子猫ちゃんが1匹くらい増えても、もはや変わらないんじゃないかと、あの元からいる猫たちにいじめられなければですけれど。

 この子があまりにかわいいので、4人みんな世話をしたい気はあるのです。でもまず、私はホームステイさせていただいている身なので私の勝手では決められませんし、うちの家には大型犬がいます。こんなちっちゃい猫ちゃん、うちの犬に遊び半分にパクってやられるかも知れない。
手引きしてくれてる同僚は寮に住んでるので動物は飼えません。残るは二人。でもその内一人は同居人がいるので、やはり彼女だけの意思では決められません。けっきょく、一人暮らしの同僚が面倒を見ることに。
 ただし、急に言われても準備がないということで、とにかくその日の夜だけは最初に猫を抱っこした先輩が連れて帰り、翌日、つまり今夜から一人暮らしの同僚の家で飼われることになるようです。
 今日は私、基本的にはお仕事お休みの日なんですけれど、子猫ちゃん引き渡しのために、今日だけ子猫ちゃんがオフィスにいるらしい、今もダンボールの中でグーグー寝てるらしいです。オフィス行こうかなぁ。
posted by Yukari at 12:08| Comment(0) | 日記

2015年11月16日

ガイドヘルパーなど福祉に詳しい人教えてほしいです

11月16日:

 フィリピンは、ガイドヘルパーの資格があるわけではなくて、普通に家族や知り合いなど、視覚障害者に会うのが初めての人がガイドヘルパーをやってるケースもあります。
現在私のガイドをしてくれてる人も、うちの家のお手伝いさんなので、別にこれまで視覚障害者に関わった経験はないですし、もちろんガイドの資格など持ってません。
で、通常の場合、口約束と言うか、何となく1日なら幾ら、半日なら幾らねと互いに合意したらそれで労働契約成立と言うか、まあ後はお互いに気持ち良く働けるようにしましょう、気づかいの問題だよねっていう感じなのですが…。

 私の場合、何だかんだ日本ベースのNGOに属してるので、やっぱりその口約束ではうまくいかない問題が出て来てしまって、ついに契約書を取り交わすことになったのです。時給換算で幾ら、守秘義務は…などなど。
そういう契約書を今途中まで作ってるのですが、私もそして総務のスタッフも、日本の福祉の知識がありません。このブログを見てくださってる方々の中には、福祉関連のお仕事をなさっている方が多いと思うので、もしよろしければ教えていただけませんか?

 お伺いしたいのは、たとえばガイドといっしょに外に出ていて、私が事故に遭ったり、けがをした場合の責任問題です。日本のガイドヘルパーとの契約では、この辺りの責任問題はどのように記述されているのでしょうか。
とくに、フィリピンなんて、もう交通ルールがあってないようなものですし、スリやら盗難やら普通に起きるでしょうし、道なんて穴だらけ段差だらけ泥水たまりだらけですから、外出中にいつ何が起きてもおかしくないです。
だから私の安全を確保する責任を全てガイドに押し付けるのはあまりに酷ですし、かといって、今のガイドさんは本当に誠実な人で、万が一私がけがしても、もうそれは彼女のせいじゃない、私の自己責任だと言いたくなるくらいなんですけれど。
でも、みんながみんなそこまで誠実で親切なわけではないので、もし各自の安全は自己責任と記載してしまうと、わざと手抜きで仕事したり、あるいは…あまり考えたくないのですが、私といっしょに銀行に行った直後に、自分の親戚にそのお金を盗ませる…などなど、起きてしまうのがフィリピンです。
だから、私の身の安全や持ち物の安全の確保責任がガイドにどこまであるのか、それをどう記述すべきなのか、ご意見をいただけると嬉しいです。
よろしくお願いたします。
posted by Yukari at 10:37| Comment(0) | 日記