2015年10月12日

人が集まってくれる不思議

9月28日:

 中学校での講演を終えた後は、近くの市民センターみたいなところに移動して。和室で、座机を囲む、最大で30人ちょっとくらい入れる部屋で、アットホームな講演会というのか雑談界というのか。
午後1時から3時くらいにかけては、お弁当やお菓子などを囲みながら、児童文学の読書サークルの皆さんとお話ししてました。メンバーのほとんどが、近くの小中学校の司書さんや、図書館職員などで、皆さん私たちの本を読んでくださっていて。
何だかよく分からないんですけれど、私たちの本を読みこんで色々質問などメモしてきてくださってて、その質問に答えて行く感じです。

 3時から30分だけ休憩時間です。と言っても、これはあくまで、同じ部屋で3件目の講演があるので、人が入れ替わって準備をするための時間です。
にしても、私眠い、本気で眠い。えっとだから、体力の限界はすでに日本に帰国する前くらいから来てて、限界なんてもう一昨日くらいで通り超えて、昨日くらいからもはや気力で動いてるんですってば。
今日が講演なのはある意味救いです、今の私は、自分がしゃべってないと人前でも日中でも寝てしまいそう…、本当に、気を抜いたら意識がふっと飛んでいきそうです。
1件目2件目と体力を消耗し、もはや3件目始まる前は、私は自分がしゃべっててでさえ寝るんじゃないかと、通常通りを保つ自信がなくなってきました。失礼すぎる、私にとっては3件目でも、集まってくれる人にとっては初めての講演で今日このためにここに来てくれているわけで…、起きろ、起きろ、起きるんだ、あと数時間。
部屋の中にポットがあって、温かい飲み物を選べたので、迷わず眠気覚ましにコーヒーをもらいました。まあ、3件目も、いざしゃべり始めたらスイッチが入って眠気など吹っ飛ぶので、通常通りなんですけれど。

 3件目の講演は、三つの団体が集まってくれていて、学習障害や発達障害があるお子さんを持つお母さんたちの団体などもありました。また、色々と私がこの日広島へ来るという話しが様々なルートで流れて、特別支援教育学科の大学生まで来てくれてました。
全員で30人ちょっとなのですが、むこうの人たちも互いに初対面が多いようですし、当日飛び入り参加の人、日頃はめったに公の場に出てこない人なども中にはいたようです。
相変わらず人を引き付ける魔力…というか、この不思議な集まりは何でしょう?互いに別に知り合いでも同じ団体に属してるわけでもない、年齢も様々な人が、人伝いにこんなに集まってくれました。
幼稚園から小学校低学年くらいのお子さんといっしょに来ているお母さんも数人だったので、もしかすると講演中に退屈した子どもたちが騒ぎ出すかも…というのは、事前に言われていたんです。
それが!私が何よりびっくりしたのは、子どもたちが、そこにいないんじゃないかと思うくらい2時間最後までとっても静かだったこと。私はけっして子供向けに話していなくて、いつもどおりの言葉を使っているんですけれど、小学校に入りたてくらいの子たちも、最後まで座ってじっと聞いててくれたんです、これにはお母さんたちもびっくり。
講演の後は、小学校2年生くらいの子たちが、手で針を触って見る私の時計などに興味を持ってやって来てくれたり。子どもたち、なにげにこの2時間の話し、本当に聞いてたのねっていう…、たぶん面白くはなかったはずなんですけれど。

 特別支援教育学科の学生など、障害児教育を専門としている人も一部には混じっていましたが、同時に障害児を持つお母さんや、何となく誘われて参加してくれたまったくの一般人など、参加者の顔ぶれは本当に様々でした。
私の本を読んでくださった人も、そうでない人も、色々なので、基本は全てを0から話します。障害児を持つお母さんたちが多いので、自分がどういう環境でどういう教育を受けたかや、進路選択の理由、就活の時の工夫などを中心に。
いつから生意気に自分の経験語る立場になった…、いや自分の経験としてシェアするのはとりあえずいいとして、それを見本にしろとかそれが正しいとは私は一言も言ってませんよ、言ってませんからね。

こうして、人前で話す機会が増えてきた私が今後気を付けていかなければならないのは、私の意見が、個人的なものなのか、視覚障害者の一般的な意見なのかというのをはっきりさせなければいけないこと。一般人にとって、私=視覚障害者の代表…みたいな捉え方をされがちですから。
同様に、視覚障害の後輩たちや視覚障害児を持つご両親に対しても、自分だけの経験なのか、視覚障害の先輩方が一般的に思っていることなのか、自分だけの工夫なのか代々受け継がれている工夫なのか…、その辺りをはっきり区別して伝えなきゃいけないなと思ってます。
とりあえず、障害児を持つ親御さんに言えることは、未来は意外と大変じゃないということ。奨学金?…取れますよ。就職先?…あるから大丈夫です。
心配がいつのまにか「うまくいくはずがない」の怪獣に成長して、その怪獣の恐ろしさゆえに子どもの存在を否定するほうに回ったのがうちの親ですからね。届かないブドウを酸っぱいと決めつけた狐といっしょで、うまくいくはずがない子どもは邪魔だと決めつけた。
そういう、うちの親第2号の被害に遭う障害児をもうこれ以上増やさないためにも、障害のあるお子さんを持つご両親には、障害のあるなしと人生の大変さはそんなに関係ないという事例を見てほしい。
別に障害者の人生そんな暗く無い、可能性は自分で探して掴む者、親からできないとレッテル張られて自信をなくすことのほうがよっぽど怖い、どんな人にも「できること」ありますから…、大丈夫。
障害児を、本当の意味で「障害者」に育ててしまう親を、もう生み出さないような活動も、私がすべきことの一つだなって思いました。
posted by Yukari at 23:03| Comment(0) | 日記

2015年10月11日

出会いの機会大切にする

9月29日:
 さて、もう日本にいたことなんて2週間前の話しなのに、こりずに過去の話しをしますよ!!いつになったらブログが現在に追いつくでしょうか。

月曜いの式典に参加して、夕方ICUの元職員に会ったあと、夜は大学時代の友だちのアパートに泊めてもらっていました。
でも、仕事帰りのその子と夕方7時ごろ落ち合って、家に帰ってご飯食べたら午後8時を過ぎますよね。私、翌日は5時45分には家を出なければいけなくて、朝にシャワー浴びる私は4時起きなんです。
ってなわけで、本当に寝に帰っただけというか、まあその友達とも、夕食の後、紅茶飲みながらしゃべったりしたのですが、夜10時過ぎには二人ともいい子に就寝。

 朝4時起き、5時45分に家を出て、8時前には成田空港にいました。さて、東京から広島に日帰りするなんて初めてですよ、だいたい広島が日帰りの距離だとは思ってなかったです。
ちなみにですね、広島から成田空港に再び帰ってくるのがこの日の夜9時なんですけれど、私、翌日の朝9時半には、フィリピンに向けて出国ですからね。ついでに言うと、広島では3件講演をします。いや死んじゃうでしょ、何このハードスケジュール。
有給休暇がまだ取れない入社4カ月の身は過酷です。
 こうなってくると、移動中にどれだけ睡眠を取れるかが体力維持にかかってます。成田空港へ行く電車も、到着10分前に携帯の目覚ましセットしておやすみなさい、あんまり寝られなかったけど。東京から広島の飛行機は離陸前からおやすみなさい。
フィリピンにいる時から続いてる寝不足、早朝の日本帰国、そこからずっと続くスケジュール…、もうとっくに、体力の限界なんて飛び越えてます。

 さて、広島到着です、いい天気です。と言っても、今日はあまり外には出ません、何しろ現在10時半、ここから夜6時過ぎに広島の空港に戻ってくるまで、3件講演で皆さんとお会いするだけなので、広島そのものは何にも見てません。
 6月に、ジュニア新書の編集部に、私たちの本を読んでくださった読者の方から1通の葉書が届きました。中学校の先生で、ぜひ私をゲストスピーカーとして招きたいと。でも皆さんご存知のとおり、この時私、すでにフィリピンで働き始めてるんです。
せっかく招いてくださっているこのチャンスには応えたい、でもさすがの私もフィリピンからはちょっと。唯一帰国できる見込みがあったのが、9月28日の式典の約束でした。だから、もし翌日の29日に呼んでいただけるならば、お伺いすることが可能かも知れないとお返事しました。
最初から、1日だけをピンポイントで指定してしまった私。でもそうしたら、本当に9月29日に私を呼べるようにアレンジしてくださったんです。
 さらに、せっかくの機会だから、中学校だけじゃなくてなるべく多くの人にと、後ろ2件の講演の場がアレンジされていきました。生徒さんたちを合わせると、私はこの日だけで130人くらいの人と話してます。

 いくら東京の滞在先を朝6時前に出ても、広島到着が10時半だったので、中学校に着いた時には午前最後の授業である4時間目です。中学校の授業って50分なので、最初30分を私の話しにして、後ろ20分を質問タイムに取りました。
中学3年生二クラスなんですけれど、ちょうど国際理解教育を行っていて、海外で活動していた人の話しを聞いたり、団体訪問をしたりして、今回の私の講演が3回目の授業になります。
というわけで、ここでは、私がなぜ国際協力に興味を持つようになったのか、どういう活動からこの世界に入って行ったのかを中心に話して、現在どんなことをしているかを軽く話しました。
 質問タイムを20分も取っているのは賭けでした。だって、中学生への講演会って、場合によっては、「質問ありますか?」で、みんなシーンってなっちゃって、あわてて先生が質問…みたいな、気まずい雰囲気になることあるじゃないですか。

 でも不思議と、みんな次々手を挙げて気軽に質問してくれて。それも、「今の日本滞在中はどこに住んでるんですか?」など、事前に準備したわけではない、肩に力が入って無い感じの質問が次々飛び出してきて嬉しいです。
フィリピンでどんな暮らしをしているかや、フィリピンでの衝撃的なエピソードなど、海外体験談を聞く質問もありましたし、白杖持って出歩いていて危ない目に遭ったことはあるかや、今日の講演中、どうやって時間を確認しているのかなど、視覚障害関連の質問もありました。
後で先生から伺った話に寄れば、普段あまり手を挙げない子なども、質問してくれてたようです。二クラスと比較的小規模の講演だったので、みんなとの距離も近くて、まあ私は一応マイクを使っていますが、半分対話形式くらいの気分でできた、この距離感いいですね!
 最後に皆さんと写真を撮るために並んだのですが。私の周りにいた女の子たちが、「メイクって自分でするんですか?」「マスカラとかどうやってるんですか?」などなど話しかけてくれたり。
何かこの、講演会ってかしこまって無い感じ、フレンドリーな感じがフィリピンみたいで私はすごい好きです。

 さて、4時間目が終わって、生徒さんたちは給食へ。私は、あわただしく中学校を出て、次の予定へと向かいます!
posted by Yukari at 00:02| Comment(0) | 日記

2015年10月07日

緊急速報、石田由香理の修士号取得が確定しました!!

10月7日:
 まだこれからも9月の日本帰国の話しは書いていくんですけれど、今、緊急速報が入ったので、一気に日付を飛ばして今回だけ今日の話しを書きます。

 サセックスの教育開発学科の事務局から届いた、修論の成績。
ちなみに、これはイギリス基準なのかサセックス基準なのか知りませんが、とにかく3段階です。
7割以上の点数があれば「優れている」、61から70までだと「普通」、そして51から60までは「単位取得」の成績がつきます。5割を下回ると、単位を落としたことになります。
7割で「優れている」って、意外と甘いなって思うでしょ?えっとですね、基本的に8割以上がつくことなんてほぼ存在しません。クラスが13人いて、7割以上がもらえるのって上の3人いるかいないかです。

そして私は今まで、1学期2学期と、ずっとこの6割台の点数にいて、「普通」の成績をつけられていました。まあ、良くも無く悪くも無くっていう、べつにどっちでもいい学生の一人ですね。
今回、ついに取ったんです、Distinction、つまり7割以上の「優れている」の中に入りました、私の修論!
しかも修論って、今までの授業の単位数に匹敵するくらいの単位が入りますからね、最後に逆転ホームランです。

 「優れている」に選ばれた学生の論文は、教育学部の先生方や博士課程の人たちに配布される冊子に掲載されます。
また「優れている」に選ばれた学生の論文は、見本論文として、今後の後輩が閲覧できる形で残されます。そこに、入ったんですよ!
嬉しすぎる、嬉しすぎる、嬉しすぎる…、3回も書かなくてもいいですね?

 よかった…、ずっと文献もらえなくて苦しんだ最初の4カ月。とにかくさんざんだった最初の4カ月、大学側からはけっきょくろくに受けられなかった学習サポート。
途中で就職決まって、週4の勤務と両立しながらフィリピンで書いた修論、締切1カ月前にUSB壊れて、文献もろとも消えたドラフトのデータ。
本当に色々あった私の修論ですけれど…、終わってみたら、まさかの結果。追い込まれた時の底時から。

 これで、来年1月には、私の修士号取得が確定しました。
教育開発の修士号、ゲットですよぉー!
posted by Yukari at 22:22| Comment(2) | 日記