2015年10月19日

台風の目と芽生!!

10月18日:
 まあ、何だかんだ台風は、私たちが住んでる辺りはそうたいしたことなかったパターンです。窓に雨が叩きつけてた程度で、うちのホストマザーとホストファザーは車で買い物に行ってたくらいでした。さすがに、普通の人はあまり外には出たくない外だったんですけれど。
ってか、日曜日から火曜日くらいにかけて停滞するって言われてて、私は絶対、月曜日はお仕事休みだって、勝手に3連休のつもりでいたら…。何か夕方には雨やんでるじゃないか、しかも政府は普通に明日あるらしく、休みというニュースは出ない!
ちなみにこれを書いてる夜中現在、再びけっこうな雨が降ってきたんですけれど、これまだ台風ですかね?明日休み…じゃないのかなぁ(笑)、お願いだから雨が降らないか台風かのどっちかにしてください、大雨は出勤が大変なだけだから。

 さて、すっごくどうでもいいこと書いてもいいですか?私が25年間勘違いしてたことが、今日分かったんです。
 今日の朝ご飯のテーブルにて。ホストファザーが、「ケソン市に上陸してるのは、台風のしっぽに過ぎないよ」と言ったんですね。まあ、フィリピン人なので実際は英語なんですけれど。
日本ではあまり、台風のしっぽという言い方はしないと思うので、「どういう意味ですか?」と聞き返した私。
「台風のアイ(目)はここから600キロくらい離れたところにある」と彼は答えます。そう、台風の中心地は遥か遠く、フィリピン北東部にあって、600キロ離れたケソン市にまでしっかり台風を巻き起こしてるって、今回のがどれだけ大型だったかを物語ってますね。

 いやそんなことはどうでもいい、日本語の「たいふうのめ」って、目玉の目だったんですね?英語でアイって言われて初めて知りました。目が中心部で、端っこがしっぽだったのか。
いやー、私はずっと、「台風の芽生」だと思ってたんですよ。悪いことの可能性などを取り除くことを、芽を摘むって言うじゃないですか。
被害の可能性がある、大きくなってく台風の中心地だから、芽生だと思ってたんです、日本語だから自分の勘違いに気づかなかったんです。
ってか、目玉が体の中心だと思ってないところが、いかにも盲人らしい勘違いですよね(笑)
 すっごいどうでもいいですけれど、私にとっては新発見でした。
posted by Yukari at 01:17| Comment(0) | 日記