2015年10月25日

午後だけなのにとっても充実!

10月24日:
 午後12時半、私の家から徒歩6分くらいの、ICANのスタッフハウスとも言えるところに、続々とランチに集まる日本人スタッフ。午前中仕事だった人もいますし、私のように今日は1日休みだった人もいます。
普段はそこまで、休みの日に集まったりはしないんですけれど、今日はこの後お楽しみがあるんです。今日は現実とか、帰宅してから貯まってるやらなきゃいけないこととか全部忘れて、時間にも追われず楽しむ日なんです。
私合わせて日本人4人、最年少が私です。とにかくまずはここで、フィリピン人のお手伝いさんが作ってくれたおいしい手作り料理がお昼ご飯。お昼を食べたら、さあ外出しましょう。

 バスで約20分、日本人のオーナーさんがやっている、日本のカフェがあるそうです。職場の先輩が、他の私たち3人をそこに案内してくれました。
確かにすごいです、抹茶、ほうじ茶、日本茶に玄米茶、さらに冷たい飲み物は抹茶ら手やほうじ茶スムージー、ドラヤキにわらびもち、豆腐アイスクリームや京都で食べるような和菓子まで。
私たちはすでにランチが終わっていたのでここでご飯を食べていませんが、ウドンや揚げ出し豆腐などあるようですね。
ちなみに私のチョイスは、温かい抹茶と豆腐アイスクリーム(黒蜜掛け)です。こういう輸入した食材で外国人向けにやっているお店ってとっても値段高かったりするのですが、私が頼んだこの2品で日本円換算すれば700円弱。
まあ、フィリピンの物価で言えば、確かに2食は食べられる値段ですけれど、でも輸入の食材でオーガニックな本格的なもの出してくれるお店としてはかなりお手頃です。
 私たち以外に、私たちの知り合いでもある日本人女性と、その友だちなどなど、お客さんが8人プラス、お店のオーナーさんとその娘さんなどでテーブルを囲んでました。時間がのんびり流れます。

 オーナーさんが、雑誌などのページのきれいな写真を活かした紙袋の作り方をご存知で、ぜひ私たちICANが事業としてやっている、路上の子どもたちが経営するパン屋さんでも、この紙袋を活かせないかなぁと。
というわけで、スタッフの内二人は、紙袋の作り方を習い始めたり、もう一人は他の日本人の人たちと話していたり、私は主に、年が近いオーナーの娘さんと話してました。
その娘さんがパッケージのデザインをしている、不思議な化粧水に私は夢中です。スプレータイプで、乾燥も肌荒れも防げるという優れもの、全て天然の材料で作られた…。びっくりするのは、その化粧スリにも混ぜてあるお水でバナナを洗えば、冷蔵庫で2週間おいててもバナナが黒くならない、まだ食べられるんです。
まだ販売が始まって無いらしくって、これの販売が始まったらぜひほしい、化粧水に混ぜてある桜の香りもお気に入りでした、癒されます。

 午後6時ごろカフェを出て、二人はそこで帰宅し、私ともう一人は私たちが住んでいるところ近くのショッピングモールに向かいます。そこの地下に、私の友だちである視覚障害夫婦がやっているマッサージコーナーがあるんです。
テレビ番組の中でも、視覚障害者向けの職ぎょおう訓練センターを訪問していますが、この夫婦も20年くらい前に、その職業訓練センターでマッサージのトレーニングを受けた人たちです。
技術はかなりあって、しかも平均よりちょっとお手頃な価格でマッサージをやってくれるのに、惜しいのは場所が悪くて。このショッピングモール、食料品やパン屋さんがある1階などは人が沢山いるのに。
地下は骨董品と時計屋さんくらいしかなくて、地下に下りてくるお客さんがほとんどいないから、知って無いとここにマッサージがあることなど気づかれません。彼らは月曜日から日曜日まで休み無く午後1時から9時までお客さんを待ってるのに、けっきょく1週間で数人とかなんです。
値段は、上半身だけだと450円、全身なら750円。これで1週間に数人ですよ、夫婦二人ともこの仕事で高校生の息子さん。生活できないですってば。
だから決めたんです、うちのスタッフたち、デスクワークで皆さん疲れてますから…、ICANのスタッフにどんどんここのマッサージを紹介していこうと。オフィスから歩いて行ける距離ですし、就業時間の後まで開いてますし。

 さっきのカフェで買ったお土産を二人にわたして、先輩と二人、それぞれ30分のマッサージをしてもらい、4人でその後しばし雑談。
そして、先輩と二人で、食料品など買いにちょっと別のスーパーに寄って、のんびり帰ってきたら夜8時。
 たった7時間半しかたってないのに、ものすごく充実してるこの満足感。まだ土曜日、明日もまだ日曜日があるっていうのが嬉しいですね。
posted by Yukari at 14:34| Comment(3) | 日記