2015年09月25日

視覚障害者が銀行アカウントを作ることが認められない?

9月25日:
 さて、きっと一時帰国前の最後のブログ更新になります。それが、この話題で申し訳ないのですが。
けっこう典型的な障害者差別をフィリピンのとある銀行で経験したお話です。

 まず、私は2年半前の留学の時から、すでにフィリピンには一つ銀行のアカウントを持っています、当時はそこでダスキン愛の輪基金からの生活費を受け取っていました。フィリピンって、ATMのアカウントを開くか、パスブック(窓口で引き出す通帳)のアカウントを開くか、どちらか選ぶんですね。日本みたいに、ATMのカードと通帳両方くれるわけじゃないんです。
で、当時は、フィリピンのATMってカードが出てこなくなるとか聞いていたので、パスブックのほうのアカウントを開きました。たぶんその時は、とくに何って言われなかったはずです。
 さて、日本では自分が使っているのと違う銀行会社のアカウントにでも簡単に送金ができますが、フィリピンはどうもそういう横の繋がりがありません。ICANが使っている銀行会社が、私がすでに持っているアカウントとは違ったため、ICANからの振込を受け取るために、また別の銀行のアカウントを開くことになったのです。

銀行に持って行くレターは、ICANの総務のフィリピン人スタッフが発行してくれていました。こういうNGOで働いているうちのスタッフのために、ATMのアカウントを開かせてくださいっていう感じのお手紙で、このレターと自分の身分証明書2種類などを持って行けば、ATMのアカウントが開けます。少なくとも、今までの他のスタッフはそうでした。
さて私の場合。「あなた、ぜんぜん目が見えないの?目が見えないんだったら、銀行のアカウントは開けないわよ」と窓口で言われ。
「身分証とレターなど、アカウントを開くのに必要とされている書類はここに全て揃えていますし、記入はガイドが行うにしても、サインは全て私が行いますが、それでなぜ開けないんでしょうか?」となりますね?
上の人に効いてくると、1度後ろの彼女の上司であろう人に聞き、さらにその上司が奥に行ってもっと上の人に聞きに行きました。まあこの時点で、上の人に聞かないと、本当に視覚障害者がアカウント開けないかどうかも知らないくせに、自信たっぷりに最初から開けないと言うなっていう、第1のつっこみどころです。

 さて、上の人に聞きに行って、戻ってきた答えが、「あなた、一人でシングルアカウントを開くんじゃなくて、誰か信用できる人といっしょに、二人で一つのアカウントにしたらいいんじゃない?」でした!
いわゆる、あれですね、ATMの画面が見えない視覚障害者に責任能力なしと言いたいようです。だから責任者を別に立てろと。
仕事に就いていて、仕事関係のお金を受け取るのにアカウントを開かなければならないという職場からのレターまで持って来ている成人した人に、管理できないだろうから誰か保護者といっしょのアカウントにしてと言ってるこの人たち…、なかなか失礼な方々ですねぇ。
 誰かといっしょにと言われても、ここフィリピンでかならず絶対にこの人と毎回銀行に来るという人が決まっているわけでもなく、しかも私の仕事関連のお金を受け取るのだから誰かと同じアカウントは困る、シングルアカウントを開きたいと言ったところ。
 さて、ここからがポイントです。

目の前に置かれた真っ白な紙。もしシングルアカウントを開きたいなら、私はこういう理由でシングルアカウントを開きたいですという内容の手紙を、今ここで、スタッフが見ている前で、あなたが直筆で書け、代筆はだめだと言われたのです。
確かに、一応手書きで普通文字が書けなくはないんですけれど、触って分かる線も何もない真っ白な紙に、手書きの英語で他人が読めるような手紙を書くのはかなり無理があります。手紙はガイドが代筆し、私がサインするのではだめなのかと言っても、それでは手紙の内容にあなたが責任を持っている証明にはならないの一点張りです。
そもそも、手紙を単独で普通文字で手書きできることと、ATMのアカウントを開く責任能力があることとの因果関係が私には分かりませんけれど。障害者を分かって無い人の、よく分からない勘違いですよね。
自分たちと同じように銀行のアカウントを持てる能力があるのならば、何だって自分たちと同じことができるはず、したがって文字が書けるはず。文字を書くくらい基礎的な能力なんだから、まずはそれをやって見せてみろ…みたいな。お金の管理は目が見えなくてもできるけれど、紙とペンで文字を書くことには限界があるという…、当たり前のはずのことが、彼らには分かりません。
 けっきょく、「私のガイドは、私が言ったとおりのことをそのまま文字としてここに書きますから。そして私がサインをします、問題ないですよね?」と押し切って、その場はガイドの代筆になったのですが。これは立派な、視覚障害者への嫌がらせだと思います。

さらに、「あなた目が見えないのに、どうやってATMを使うの?」とまだ聞かれたので、「1度キーの配置を覚えてしまえば利用できます」とハッタリで答える(笑)
ちなみに、念のため言っておきますと、目が見えなくてATMを一人で利用できないからアカウントを開くことを認められない…じゃなくて、目が見えない人が単独で使えないATMしか置いてないことが問題ですからね。日本なら半分くらいのATMを全盲でも単独で利用できますから。
それこそ、「障害は各自が疾病として持つものではなく、一部の人にとってアクセスできないような設備やシステムを導入している社会が、一部の人を障害者に仕立て上げている」という社会モデルの事例の一つになりそうです。
銀行のATMに音声ガイドがあって、私たちが自由に使えるのなら、銀行の利用にあたって私たちは「障害者」ではないんですよ。
 その他、もはや半分は先方が興味で聞いてるんじゃないかとさえ思うのですが、いつから目が見えないのかとか、仕事の給料はどれくらい受け取るのかとか、最終学歴とか、明らかに健常者がアカウントを開く時には聞かれないであろうことを色々聞かれました。
ただしある意味、イギリスの大学院出てます、修士号持ってますけど何か?っとサセックスの学生所を見せたところで、先方がようやく、それなりの能力があると認めたらしく、何かよく分からないですがアカウント開けることになったようです。
 余所の国なので、とりあえず大人しくしておいたのですが、これ日本だったら喧嘩してますね。明らかに差別でしょと思う点などが上記のやりとりの中に沢山ありますし。

 結果的にアカウントが開けてしまったから面白く無い、もしかするとこれで私がアカウントを開くのを認められなかったほうが、今後ICANで障害者の社会参加促進の活動をしていく時にも、ちょうどいい事例になって面白かったかも知れないです。たぶん、私が銀行のアカウント持つのを認められなかったっていう話しを持って帰ったら、職場もびっくりしたでしょうし。
でも思いました、そもそもこの国において、全盲で銀行アカウントを開かなきゃいけないような人がほぼいないんだろうなと。日雇いのマッサージの給料なんて手渡しでしょうからね。
銀行が視覚障害者を知らない、責任能力がないと見なされる。さらにこれは、一般の企業に雇われる時に、自分名義の銀行口座も開けないような人は給料が振り込めないから雇えない…、なんていう話しに繋がっていきますよ。
 さて、後6時間半で家出なきゃ、急いで荷造りします、たぶん今夜は寝られません。
posted by Yukari at 21:24| Comment(0) | 日記

準備なんてまったくできてないけど24時間以内には日本です

9月25日:
 今日は、大統領なんとかデー…みたいな、とりあえず祭日なのでオフィスはお休みです。いやー助かった、飛行機が早朝なので、明日の午前3時には家を出る予定な私は、今日も普通に夜7時までお仕事だったら死んじゃうなぁと思ってました。
で?帰国する前にやらなきゃいけないことが、少なくとも三つ、貯まってる、貯まってるぅ!!
 えっとですねぇ、私が度々ここでまだ出さなきゃ書かなきゃと騒いでる、伊藤財団への最後の提出書類ですね(え、まだやってないの?)。いいえ、2000字のものはすでに提出しましたし、800字以内のものも出してはないものの昨日書きました。
残るは4000字、これを終わらせて、たぶん今日中に書かないと、提出が今月中だったような気がするような…、大学院のコース終わってから1カ月以内だった予感がしてるんですよね。

 さらに、やらなきゃやらなきゃと本気で感じながらまだやってないものの二つ目、来週月曜日の式典での20分スピーチの内容を、1度紙に書いてみて、内容が20分で論理立てて収まるかどうか、失言がないかとか、普段はやらないですが今回は事前に見ないと、失敗許されない雰囲気と参加者なので…。
って、これも2週間くらい前から言ってた気がするけれど…、まあまだやってないっていう…、やってないことによる漠然とした不安だけは常に持ってるんですけどね。最悪、明日の日本行きの飛行機の中でスピーチ内容考えることになります。
 月曜日のスピーチ内容を、今日の夜もしくは明日の飛行機で考えるということは、火曜日の講演の内容はいつ考えるか?いい質問ですね。
月曜日の内容が今日中にできれば、火曜日の内容が日本行きの飛行機の中でできますね。そこに間に合わなかったら、まあ火曜日の朝、成田空港へ向かう電車と、そこから広島へ向かう飛行機の中で考えながら行きます、大丈夫です、間に合いますから。
何なんだ、この綱渡りな人生は。ってか声はどうなったかって?まだ普段通りとはぜんぜんいきませんけど何か?

ただしピークは過ぎたかも知れません、先日ブログを更新したのが火曜日でしょうか、翌日の水曜日と昨日辺りがピークでしたね。
もはや本当に声が出なくて、食卓挟んで向かい合ったホストファミリーに何を言っているのかほとんど聞き取ってもらえなかったり、昨日もテーブルを挟んで向かい側の上司に話しかけて、伝わらなくて、けっきょくテーブル回って上司の真横まで言って話さないと伝わらない状態でした。
そんな状況なので、車が通る道路沿いとか、音楽鳴ってるお店の中など外出してしまうと、もはや私は他人とコミュニケーションがほぼ取れなくなるっていう。これどう考えても、四日以内にスピーチをする人の状況じゃない。
 水曜日に病院に行って、とにかく扁桃腺の炎症を抑える薬と、うがい薬みたいなのもらいました。
風邪ではなくて、原因はストレスらしいですよ!最近思い当たることが…、沢山あります(笑)!風邪じゃないので、私といっしょにいても移らないはずです。

 まあそういう薬を飲み始めたからか、今日は昨日よりは多少ましです、と言っても火曜日くらいの状況に戻ってきただけですけれど。
間に合うかなぁ、今日が金曜日でしょ?明日明後日、もうあと2日しかないんんですよね、間に合うかなぁ。
あとあれだ、ちょっと声が戻り始めた時に日本に帰国して、土日で久しぶりに会う人としゃべってぶりかえすパターン…、あるあるですね!

 で?日本への帰国準備なんてまだ何一つやってませんけど何か?だって、日本に持って行くバックパック、昨日まで普通に通勤に使ってたので、まだお仕事に使う物入ってますし。
とりあえず、パスポートと財布と携帯あれば帰国できるって思ってますし、あとは式典参加があるから今回スーツが絶対いる…、ところで、スーツどこ行ったっけ?
だめだこれ、スーツ探すパターンですよ、最後に着たのはICANに就職する面接…って、4月でしょそれ?いや、フィリピンに持ってきた記憶はある、こっちで使わないから普段見ないだけで、たぶんその辺にあります。
 日本は半袖ですか、長袖ですか?気温見てると、昼間半袖、夜長袖のように見えますね、持って行く服多くて面倒な季節になってきました。

 さあて、今がもうお昼でしょ?昼食後、とりあえず伊藤財団の書類を、頑張れば2時間で終わるかな、それで午後3時として。午後6時までに、式典の原稿を一通り書けるかな…無理かな?
夕方バタバタと荷物詰めて、9時くらいには寝て、午前2時に起きて、午前3時出発…みたいになります、本当に間に合うの?
いやー相変わらずですね。
posted by Yukari at 13:40| Comment(0) | 日記

2015年09月22日

来週に間に合うか、扁桃腺やられましたよ!

9月22日:
 熱がありながら友達と食事してた日曜日以降、どうなっていったかをざっとお話ししましょう。喉痛いなぁ、しゃべる度に喉にダメージ与えてるなぁと実感しながらお昼前から夜までしゃべった日曜日。
案の定、月曜日起きてみたら、まだちょっと熱があるのと、声が若干出しにくいというか、一部の音域が出しにくい…みたいな感じになってたんですね。日本から持ってきた風邪薬大活躍、とりあえずこれ飲むと熱と頭痛は収まるんです。とにかく仕事へ。熱は午後からは平常だったはずです。
だんだん、いつもどおりにしゃべっていたのでは声量が足りないというか、いつも以上に大きな声を出してるつもりでしゃべらないと通常通りの声にならないなぁと、夕方くらいから感じてて。

 さてさて?そして火曜日。朝起きて、シャワー浴びて、ここまで人に会わない。家の人と朝ごはん、「コーヒーいる?」と聞かれて、「あ、はい、コップ半分でいいです」と答えた声が…完全に喉をやられたそれだった!
ホストマザーにも、「声どうしたの?出なくなってるじゃない」と言われ。
声が出ないというのは正しくはないんですよ、誰?って感じのテーブルの反対側まで届かせるのがやっとのハスキーボイスになってるだけであって。

 さすがに今日は、職場のみんなも心配してくれました(笑)、みんな何かの用事などで私と話して、私が答えた瞬間、「声どうしたの?大丈夫?」となります。
でもねぇ…、私としては熱が会った日曜日や昨日のほうがよっぽどきつかったわけで、正直今日は喉をやられてるだけで体のほうはそうでもないというか、なかなかみんなが気遣ってくれる時と自分が本当に体調悪い時のタイミングは合いません。
 こういう声が出ない今日に限って、日本人スタッフのミーティングがあって、各自自分の先週の業務や今秋・来週の予定をシェアするんですけれど。10人くらいでテーブルを囲んでて、テーブルの反対側にいる人などは今日はすごい集中しないと私が何言ってるのか聞き取れないので、ある意味みんな真剣に聞いてくれます!
来週の予定の時に、「土曜日から来週水曜日まで日本に帰国します。帰国中に1日出勤日があるんですけれども、3件講演を行うことになっていて…」と言うと、クスクスっと笑いが起きるっていう。まあみんな思ってますよね、その声でやるの?って。

 まったく、かならずと言っていいほど何かをやる前には、ハラハラドキドキみたいな何かが起きる私です。皆さん予測しませんか?来週の月曜日の式典スピーチ、そして火曜日の3件講演までに、私の声が元通りに治るのが間に合ってるかどうか。
以下の中から、きっとこういう結果になると思うものを選んでください!正解者には…、何も差し上げませんけれど、月曜日火曜日に私と直接会う方は、結果を楽しみにしててください!
@ 何だかんだ月曜日までに声は治っていて何事も無く両日とも声が出る。
A 完全に治っているとは言えない者の、初対面だと気づかない程度には治っている。
B 声はとにかく講演ができる程度に治っているが咳が治らない。
C 頑張れば何とか声が出る状態で月曜日のスピーチを行い、そこで喉に再び負担をかけて火曜日は講演を重ねるにしたがって声が出なくなる。
D とにかくマイクで拾える程度のハスキーボイスで明らかに喉やられたなってことを示しながら講演して、みんな内容より最後まで私の喉がもつかのほうが気になるパターン!
E ここからさらに悪化して、まさかの来週本当い声が出なくなっている。

 私も結果は分かりません。もちろん、@になることを願ってます。
2カ月前に、上司が同じように扁桃腺やられて声が出なくなっていったことがあって、彼女を見てると、たしか水曜日くらいから声が出なくなって、週末はまだぜんぜん治って無くて、翌週の木曜日くらいだったんですよね、ようやく元通りの声に戻ってきてたのが。
つまり1週間じゃ間に合わないっていう事例を見てしまってて…。自分自身にその経験があるのと、私が来週講演なのを知ってる彼女から、明日病院行くようにと何度も言われました。
週4勤務の私は明日がお休みです。これ、別に来週が通常通りなら声くらいその内治るだろうと放置なのですが、月曜日までに回復していないと困るという焦りが有るので、病院行ってきます。
私、前回フィリピンに11カ月、そしてイギリスに9カ月留学してましたけれど、海外で体調悪くて病院に行くの、なにげに初めてですよ!それくらい体は意外と強いんだけどなぁ、なぜ講演などを控えた時に限って、こういう年に1度も起きないようなことが起きるんでしょうね?
posted by Yukari at 22:50| Comment(1) | 日記