2015年09月22日

来週に間に合うか、扁桃腺やられましたよ!

9月22日:
 熱がありながら友達と食事してた日曜日以降、どうなっていったかをざっとお話ししましょう。喉痛いなぁ、しゃべる度に喉にダメージ与えてるなぁと実感しながらお昼前から夜までしゃべった日曜日。
案の定、月曜日起きてみたら、まだちょっと熱があるのと、声が若干出しにくいというか、一部の音域が出しにくい…みたいな感じになってたんですね。日本から持ってきた風邪薬大活躍、とりあえずこれ飲むと熱と頭痛は収まるんです。とにかく仕事へ。熱は午後からは平常だったはずです。
だんだん、いつもどおりにしゃべっていたのでは声量が足りないというか、いつも以上に大きな声を出してるつもりでしゃべらないと通常通りの声にならないなぁと、夕方くらいから感じてて。

 さてさて?そして火曜日。朝起きて、シャワー浴びて、ここまで人に会わない。家の人と朝ごはん、「コーヒーいる?」と聞かれて、「あ、はい、コップ半分でいいです」と答えた声が…完全に喉をやられたそれだった!
ホストマザーにも、「声どうしたの?出なくなってるじゃない」と言われ。
声が出ないというのは正しくはないんですよ、誰?って感じのテーブルの反対側まで届かせるのがやっとのハスキーボイスになってるだけであって。

 さすがに今日は、職場のみんなも心配してくれました(笑)、みんな何かの用事などで私と話して、私が答えた瞬間、「声どうしたの?大丈夫?」となります。
でもねぇ…、私としては熱が会った日曜日や昨日のほうがよっぽどきつかったわけで、正直今日は喉をやられてるだけで体のほうはそうでもないというか、なかなかみんなが気遣ってくれる時と自分が本当に体調悪い時のタイミングは合いません。
 こういう声が出ない今日に限って、日本人スタッフのミーティングがあって、各自自分の先週の業務や今秋・来週の予定をシェアするんですけれど。10人くらいでテーブルを囲んでて、テーブルの反対側にいる人などは今日はすごい集中しないと私が何言ってるのか聞き取れないので、ある意味みんな真剣に聞いてくれます!
来週の予定の時に、「土曜日から来週水曜日まで日本に帰国します。帰国中に1日出勤日があるんですけれども、3件講演を行うことになっていて…」と言うと、クスクスっと笑いが起きるっていう。まあみんな思ってますよね、その声でやるの?って。

 まったく、かならずと言っていいほど何かをやる前には、ハラハラドキドキみたいな何かが起きる私です。皆さん予測しませんか?来週の月曜日の式典スピーチ、そして火曜日の3件講演までに、私の声が元通りに治るのが間に合ってるかどうか。
以下の中から、きっとこういう結果になると思うものを選んでください!正解者には…、何も差し上げませんけれど、月曜日火曜日に私と直接会う方は、結果を楽しみにしててください!
@ 何だかんだ月曜日までに声は治っていて何事も無く両日とも声が出る。
A 完全に治っているとは言えない者の、初対面だと気づかない程度には治っている。
B 声はとにかく講演ができる程度に治っているが咳が治らない。
C 頑張れば何とか声が出る状態で月曜日のスピーチを行い、そこで喉に再び負担をかけて火曜日は講演を重ねるにしたがって声が出なくなる。
D とにかくマイクで拾える程度のハスキーボイスで明らかに喉やられたなってことを示しながら講演して、みんな内容より最後まで私の喉がもつかのほうが気になるパターン!
E ここからさらに悪化して、まさかの来週本当い声が出なくなっている。

 私も結果は分かりません。もちろん、@になることを願ってます。
2カ月前に、上司が同じように扁桃腺やられて声が出なくなっていったことがあって、彼女を見てると、たしか水曜日くらいから声が出なくなって、週末はまだぜんぜん治って無くて、翌週の木曜日くらいだったんですよね、ようやく元通りの声に戻ってきてたのが。
つまり1週間じゃ間に合わないっていう事例を見てしまってて…。自分自身にその経験があるのと、私が来週講演なのを知ってる彼女から、明日病院行くようにと何度も言われました。
週4勤務の私は明日がお休みです。これ、別に来週が通常通りなら声くらいその内治るだろうと放置なのですが、月曜日までに回復していないと困るという焦りが有るので、病院行ってきます。
私、前回フィリピンに11カ月、そしてイギリスに9カ月留学してましたけれど、海外で体調悪くて病院に行くの、なにげに初めてですよ!それくらい体は意外と強いんだけどなぁ、なぜ講演などを控えた時に限って、こういう年に1度も起きないようなことが起きるんでしょうね?
posted by Yukari at 22:50| Comment(1) | 日記